2019年ドラ1指名は佐々木か奥川か 巨人、阪神、日ハムは…

2019年ドラ1指名は佐々木か奥川か 巨人、阪神、日ハムは…

佐々木で行くか、奥川で行くか…(撮影/藤岡雅樹)

 今秋のドラフトで1位指名するなら、甲子園を沸かせた星稜・奥川恭伸と、高校生最速の163kmをマークした大船渡・佐々木朗希のどちらか──野球関係者に“ストレートな質問”を投げ込んだ。

 ドラフト戦略には、指名する球団のチーム事情も絡んでくる。西武や楽天など数々の球団で投手コーチを歴任した野球評論家の杉本正氏が言う。

「亡くなった根本陸夫さん(※注)は“スカウトがいいと思って獲ってきた選手を1年目から直す必要があるのか。新人は放っておけ。好きなように投げさせてやれ”と言っていました。そう教わった私は、入団1年目は欠点を直すよりも、長所を伸ばす方向で指導しました。しかし、時間をかけて育てる方針のチームでないと、それは難しい」

【※注/監督やフロントとして西武やダイエーなどの球団経営に携わり、トレードやドラフト戦略で辣腕を振るった。「球界の寝業師」の異名を取り、人事戦略は「根本マジック」と呼ばれた】

 佐々木の1位指名を12球団最速で明言したのが日本ハムだった。6月、佐々木の視察に訪れた吉村浩GMは、「能力が違いすぎる。圧倒的です」と1位指名を異例の早期宣言。過去にもダルビッシュ有(現カブス)、大谷翔平(現エンゼルス)、清宮幸太郎、昨年の吉田輝星と、高校球界のスター選手を獲得した戦略を今年も踏襲するとみられている。

 一方、阪神の元球団社長・野崎勝義氏はこう語る。

「日本ハムはフロント主導で育成ありきのドラフト戦略を立てているようですが、勝利至上主義の阪神や巨人では、現場主導で即戦力の奥川君を優先することになるのではないか。

 阪神はドラフト会議に球団幹部、スカウト、監督が出席しますが、指名選手の決定は現役監督の意向が尊重される傾向にあります。今年の阪神は先発が不足している状況ですし、1年目の矢野(燿大)監督がBクラスでシーズンを終えれば、即戦力を優先することになるでしょうね」

 巨人も今季、原辰徳監督は先発のコマ不足に悩まされている。ちなみに、エース・菅野智之も、奥川について「天性の腕の使い方をしている。あれは教えられてもできない」とスポーツ番組で絶賛。1年目からの先発ローテーション入りも「余裕でしょ」とラブコールを送っている。

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)