投げない怪物・佐々木朗希 「登板の判断は本人」と代表監督

投げない怪物・佐々木朗希 「登板の判断は本人」と代表監督

「令和の怪物」の注目度は抜群

 U-18野球W杯の舞台となった韓国・機張でも、「令和の怪物」こと佐々木朗希(大船渡)の注目度は群を抜いていた。狭いボールパークのいたるところで「ササキ」を語る会話が聞こえ、佐々木がトイレに向かえば野球少年がサインや写真をおねだりしていた。現地紙「SPORTS DONGA」のカン・サン記者はこう話した。

「163kmを投げるというササキ投手は韓国でも人気で、よく知られています。岩手大会の決勝で投げなかった時、私はMLBのストラスバーグを思い出した」

 2009年の米国ドラフトの1巡目1位指名を受けたスティーブン・ストラスバーグは、14三振を奪う衝撃のデビュー後、右ヒジを痛め、1年目でトミー・ジョン手術を受けた。本格復帰した2012年は球団がシーズンで160イニングという異例の回数制限を設け、ポストシーズンも登板を回避させた。

 大船渡の國保陽平監督の判断による岩手大会決勝での佐々木の登板回避も、同じように投手をケガから守る起用法だったと、韓国の記者が認識しているのだ。投手の酷使を避ける流れは、世界的に広がっている。今回のW杯では球数制限が初めて導入された。

 2年前の大会ではリリーフで三振の山を築いた田浦文丸(当時秀岳館、現福岡ソフトバンク)が9日間で6試合に登板。決勝進出を懸けた韓国戦で先発したが、疲労もあって打ち込まれ、日本は決勝進出を逃した。

 そんな景色はもはやない。

 夏の甲子園で決勝まで進出した奥川恭伸(星稜)と、大学日本代表との壮行試合の直前にできた右手中指の血マメを悪化させた佐々木は、W杯の予選ラウンド5試合で登板がなかった。

 佐々木は、南アフリカ戦後、「何もしていないんで、お話しできることはありません」と一度は口にしたもの、少し間を置いて、こんな言葉を残した。

「スーパーラウンドには間に合うと思う。ここまで投げられなかった分、チームの世界一に貢献したい」

 佐々木は、9月6日の韓国戦でようやく先発登板した(1イニング19球で降板)。それまでひとりだけ蚊帳の外(奥川は南アフリカ戦で打席に立った)で、投げられないもどかしさや焦りを抱えているのではないかと思ったが、そんな様子はなく登板に向け泰然自若としていた。高校日本代表を率いる永田裕治監督は言った。

「(学校から)預かっている立場なので、無理はさせず、登板の判断は本人、それから理学療法士と整形外科の先生にお任せしています」

 投げさせて故障するリスクがあるなら、投げさせないで敗れてもいい──ほんの1か月前、岩手大会では日本中が騒然となったが、大会の性質が全く違うとはいえ、少しずつ当たり前の景色に見えてくる。“投げない怪物・佐々木”の存在で、高校野球を取り巻く環境は大きく変わりつつある。

●柳川悠二(ノンフィクションライター) ●撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事(外部サイト)