SB千賀滉大が語る「独自のエース像」を目指しもがく日々

SB千賀滉大が語る「独自のエース像」を目指しもがく日々

本格派右腕が胸の内を明かす

 福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大は、日本球界が誇る本格派右腕だ。今季も既にチームトップの11勝をマーク(8月27日現在)。5月には月間MVPにも輝いた。

「ホークスのエースは千賀」。これは多くのプロ野球ファンの一致した見解だろう。だが彼は現在、大きな苦悩の中で必死にもがいていた──。

「このままでは自分は終わっていく選手になってしまう……何も成長を感じられない1年でした」

 話が昨シーズンの内容に及んだ時、最初は彼が何を言ってるのかよく理解できなかった。13勝7敗、防御率3.51。タイトルは獲得できなかったが立派な数字だ。日本シリーズでは勝利投手こそ逃したものの2試合に先発して試合を作っている。しかし、チームが日本一になろうとも、千賀はそんな結果では納得できなかった。

「何か変えなくてはいけない……何か行動を起こさなければいけない……相当焦っていました」

 投手としての自分を根本から変える──。千賀はそのきっかけを、尊敬する先輩でもあるダルビッシュ有に求めた。シーズン中から連絡を取り合い、日本シリーズ終了後、すぐに米国へ飛んだ。

「ダルビッシュさんがどんなトレーニングをしているのか見せてもらって、『なぜトレーニングが必要なのか?』という部分から話を聞かせてもらいました。今の自分に足りないものについても相談して、自分なりにトレーニングについて研究するようにもなりました」

 成果はすぐに表われる。今季の開幕戦では、自己最速の161キロを記録して6回無失点と好投した。だが、急速な肉体の変化は副作用も伴った。

「自分の中で、投げ方のイメージが変わったので、フォークボールを含めた変化球をうまく操れなくなって……迷子になってしまった感じですね。6月からはストレートの軌道に近いスラット(スライダーとカットボールの中間球)の習得にチャレンジしていて、何とかシーズン中に自分のモノにしたいのですが……。今季はそんな試行錯誤のマウンドが続いています」

 代名詞「お化けフォーク」の精度を一旦、捨ててまでも新たな自分を求める選択をした。そんな千賀が目指す投手像とは? エースとは勝つ投手なのか、負けない投手なのか、それとも信頼される投手なのか。

「実は、明確に『これだ!』という形はまだ掴んでいないんです。これまでは、勝つよりも負けないことが大事だと思っていた。でも最近はチーム全体が『こいつが投げているんだから、この試合は勝つんだ!』という存在がエースなんじゃないかと。今、そういう人はそんなにいないんじゃないかと考えるようになりました」

 勝利投手となった8月10日の日本ハム戦。千賀は5回に4失点するも、7回まで粘り強くマウンドを守り続け、味方の逆転を呼び込む。味方攻撃中は、高校球児のようにベンチ最前列で声を出してチームを鼓舞した。

「試合後に松田(宣浩)さんや(甲斐)拓也が『ベンチのお前の姿を見て打とうと思った』と言ってくれて嬉しかったですね。もちろん、試合中だけでなく、練習への態度など普段の姿勢も大事。投手としてどうあるべきか。斉藤和巳さんに相談して、最近、そういうふうに考えるようになりました」

 シーズン20勝もマークした平成ホークスの大エース。その斉藤氏は、期待を込めて辛口で後輩を鼓舞する。

「人前で努力するのは当たり前。陰でどれだけチームのことを考え努力できるか。理屈ではなく、そうするとエースの風格や佇まいがにじみ出てくる。最近はエースという言葉の重みが薄れてきていますけど、彼は本当のエースになれる器。僕なんかとは比べられないポテンシャルを秘めているんですから」(斉藤氏)

 技術的な試行錯誤は続く。だが、昨季逃したリーグ優勝、そして日本シリーズV3が千賀の肩にかかっているのも事実だ。

「昨年の日本シリーズでは第1戦に指名されましたけど、それは消去法だったと思う。今年は、『頭は千賀で決まり。で、その次は?』とベンチが考えるような存在にならないといけない。(エースになるために)こうしたらいいという明確な方法論はないと思う。だから、現時点で(そのエース像が)はっきり見えてないのもある意味、間違ってはいないというか……だからこそ今は、もがいてチャレンジする姿勢を貫くことが大事だと思っています」

 独自のエース像に辿り着き、確立した時、千賀を「令和の大エース」の称号が待っている。

【PROFILE】せんが・こうだい/1993年、愛知県生まれ。蒲郡高3年夏の甲子園県予選は3回戦敗退。2010年、育成ドラフト4位でホークス入団。2012年に支配下選手登録され、主に救援投手として活躍。2016年に先発転向。3年連続で二けた勝利をマークするローテの柱に成長した。MAX160キロ超の速球と「お化けフォーク」が武器。2017WBCでは準決勝米国戦で好投。大会最優秀投手賞に輝く。186cm、84kg。

●撮影/本誌・藤岡雅樹 取材・文/田中周治

※週刊ポスト2019年9月13日号

関連記事(外部サイト)