松井秀喜5敬遠の大会の優勝投手、夢は「監督で甲子園」

松井秀喜5敬遠の大会の優勝投手、夢は「監督で甲子園」

わずか1失点で優勝した元・西日本短大付属の森尾さん

 あの甲子園優勝投手は今、何をしているのか? 多方面で活躍するかつてのエースたちの今を追った。(文中敬称略)

 たった1失点で投げぬいた優勝投手が、平成4年(1992年)の夏の大会で優勝した西日本短大付属の森尾和貴(45)だ。

「当時、強豪だったPL学園、近大付属と練習試合をやっても勝っていたので、甲子園に出場さえできれば勝負になるってずっと思ってました。誰かに言ったわけではありませんが、優勝を目指してやっていたのは確かです」

 平成4年、西短大付属のエース森尾和貴は、優勝までの全5試合をたった一人で投げ抜いた。5完投4完封1失点防御率0.20は、戦後において昭和23年、小倉の福島一雄の全試合完封に次ぐ記録である。

 この夏の甲子園は、星稜の松井秀喜(元巨人)の明徳戦5打席連続敬遠が物議を醸した大会でもあった。

「あの試合後は確かに甲子園がざわついてましたね。宿舎でもちょっとだけ話題になり、『俺なら打たれて記念になってもいいから勝負するよ』とナインに話した覚えがあります」

 強豪チームがどんどん敗退することで、よりモチベーションは上がった。決勝に出た時点で「もう行くしかない」と頂点へ駆け上がることだけを考えた。

 甲子園優勝投手となった森尾はプロからの誘いを蹴り、社会人野球の強豪・新日鐵八幡(現NIPPON STEEL)に入社するが、5年目に肘の手術をし、29歳の時、廃部とともに引退。

「プロ志望を公言していたら指名はあったと思いますが、いかんせん高校3年の夏の甲子園しか実績がなく、毎年勝負のプロでやっていく自信が持てなかった。入社時は総務部でしたが、引退後は自動車のボディに使われる薄い鉄板の生産管理をしています。高校野球の指導者になって、もう一度甲子園に行きたい思いはずっとあります」

取材・文■松永多佳倫 撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)