ダルvs江本孟紀氏の球数制限論争「張本さんへの批判怖い」

カブス・ダルビッシュ有が江本孟紀氏とも球数制限論争 以前は張本勲氏に反論

記事まとめ

  • 大船渡高校・佐々木朗希の登板回避をきっかけに球数制限論争が白熱している
  • ダルビッシュ有はデータを紹介し「張本勲氏と江本孟紀氏に渡して」と噛みついた
  • これに対し、江本孟紀氏は「彼は僕のコメントを全部読んでない」と反論した

ダルvs江本孟紀氏の球数制限論争「張本さんへの批判怖い」

ダルvs江本孟紀氏の球数制限論争「張本さんへの批判怖い」

投げすぎ否定派のダルビッシュ(写真/AFP=時事)

 大船渡・佐々木朗希の登板回避をきっかけに白熱する「球数制限」論争。「制限肯定派」の代表格がシカゴ・カブスのダルビッシュ有だ。ツイッターで張本勲氏ら「否定派」に反論している。

 そのダルビッシュが、今度は野球評論家の江本孟紀氏に噛みついた。朝日新聞デジタル版で投球数制限に異論を唱えた江本氏に対し、ダルビッシュは〈だれかこの記事をプリントアウトして江本さん、張本さんに渡してください〉とツイート。その記事は「小中学生のトップ選手の75%に肩や肘の故障が出ていた」などのデータを紹介し、未成年の投げすぎとケガの関係に言及するものだった。

 本誌・週刊ポストが記事を渡したところ、江本氏はこう答えた。

「彼は僕のコメントを全部読んでないんでしょうね。彼は小中学生のデータを持ち出していますが、僕は高校野球とプロについて話している。もちろん少年野球で肩や肘を痛めるまで投げる必要はありません。

 高校野球については、正しいフォームの習得や過密日程の問題を置き去りにして、球数制限だけを議論するのはおかしいと言っている。プロで長いイニングを投げるには、投げ込み、走り込みが不可欠です。今の選手は基本的な鍛錬を軽視している。それを考えず、大リーグの金銭交渉でできた『1試合100球』を日本の高校生に当てはめるのはナンセンスです」

 さらに危惧するのはネット上に蔓延する「善か悪かを決めつける風潮」だ。

「もちろんダルビッシュの意見が正しい部分はある。しかし、若い彼の意見だけが正しいとされ、プロで実績を残した張本さんやカネさん(金田正一氏)が意見すると批判を浴びる。これは怖いことです。どちらの意見にも聞くべきところがある。何がベストかを、お互いの意見に耳を傾けながら考えていくべきです」

 江本氏が投げ返したボールはダルビッシュに届くか。

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)