池江璃花子が頼るなべおさみの「手かざし」とは一体何か

池江璃花子になべおさみが『手かざし療法』を施術か この療法は過去に訴訟沙汰も

記事まとめ

  • 池江璃花子がなべおさみの『手かざし療法』を何度も受けているとFRIDAYなどが報じた
  • この療法は、高額な治療費を請求したが治すことができず訴訟沙汰になったケースもある
  • なべおさみは91年に息子の大学入試で替え玉事件を起こし、芸能活動を自粛した

池江璃花子が頼るなべおさみの「手かざし」とは一体何か

池江璃花子が頼るなべおさみの「手かざし」とは一体何か

SNSで近況を報告している池江選手(共同通信社)

「高校時代から池江さんは、自分の力を信じて努力を続けてきた人です。スピリチュアルなこととはまるで無縁で、ゲン担ぎをするタイプでもなかった。だから、今回の一件には本当に驚きました」

 そう言って首を傾げるのは、水泳の池江璃花子選手(19才)の友人だ。彼が指摘するのは、『週刊新潮』(9月5日号)が報じた、《「池江璃花子」と「なべおさみ」奇怪なる巡り合い》という記事。

 同誌には、池江選手がなべおさみ(80才)の東京・世田谷の豪邸を母親と訪れたり、銀座のイタリア料理店で食事を共にする姿が写真付きで掲載されていた。

「白血病で闘病中の池江さんが、なべさんの家を訪れたのは、彼の『手かざし療法』を受けるためでした。新潮と同じ週に発売された『フライデー』(9月13日号)にも同じ内容の記事が掲載されていて、それによれば、なべさんは池江さんの入院する病室でも手かざし療法を行っていたそうです。お盆に退院してからは、池江さんがなべさんのお宅を週に数回訪れて施術を受けていたとあり、関係者を驚かせました」(スポーツ紙記者)

 来年の東京五輪で金メダルの最有力候補とされながら、今年2月に白血病を告白した池江選手。以降は時折更新されるSNSが、唯一彼女の近況が知れるメディアだった。一時退院して自宅で誕生日を祝ったり、東京ディズニーランドを訪れたり――そんなさなか、60才も年上のなべとの2ショットはあまりにも唐突だった。

 コメディアンのなべは、ワイドショーの『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)の「女ののど自慢」の司会を担当するなど、一時はお茶の間の顔といわれる存在だった。しかし、1991年、息子の大学入試で替え玉事件を起こし、芸能活動を自粛。

 復帰後は、芸能界とは異なる分野の活動を活発化させていた。2015年に出版された自著の『昭和の怪物 裏も表も芸能界』(講談社)には、2006年に胃がんのため胃の全摘手術を受けた王貞治さん(79才)に「手かざし療法」を施した様子をこう綴った。

《手当は簡単です。王さんに手を当てがい、ここからは説明は不可能です》(『昭和の怪物 裏も表も芸能界』より、以下《》内同)

 なべの説明によれば、施術では手をかざしながら、《よーし、見つけたぞ、隠れるな隠れるな》《こっちにおいで。私の中で仲良く生きよう。大丈夫殺しゃしないさ、さあおいで!》などと相手の体に語りかける。

 すると相手の「病の気」がなべの体に移るという。

《私に助けられた人の気が、私に移ってくるから、本人は肉体の回復をみるのです。が、その分、私は私の体に移った病の気の為に、しばらくの期間は苦しみます。だからその間に健康診断など受けようものなら、途端にアウトです。初めて公にしますが私は今日まで、六度のガン告知を受けています》

 つまり相手のがんを、なべが「引き継ぐ」というのだ。

 そもそも「手かざし療法」とは何か。

「手のひらや指先を患部などに当てたりかざしたりして、体の不調を治すという療法。触手療法や手のひら療法などといわれることもあります。難病などを癒す目的のほか、宗教的行為として行われることがあります。病気を治せると主張し、高額な治療費やお布施を請求したが、治すことができず、訴訟沙汰になったケースもあります」(宗教問題に詳しいジャーナリスト)

※女性セブン2019年9月19日号

関連記事(外部サイト)