1、2着馬を着順通り当てる「馬単」馬券の効率的な買い方は

1、2着馬を着順通り当てる「馬単」馬券の効率的な買い方は

馬単で勝負するのはどんな時?

「いままでより劇的な週末をお過ごしください」──馬単と三連複の発売が開始されたのは平成14年。ファン拡大を目指したワイド馬券が発売されたわずか3年後のことだ。競馬歴40年のライター・東田和美氏が、馬単と三連複の効果的な買い方についてお届けする。

 * * *
 1、2着馬を着順通り当てる「馬単」と、3着までに入る3頭を当てる三連複では、馬券を買う時の考え方がかなり違うが、馬連、馬単、三連複の高配当ランキング1位は同じレースだ。

 2006年の3歳未勝利戦。16頭立てで13番人気、12番人気、8番人気の決着。馬連は50万2590円、馬単は149万8660円、三連複は695万2600円。三連単はまだ後半4レースだけしか発売されていなかったが、三連複の第2位(550万8830円)にランクされた2017年のレースが、三連単では2294万6150円。それぞれの配当は連動するものではないが、かなりの馬券になっていたはずだ。

 馬単はそれまでの馬連で高配当の恩恵に与ったファンが、さらなる高みを目指したからか、発売開始の翌年には売上の24%ほどを占めることになる。馬連が20%ほど落ちたので、馬連派の多くが馬単を買うようになったと考えていいだろう。しかし、馬単の購入率はこの時が最高で、以下年を追うごとに下降、昨年度は6.6%ほどで、複勝よりも売れない馬券となってしまった。

 馬連や枠連も同じようにシェアを落としていることを考えると、「当たらないから売れなくなった」ということではなさそう。三連複が発売翌年の24%という購入率をそれほど落としていないところをみると、この2年後に発売が開始された三連単に食われたということだろう。

 しかし前述のように馬単は、競馬というスポーツとしては正統派で潔い買い方だ。とくに馬主やクラブ会員は、愛馬を1着に固定して流すケースが多い。勝って次のステージに上がってほしいので「2着じゃダメなんです」というわけだ。

 馬単の万馬券は、けっして穴馬どうしの決着ばかりではなく、半数以上のレースで1〜3番人気馬が絡んでいる。もちろん人気薄の馬が爆走したレースが多いのだが、1〜3番人気の馬が勝って万馬券になったケースも4回に1回ほどある。ただし、1、2番人気馬が勝った場合の相手はかなり人気薄ばかりになるので、相手関係を絞るのはなかなか難しい。

 しかし、3番人気馬が勝った時は2着が4番人気、4番人気馬が勝った時は2着が3番人気でも馬単の万馬券が出ている。ふだん馬連やワイドの流し買いがメインで、軸馬が3〜5番人気だった時、資金に余裕があれば馬単も買っておいてはどうだろう。相手が5、6番人気でも万馬券になることがあり、けっこう得した気分になる。圧倒的な1番人気馬を軸にして馬単を買う人がいるが、配当が馬連とあまり変わらないことが多い。むしろ人気のない方を頭に固定し、リスクヘッジのつもりで馬連を買う方が効率的。

 一方、三連複は、現在でも売上の20%ほどを占めている。およそ3レースに1回は万馬券、そのうち4割は3万円以上の高配当になっている。

 3万円以上の配当の時でも、3分の2は1〜3番人気馬が1頭は絡んでいる。だから闇雲に人気薄ばかりを買う必要もないが、1〜3番人気馬が2頭絡むことは稀。三連複で大きい馬券を狙うなら、当てたい気持ちを抑えなければならない。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)