ドラ1は星稜・奥川か大船渡・佐々木か、球団スカウトに直撃

ドラ1は星稜・奥川か大船渡・佐々木か、球団スカウトに直撃

ドラフトでは何球団が指名するか(撮影/藤岡雅樹)

 

 甲子園決勝で惜しくも敗れた星稜・奥川恭伸の投球には、全国の高校野球ファンだけでなく、プロ球団のスカウトからも熱視線が送られた。一方、甲子園出場はならなかったが、高校生最速の163kmをマークした大船渡・佐々木朗希のもとにも、国内外から複数球団のスカウトが視察に訪れていた。

 2人の境遇から思い出されるのが、2012年のドラフト会議の目玉となった大谷翔平(エンゼルス)と藤浪晋太郎(阪神)だろう。

 大阪桐蔭のエースとして、史上7校目の春夏連覇を達成した藤浪と、最速160kmを記録しながらも岩手県大会で散った花巻東の大谷──高校時代の明暗はハッキリと分かれたが、現在の活躍ぶりを見ると、その立場は逆転した印象を受ける。

 奥川と佐々木についても、“どちらが伸びるか”は分からない。プロのスカウトは、2人をどう評価しているのか。

 在京球団の現役スカウトは「甲子園での投球を見ると、奥川君を1位指名に推したい」と語る。

「春のセンバツから夏にかけての成長に驚きました。最速158kmのスピードと制球力もさることながら、体が一回り大きくなって胸板も厚くなった。準決勝、決勝と中1日の連投でも疲れを感じさせず、3回戦の智弁和歌山戦では右ふくらはぎをつりながらも延長14回165球を投げ抜けるタフさが身についている。体力は申し分なく、即戦力として一軍のマウンドに立てるレベルです。早いうちからローテーションの一角として計算できる」

 ヤクルトの元スカウト、編成部長として尾花高夫、伊東昭光、高津臣吾らの才能を見出した片岡宏雄氏も太鼓判を押す。

「佐々木君と比べて、奥川君のほうが現時点で即戦力に近い。すでにプロとしての身体能力、体力を備えており、プロのコーチに教われば2〜3年でさらに成長する可能性が高い。一方の佐々木君は基礎体力作りから始めなくてはならず、スタートラインに立つのに2〜3年かかるように見えます」

 別の現役スカウトはこんな言い方をする。

「彼らを富士登山にたとえると、奥川君はすでに7合目まで登っていて、佐々木君はこれから登ろうというほどの違いがあります。佐々木君はまだ体ができ上がっておらず、プロに入ってから鍛え上げて体重を増やす必要がありますが、10kg太らせた場合、今のようなしなやかなフォームで投げられなくなる可能性もある。もちろん大化けして170km近い球速が出る可能性もありますが、まったくダメというリスクもある。甲子園というプレッシャーのかかる舞台で強豪校を相手に投げる姿を見られなかったのも不安点です。

 一方の奥川君は現時点での完成度が高い。ケガをさせたり、潰してしまうと球団の育成が悪いと叩かれますから、スカウトの本音としては奥川君の確実性、安定性を重視したい」

◆“球界の至宝”を壊せない

 一方、「佐々木のほうが大きな可能性がある」と指摘する関係者も多い。

 巨人の投手コーチとして、ドラフト1位で入団した定岡正二、槙原寛己、斎藤雅樹、水野雄仁らの指導に当たった中村稔氏が言う。

「私なら佐々木君を獲りたいですね。まだ成長途中と言われますが、将来的には絶対的なスピードがある佐々木君のほうが面白い。190cmの長身と、手足の長さも魅力です。

 もっと体格を活かした投球術を覚えれば、大谷翔平の165kmを超えて日本最速も夢ではない。変化球に頼って球数が多くなる投手が多いなか、佐々木君はストレート勝負で通用する逸材だと思います」

 規格外の球速ゆえに、佐々木には故障リスクも心配される。高校3年生の夏に160kmを投げた大谷翔平も、昨年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、今季は打者に専念している。高校時代の球速が大谷と重なるだけに、佐々木の獲得は慎重にならざるを得ないとの意見も聞こえる。

 しかし、中村氏はその不安を一蹴する。

「あの左足を高く上げるフォームは、しっかり体重移動できて勢いもつくので、肩や肘に優しい。ただし、運動能力がないと簡単にはできない。生まれ持ったセンスが為せる業なのでしょう。長身を活かし、バランスよく投げられている。下半身を強化したら、球速はさらに増し、肩や肘の負担も減る」

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)