大船渡・佐々木 大成に必要なのは走り込みか投げ込みか

大船渡・佐々木 大成に必要なのは走り込みか投げ込みか

多球団が1位指名するのは確実だが…(撮影/藤岡雅樹)

 球児たちの夏が終わり、次なる関心は彼らの「進路」へと移っていく。高校生最速の163kmをマークした大船渡・佐々木朗希は、スカウトや球団関係者からどのように見られているのか。

 V9時代序盤の巨人を牽引し、引退後はロッテ、巨人で20年以上スカウトを務めた“エースのジョー”こと城之内邦雄氏は今秋のドラフト会議の目玉としては、星稜高校の奥川恭伸ではなく、“佐々木推し”だ。

「佐々木君は線が細いと言われますが、400勝投手の金田正一氏も、国鉄に入団したときは細かった。高校時代は成長過程でも、プロに入って下半身を鍛え、それに合わせて上半身を鍛えることで成長するんです。そのためには走り込みを一生懸命するかどうか。その意味で、高校生は“走ることを苦とするか”を見るべきです。スカウト時代に投手を見る時は、投球練習よりも足の速さや走るフォームを見たものでした。

 佐々木君は50mを5秒9で走る俊足と聞いていますから、その脚力を持つ下半身を鍛えて、トレーニングを積んでいけば大化けすると思いますよ」

 城之内氏が“走り込み”に注目した一方で、西武や楽天など数々の球団で投手コーチを歴任した野球評論家の杉本正氏は、“投げ込み”に着目する。

 杉本氏が念頭に置くのは、西武投手コーチ時代の1998年ドラフトで1位入団した松坂大輔(現中日)だ。

「大輔の入団が決まった時、即戦力だと騒がれていたが、東尾(修)監督も私も実際に見るまでは“所詮は高校生”と過小評価していた。

 しかし、実際に見るとその完成度に驚いた。プロで通用する土台がすでに身についていたのです。プロで完投するには、試合で130球、ブルペンで30球、イニング間に30球と、1日で計200球は投げますから、高校時代にしっかり投げ込んだ選手のほうが期待できる。大輔は1年目キャンプから進んで投げ込みをして、オープン戦で結果が出なかったら翌日も200球を投げていましたからね。

 大輔の場合はまさに即戦力でしたが、プロの土台を作るまで多くの高校生は2〜3年はかかります。即戦力とされる奥川君も1年目からどこまで通用するか分かりませんが、予選から甲子園の要所までを投げ続けた奥川君のほうが、佐々木君よりも心強いと思います。少なくとも、早い段階でプロとして扱うことができるのではないか」

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)