米田哲也氏「稲尾和久は常時150kmですべて低めに投げた」

米田哲也氏「稲尾和久は常時150kmですべて低めに投げた」

稲尾和久氏は「神様、仏様、稲尾様」と崇められた(写真/共同通信社)

 1936年に7球団で「日本職業野球連盟」としてスタートした日本のプロ野球。80年以上にわたる歴史のなかで一軍公式戦に出場した選手は約6700人にのぼる。では、そのなかで「史上最高の選手」は誰か? ファンではなく、大物OBたちに聞くと、世代やポジションなどによって選手の評価や見方が異なる。

 そうしたなかで、レジェンドたちによる投票結果を集約した『プロ野球史上最高の選手は誰だ?』(宝島社新書)が話題になっている。105人のプロ野球OBがそれぞれ、投手、野手の上位5人を決めて投票し、その結果を集計してランキング化しているのだ。

 投票したOBの年代は幅広く、上は1933年生まれの吉田義男氏(現役/1953〜1969年、所属/阪神ほか。以下同)、1935年生まれの野村克也氏(1954〜1980年、南海ほか)から、下は1979年生まれの岩村明憲氏(1997〜2014年、ヤクルトほか)、1980年生まれの新垣渚氏(2003〜2016年、福岡ほか)までカバーしている。

 たとえば、捕手として唯一の三冠王に輝いた野村氏は、投手の1位に金田正一氏(1950〜1969年、国鉄ほか)、2位に1958年の日本シリーズで神がかり的な活躍を見せ、“神様、仏様、稲尾様”と称された稲尾和久氏(1956〜1969年、西鉄)、3位に江夏豊氏(1967〜1984年、阪神ほか)を挙げた。野手では1位に山内一弘氏(1952〜1970年、大毎ほか)、2位に榎本喜八氏(1955〜1972年、大毎ほか)といった、捕手として攻略を試みた同年代の選手に票を投じ、3位には落合博満氏(1979〜1998年、中日ほか)を選んでいる。選ぶ側も選ばれる側も、超豪華メンバーである。

 史上2位の350勝を記録し、底なしのスタミナで「ガソリンタンク」の異名を取った米田哲也氏(1956〜1977年、阪急ほか)は、投手の1位に稲尾氏を選んだ。米田氏はこう話す。

「今のピッチャーは昔に比べて平均的に球が速いが、コントロールが悪すぎる。ど真ん中に投げたら、どんなスピードボールでも打たれますよ。僕がサイちゃん(稲尾氏)を1位にしたのは、やはりコントロールが理由です。150キロ台のボールを常時投げ、それがすべて低めにコントロールされていた。

 野手では、苦手にしていた記憶のある打者を上位にあげてしまいますね。1位にした太さん(中西太氏=1952〜1969年、西鉄)の打球は凄かった。ピッチャーライナーでマウンドからジャンプすれば届きそうな打球が、バックスクリーンに突き刺さるホームランになるんですから。平和台球場のレフト場外に運ばれたことも覚えています。インコースに入っていくスライダーには弱かったけど、それが少し甘くなればスタンドに持っていかれました」

 では、現代の選手たちはその目にどう映るのか。米田氏が続ける。

「そりゃ、今のバッターの筋力は凄いと思いますよ。練習量も多く、よく鍛えていると思いますが、それが本当に打撃にプラスになっているかは、よくわかりません。プロレスラーのような筋肉が野球で活かせるとは思えませんから。

 ただ、柳田悠岐(2011年〜、ソフトバンク)は見ていて対戦してみたいと感じる選手ですね。オリックスの吉田正尚(2016年〜)もそう。昔も彼らのようにフルスイングする選手はいたけれど、頭がブレブレでバランスが悪かった。その点、柳田も吉田も頭がブレない。よほど体幹がしっかりしているのでしょう」

 世代を超えて評価される選手もいるのだ。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事(外部サイト)