4連投で甲子園制した正田樹氏 球数制限議論をどう思うか

4連投で甲子園制した正田樹氏 球数制限議論をどう思うか

現在は愛媛マンダリンパイレーツに所属

 甲子園を賑わせたスターは今、何をしているのか? 多方面で活躍するかつてのエースたちの今を追った。(文中敬称略)

 平成11年(1999年)の夏、桐生第一のエース正田樹は甲子園で全6試合に先発し、5完投3完封で全国の頂点に立った。

「毎年夏になると取材等があって思い出しますよね。あまり具体的なことは覚えていないんですが、3回戦の静岡高校戦の調子が悪かったのは良く覚えています」

 昔は休養日などなかったため、正田は3回戦から決勝まで4連投を経験した。エースが完投するのが当たり前の時代、エースである自分が次も投げるのがわかっている以上、戦うスイッチが勝手に入ったという。

「もちろん優勝は嬉しいことですが、今プロとしてプレーしている自分にとっては、高校生の時の出来事であり、過去のこと」

 高校3年時に北海道日本ハムにドラフト1位で指名され、3年目に新人王をとったものの、阪神、台湾、独立リーグ、ヤクルト、台湾と渡り歩き、そして現在は再び独立リーグの愛媛マンダリンパイレーツに在籍している。

「球数制限が話題になっていますが、これだけストライクゾーンが広くなった昨今、球数が少なくならないとおかしい。制球力をつけるためには、まずキャッチボール時から意識を高く持ってやらなくてはいけない。それをきちんと遂行している選手がどれだけいるのか、ということです」

 正田はこう締めくくった。

「もっと野球がうまくなりたいです」

 正田の野球人生にまだ“終わり”の3文字はない。

取材・文/松永多佳倫 撮影/山崎力夫

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)