パ・リーグ順位予想 評論家75人中「4球団的中」の2人は

パ・リーグ順位予想 評論家75人中「4球団的中」の2人は

西武優勝を予想したのは75人中3人のみという結果に(写真:時事通信フォト)

 予想が困難なことで知られるプロ野球の順位予想だが、今季大混戦だったパ・リーグの順位を4つも当てた評論家が2人もいた――。データ分析家の岡野誠氏が、シーズン前に行なわれたスポーツ新聞6紙(東京版)とフジテレビCS『プロ野球ニュース』の評論家75人のパ・リーグ順位予想を答え合わせしながら、徹底解析する。

【*1:敬称略 *2:評論家名後のカッコ内は現役時代のパ・リーグ最長実働球団(セ・リーグのみ在籍の場合はセ球団名を記載) *3:スポーツ紙と『プロ野球ニュース』の2つに出演した評論家で順位を入れ替えている場合は最新の日付を優先 *4:川上憲伸は3月27日の東京中日スポーツと28日の『報道ステーション』で順位を入れ替えているため、後者を優先】

 * * *
 まず、開幕前の評論家75人の平均予想順位と優勝予想を見てみよう。

【パ・リーグ各球団の平均予想順位】
ソフトバンク:1.13位/日本ハム:2.69位/西武:2.83位/オリックス:4.71位/楽天:4.80位/ロッテ:4.84位

【パ・リーグ各球団の優勝予想人数】
ソフトバンク:66人(88%)/日本ハム:6人(8%)/西武:3人(4%)/オリックス、楽天、ロッテ:0人(0%)

 圧倒的優位なソフトバンクに、昨季優勝の西武、3位の日本ハムがAクラス、オリックス、楽天、ロッテがBクラス──これが大方の予想だったが、結果は以下のようになった。

【今季のパ・リーグ順位(的中人数/的中確率)】
1位・西武(3/4%)
2位・ソフトバンク(8/10.7%)
3位・楽天(10/13.3%)
4位・ロッテ(19/25.3%)
5位・日本ハム(4/5.3%)
6位・オリックス(31/41.3%)

 西武の優勝、楽天の3位、日本ハムの5位という3つが主な予想と異なったようだ。

 この中で、4つの順位を的中させた評論家が2人いる。柴原洋(ソフトバンク)は3〜6位までをピタリと当てた。外れたのは1位・ソフトバンク、2位・西武。楽天と日本ハムの順位を2つとも的中させたのは、評論家75人の中で柴原だけだった。

 もう一人は、高木豊(日本ハム)。西武の優勝を当て、外れたのは3位・日本ハム、5位・楽天だった。

 3つ的中は1位・西武、2位・ソフトバンク、6位・オリックス予想の黒江透修(巨人)、2位・ソフトバンク、3位・楽天、6位・オリックス予想の岡田彰布(オリックス)の2人のみ。

 2つ的中は19人、1つ的中は 23人。ゼロ的中はセ・リーグよりも10人多い29人にも上った。66人がソフトバンクを優勝に予想したためだろう。評論家75人の平均的中率は1.0だった。

 菊池雄星がメジャーリーグへ行き、浅村栄斗がFAで楽天に移籍。投打の主軸を失った西武を優勝候補にしたのは高木、黒江、真中満(ヤクルト)の3人だけ。4位に16人、5位に3人というBクラス予想もあった中で、西武は見事に連覇を達成した。

●文/岡野誠:ライター・データ分析家・芸能研究家。研究分野は松木安太郎、生島ヒロシ、プロ野球選手名鑑など。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)が話題。同書は『ザ・ベストテン』(TBS系)の詳細データや田原俊彦の1982年、88年の全出演番組を視聴率やテレビ欄の文言などとともに記載しており、巻末資料を読むだけでも1980年代の芸能界が甦る。

関連記事(外部サイト)