馬券シェアわずか3%の「枠連」、あえて買うタイミングとは

馬券シェアわずか3%の「枠連」、あえて買うタイミングとは

かつては「枠」で買うのが当たり前だったが…

 現在、中央競馬では8種類の馬券が売られているが、平成が始まった年(1989年)は単勝、複勝、枠連の3種類だけ。それでいて馬券の売上高は、現在とほぼ同じだった。競馬歴40年のライター・東田和美氏が、枠連をあえて買うタイミングについてお届けする。

 * * *
 枠番連勝複式(枠連)は、複数の馬を一つのグループ(枠)にまとめることで買い目を抑え、配当を落ち着かせることを目的として昭和38(1963)年に登場した。それまでは6枠連単がメインで、かなりの高配当もあり、(競馬だけではないが)ギャンブル熱が社会問題となっていた。そのため総理府の付属機関から「的中率を上げて射幸心の過熱を避けるように」との答申が出される。それでも昭和45(1970)年には8頭立てのレースで12万馬券が出ており、現在に至るまで、これが枠連配当の最高額だ。

 高度成長期を迎え馬券の売上はずっと右肩上がりで昭和41(1966)年に1000億円を、52(1977)年には1兆円を超え、昭和63(1988)年には2兆円に達し、さらに平成に入っても凄まじい勢いで伸び続けた。GIレースともなれば競馬場には人があふれ、ウインズでは入場制限が行なわれ、長い行列ができた。ダービーに19万人が集まった2(1990)年には売上も3兆円を超える。

 馬番連勝複式(馬連)はそんなさなかの平成3(1991)年に始まった。これは枠連の問題点である出走取消が出た場合の扱いに苦慮していたからで、本来はブームを煽るためのものではなかったはず。JRAのPRもいたっておとなしく「『馬番連勝』10月5日からスタート。」と大見出し、その下に「JRAでは、同枠取消問題に対処するため」とわざわざうたっている。「馬で選ぶか、枠で選ぶか」というコピーが添えてあるが、大きな配当をもたらす可能性については一切触れていない。「射幸心」に対する気遣いはそれだけ強かったのだ。

 しかし、競馬メディアは「夢馬券」などという言葉を使って、発売開始前から高配当への期待をあおっていた。発売初日には枠連で3190円、馬連で1万5740円というおあつらえ向きの結果を、翌日のスポーツ紙は大きく報じている。

 とはいえ、いきなり馬連が定着したわけではない。「代用」のある枠連に対する思いを抱くファンも根強く、従来通り枠連を軸にした予想もあった。秋からの導入だったこともあり、JRAによるこの年の集計では、枠連がまだ80%を超えていた。

 しかし、翌平成4(1992)年は春の安田記念、オークス、ダービーで馬連がすべて万馬券になった。とくにミホノブルボンが2冠を達成したダービーでは、枠連のゾロ目7-7が1370円だったのに対し、ライスシャワーとの馬連は2万9580円となり、その威力を見せつけた。そして7月の福島障害戦で、馬連24万330円という高配当。三連単が定着した今では、さほど珍しくもない配当だが、当時はまさに「夢馬券」だった。

 この平成4(1992)年、枠連35%に対し、馬連は59%と一気に逆転。売上が4兆円を突破した9(1997)年には77%にも達し、馬単と三連複が導入される前年の13(2001)年まで70%台をキープし続ける。

 一方、枠連は昨年のシェアがわずかに3%。8種類の馬券の中でもっとも少数派になってしまった。

 しかし、今年の高松宮記念では、馬連3―4の3万530円に対し、枠連2-2が3万3310円もついた。同枠でワンツーだった時は枠連(ゾロ目)の方がつくことが往々にしてある。その他、少頭数でひとつの枠に1頭だけのとき、また狙った馬の同枠の馬が極端に人気薄のときは、発売締切までの時間があれば、オッズを比較したいものだ。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事(外部サイト)