ラグビーW杯「8万円プレミアムシート」を購入したファンの嘆き

ラグビーW杯「8万円プレミアムシート」を購入したファン嘆き 座席はバックスタンド端

記事まとめ

  • ラグビーW杯観客数は42万人を超え、チケットは9月末現在で販売可能席の97%を売り上げ
  • 都内在住40代のAさんは「プレミアムシート」を8万円で購入、会場で席知り落胆したそう
  • 座席はバックスタンドの端で、プレミアムシートを購入すると特典としてお土産が付く

ラグビーW杯「8万円プレミアムシート」を購入したファンの嘆き

ラグビーW杯「8万円プレミアムシート」を購入したファンの嘆き

スタジアム中が熱狂する影で…(時事通信フォト)

 日本が優勝候補のアイルランドを撃破し、列島を熱狂の渦に巻き込んでいるラグビーワールドカップ日本大会。第一週(9月20〜26日)の観客数は42万人を超え、チケットは9月末現在で販売可能席の97%を売り上げた。

 日本チームの予想以上の快進撃もあって大きく盛り上がる中、浮かない顔でいるのが都内在住で30年以上のラグビーファン歴を誇る40代のAさんだ。

「日本でワールドカップが見られるなんて夢のようで、奮発して最高級のチケットを購入したつもりでした。ところが会場で座席を確認して言葉を失いました……」(Aさん)

 待ちに待ったワールドカップ。情熱的なプレーが見るものの心を打つアルゼンチン代表を愛するAさんは、9月21日に東京スタジアムで開催された注目の一戦・アルゼンチン対フランス戦の「プレミアムシート」を8万円で購入した。かなりの出費だったが憧れの選手たちの雄姿をまぶたに焼き付けるべく、「4年に一度ではない。一生に一度だ」と心の中で念仏のように繰り返し、チケットの先行販売に申し込んだのだった。

 迎えた試合当日、夢見心地のAさんは両チームのファンでごった返す京王線に揺られ、普段は気恥ずかしくてできないハイタッチをボランティアと交わしてスタジアムに到着した。会場を満たす高揚感に期待はピークに達したが、自分の席を知って心持ちが一転した。

「“最高級”を謳うプレミアムシートだけに当然、メインスタンドの中央席が用意されていると思い込み、事前に座席を確認していなかったんです。ところがチケットに記載された席はバックスタンドの端のほうで、ゴールラインとゴールラインの間をほぼ4分の1と4分の3に分ける22mラインの延長線上でした。衝撃のあまり、思わず“え、ウソでしょ”と声に出してしまいました」(Aさん)

 今大会のチケット料金はカテゴリーAからカテゴリーDまでの4段階。最も良い席のカテゴリーAは1万〜4万円で、Aさんが観戦したアルゼンチン対フランス戦はカテゴリーAから順に3万円、2万2000円、1万4000円、7000円という価格設定だった。

 それとは別にチケットに付加価値をつけた「公式ホスピタリティー商品」のひとつとして販売されたのが「プレミアムシート」だ。通常より高額なチケット代を払う代わりに「最上級カテゴリーの特別な席」でゲームを堪能できることが謳い文句で、予選プールのプレミアムシートの料金は5万5000円〜15万3000円。最も高額な日本代表の試合は初戦のロシア戦が15万円、予選プール最終戦のスコットランド戦が15万3000円だった。

 前述の通り、Aさんが購入したアルゼンチン対フランスのプレミアムシートは8万円で、通常のカテゴリーAの3万円とは5万円の差額となった。

 プレミアムシートを購入すると特典として、「特製弁当」「シートクッション」「雨天ポンチョ」「マッチプログラム」などが入った「VIPサポーターバック」が付いてくる。言わば観戦の“お土産”だが、この内容にもAさんは不満顔だ。

「いずれも非売品とのことですが、可もなく不可もないグッズとの印象です。試合当日のフード売り場は長蛇の列だったので特製弁当を重宝しましたが、その後、大会組織委員会がそれまで禁止していた会場への食べ物の持ち込みを許可したので、“VIP弁当”の優位性が消えました(苦笑)」(Aさん)

 なかでもAさんが困惑したのは「ラグビーワールドカップオリジナル記念品」だ。

「どんなお宝グッズがもらえるのかと胸が躍りましたが、『VIPサポーターバック』に入っていたのは、『プラスティック製の水筒』でした。あまりにも普通の品だったので、最初は記念品だと気づかなかったほどです。それでも他の人からすれば貴重品になるかもと家に帰って妻に見せたところ、『何これ、100均の商品みたいじゃん』と鼻で笑われてショックを受けました……」(Aさん)

 ただしグッズについては大満足とはいかないものの、とくに目くじらを立てるつもりはないとAさんは言う。やはり納得がいかないのは、割り振られた座席のようだ。

 一般的にスポーツ観戦で最も良い席とされるのはメインスタンドの中央となる。Aさんが何度も秩父宮で観戦したスーパーラグビー(*注)でも「プレミアムシート」はメインスタンド中央の限定されたエリアだった。

【*注:スーパーラグビー/南半球の国々を主体とする全15チームの国際プロリーグ】

 このエリアはグランドを隅々まで見渡せるだけでなく、国際試合の前に選手がメインスタンドを向いて整列した後、国歌を斉唱する際の感極まった表情を正面から見ることができる。Aさんがプレミアムシートの購入に踏み切ったのも、国歌斉唱時の身が震えるほどの感動を味わうことが大きな目的だった。

「ところがバックスタンドでは選手の背中が見えるだけで、持参した双眼鏡を使う機会もありませんでした。しかもバックスタンドの中央ならまだしも端のほうの席だったので、試合中は逆側のバックライン際の攻防がよく見えなかった。残念ながらラグビー観戦に慣れたものとしては、今回のプレミアムシートが『最上級カテゴリーの特別な席』とは思えませんでした」(Aさん)

 肝心の試合は立ち上がりからフランスがアルゼンチンを圧倒して3−20で前半を終了した。後半に目覚めたアルゼンチンが猛反撃した際は座席の不満を忘れかけたが、アルゼンチンのトライはいずれもAさんの席とは逆のサイドでよく見えなかった。

 試合終了直前には逆転を賭けたペナルティキックが無情にもポストを外れ、アルゼンチンは21−23で敗退した。“ノンプレミアム”なシートで贔屓チームの敗戦を見届けたAさんはガックリ肩を落としてトボトボと家路についたという。

 運営側はAさんの嘆きをどう受け止めるのか。今大会の公式ホスピタリティー提供者としてプレミアムシートを企画販売するのは、STH Japan株式会社だ。同社に問い合わせると、担当者は「A様のご期待に沿えなかったことは大変残念なことであり、真摯に受け止めております」としたうえで、次のように回答した。

「プレミアムシートは座席からピッチ全体が見渡せるように配慮されたカテゴリーAのチケットを保証しています。公式ホスピタリティーのような付加価値商品には、入手が不確実である抽選なしでカテゴリーAのチケットが確実にご購入頂けるという安心も含まれると考えております。すべてのお客様にご購入価格に見合ったおもてなしとともに、最高の観戦体験をお届けできるよう運営しております」

 同社は10試合を終えた段階で6911人に公式ホスピタリティーを提供し、「非常に満足」という意見を受け取っているとも回答した。

 もちろん、プレミアムシートを割高ととらえるか適正ととらえるかは、人それぞれの価値観による。Aさんは自嘲気味にこう話す。

「満足度は人によって違うだろうから、“あの内容で8万円は高い”という評価が絶対に正しいと主張するつもりはありません。ただ私は10月5日のアルゼンチン対イングランド戦も通常のカテゴリーAが3万円のところ、8万2000円を出してプレミアムシートを購入しましたが、チケットを確認するとやはりバックスタンドでフランス戦よりさらに端の席でした。一試合のみ記念で観戦するのではなく、複数の試合を自腹で購入すると割高感が増すのかもしれません。もうこうなったら“水筒コレクター”になるしかないですね……」

 観戦にまつわる悲喜こもごもを交えながら、記念すべき日本大会が続く。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)