ラグビー日本代表名選手列伝 試合中に体重7キロ減った男も

ラグビー日本代表名選手列伝 試合中に体重7キロ減った男も

試合中に体重が7キロ減ったことのある大野均・元日本代表(右端。2015年イングランド大会より)(時事通信フォト)

 明治32(1899)年にラグビーが伝来してから120年、悲願であった自国開催のワールドカップに臨むラグビーの日本代表チーム。楕円球を愛する者が敬意をこめて“ジャパン”と呼ぶチームの礎を築いたのは、先人たちの「魂」だった。

 ラグビー日本代表が初めて海を渡ったのは昭和5(1930)年のカナダ遠征だった。大成功を収めたこの遠征以降、戦争を挟んで代表チームの低迷期が続く。

 ラグビーエッセイ集『人類のためだ。』(鉄筆)の著者でスポーツライターの藤島大氏が「ジャパンを創造した男」として挙げるのは、1966年から1971年まで代表監督を務めた大西鐡之祐氏(故人)だ。

「戦前に産声をあげたジャパンを真のナショナルチームにしたのは大西さんでした。大西さんはジャパンを愛し、徹底した“知と熱”で日本代表を鍛え上げたのです」(藤島氏)

 1967年3月12日、代表監督としての初めての国際試合であるニュージーランド大学選抜戦の際、大西氏は高ぶる気持ちを抑えられず、手元のメモに「気持ちとしては自分の妻、自分の恋人が掠奪された時、身を捨ててかかる、その覚悟」と走り書きしたという。

 また試合前にニュージーランド大学選抜が相手を威嚇する民族舞踊「ハカ」を披露すると、ジャパンの選手は一斉に「エイエイオー! エイエイオー!」と雄叫びをあげた。ハカの勢いに負けぬよう、大西監督が真剣に発案したパフォーマンスだった。

「こうした“熱”の一方で、大西さんはブリティッシュ・カウンシル(イギリスの国際交流機関。日本では東京・新宿区に拠点がある)で現地の新聞を読み込んで相手チームの動向を探り、入念かつ緻密に戦略を練りました。また出身大学に依拠しないフェアなセレクションを行い、単に上手な選手よりも各ポジションで自分の仕事を死ぬ気で行う選手を選んで研ぎ澄ました作戦を遂行させました」(藤島氏)

 大西監督が抜擢したロックの小笠原博氏は、「試合後に必ず倒れる男」として有名だ。高校まで野球部で、習志野自衛隊でラグビーを始めた小笠原氏は当時としては巨漢の身長184センチだったが、大西監督が真に目をつけたのは、“炎のごとき闘争心”だった。

「小笠原さんは常にピッチで全力を出しきり、試合が終わるといつも脱水症状から全身痙攣を起して病院に運ばれました。1971年のイングランド代表との第1戦後も全身痙攣で大阪市内の病院に緊急搬送されましたが、若手選手を自分の代わりにベッドに寝かせて病院を脱走して、最終戦が行われる東京に向かいました。病院を脱け出して強行出場した小笠原さんの奮闘もあり、最終戦でジャパンは3対6と母国イングランドをあと一歩まで追い詰めた。この試合は伝説の代表戦として今も語り継がれます」(藤島氏)

 ラグビージャーナリストの小林深緑郎氏が「W杯最大のスター」と評するのは、センターの朽木英次氏。朽木氏は“ミスターラグビー”こと平尾誠二氏(故人)とのコンビで活躍し、第1回(1987年)、第2回(1991年)のW杯に出場した。通算4トライは、W杯日本最多記録である。

「パスのうまさに定評がありますが、実は相手との間合いを瞬時に詰めて精確に放つタックルが見事で、日本全体のタックルを変えた男です。第1回大会では大柄なオーストラリアのナンバーエイトにタックルを突き刺し、第2回大会でスコットランドの主力ギャビン・ヘイスティングがタッチライン際を疾走した際は、体ごとぶつかってラインの外に押し出しました。後年、その試合のレフリーが僕に『本当はショルダーチャージだったけど、体格差をものともしない好プレーだったので反則の笛を吹かなかった』と明かしました」(小林氏)

 ジャパンには外国出身の選手も多いが、最初のレジェンドとなったのがトンガ出身のシナリ・ラトゥ氏だ。1985年に「そろばん教師」になる約束で大東文化大学に留学すると、持ち前のナチュラルパワーで大暴れし、宿沢広朗監督(故人)のもとでジャパン入り。1990年に東京で行われた第2回W杯の予選では、母国・トンガと運命の決戦を迎えた。

「ラトゥさんのトンガ生まれの愛妻は、試合前夜に『あなたはジャパンのために尽くせ、私は自分の国を応援する』と夫に告げ、トンガ人同胞とともに観客席に陣取りました。日本の勝利後、負傷者の通訳のためトンガ代表の宿舎を訪問することを日本協会から指示されたラトゥさんは、“殺されるんじゃないか”と心配したそうです。しかしトンガ代表の監督は『私たちが弱いから負けただけだ』と母国出身の日本代表選手の来訪を快く受け入れました」(藤島氏)

 異色の経歴から「ラグビー界のシンデレラボーイ」と称されるのは、現在も東芝ブレイブルーパスで現役を続ける大野均選手。高校時代は野球部の補欠で、日本大学工学部に進学後、ラグビーを始めた。体の大きさと走力が関係者の目にとまって東芝に入社すると、みるみる実力を発揮して日本代表に選ばれ、積み上げたキャップ(代表としての出場数)は歴代最多の98を誇る。

「スクラムを押すパワーが必要なロックでありながらサポートやディフェンスでも体を張って駆け回り、試合中に体重が7キロ減ったことがあります。プレーだけでなく人柄も素晴らしく、誰からも愛されるナイスガイ。“酒がガソリン”と言われるほどの無類の酒好きで、選手に厳格な規律を課したエディー・ジョーンズ前日本代表監督が『キンちゃん(大野選手の愛称)だけは飲んでいい』と許可したとの逸話があります」(小林氏)

 そもそもラガーマンは大野選手のように酒飲みが多いが、「その中でも自分が酒豪ナンバーワンかもしれません」と笑うのは代表キャップ30を誇る大八木淳史氏だ。

「僕の時代は、みんなビール10リットルくらい平気で飲んでました。ジャパンでも『試合は負けてもアフターマッチファンクション(試合後の交歓会)では必ず勝つ』が僕のモットーやった。1987年にニュージーランド代表が来日した際は、試合後の交歓会が終わった後もホテルのバーや部屋で延々と飲み続けて、気づいたら翌日の夕方。誰かが『もうええ加減にせいや!』と叫んでお開きになりました(笑い)」(大八木氏)

 こうした豪快さもラグビー選手の愛すべき魅力である。大らかさと情熱、闘争心、人格、献身……それらすべてをひっくるめた「魂」を先人から受け継ぐ強みを、ジャパンの面々は日本大会でも存分に発揮してほしい。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)