金田正一氏 原監督と松坂大輔に送っていた「最後のエール」

金田正一氏が死去 原辰徳監督と松坂大輔への『最後のエール』を紹介

記事まとめ

  • 金田正一氏の訃報に対し、読売ジャイアンツ・原辰徳監督は「野球の教科書」と悼んだ
  • 金田氏は今年2月、原辰徳監督にインタビューし「期待しとるぞ」とエールを送っている
  • また、金田氏は中日ドラゴンズ・松坂大輔に対しても温かいコメントを寄せている

金田正一氏 原監督と松坂大輔に送っていた「最後のエール」

金田正一氏 原監督と松坂大輔に送っていた「最後のエール」

今年2月、週刊ポスト誌上の対談で原辰徳監督とツーショット

 プロ野球の国鉄、巨人で活躍した金田正一氏の訃報。巨人の原辰徳監督は、10月7日の全体練習前に「僕から見ると鉄人であり、野球の教科書。金田さんの野球に取り組んでいる姿勢、生き様、戦い様は、大変影響を受けた私の先生の1人でした」と故人を悼んだ。

 5年ぶりのリーグ優勝を決めた巨人の原監督。今年2月、金田氏は巨人の宮崎キャンプを訪れ、その原監督にインタビューしていた。今季から新加入の丸佳浩への評価、FAの人的補償で移籍となった内海哲也、長野久義への思いなどを次々と“直球質問”。最後に原監督にこうエールを送っていた(『週刊ポスト』3月1日号)。

──ジャイアンツは4年連続で日本一から離れているが、監督も3回目になれば、次世代の心配もある。原の使命は、日本一か? それとも選手を底上げして常勝球団の土台を作る……。

原:(質問を遮るように)日本一です。それに付随することは出てくるかもしれませんが、まずは日本一以外ないですね。

──その心意気だ! 丸(佳浩)が入って“丸く”収まるよう、期待しとるぞ!

 今年5月には、中日・松坂大輔が二軍練習日にゴルフをプレーしていたことが発覚。球団から「10日間の外出禁止と反省文の提出」という処分を受けたことにも温かいコメントを寄せていた。

 金田氏自身、国鉄から巨人に移籍した1965年に、一軍の戦列を離れて北海道で調整中、ゴルフをプレーしていたことが報じられ、批判を浴びたことをこう振り返っていた(同6月7日号)。

「ゴルフスイングはヒジが伸びるから、いいリハビリになるのよ。シーズン中でも、完投した翌日は早朝からラウンドしていた。疲れた体を18ホール歩いて整えると、午前中の運動で午後はスムーズに体が動かせるようになる。(中略)ところがあの時は、『調整中の金田を取材したい』と言ってきたなじみのスポーツ紙の記者とカメラマンが、ワシのバンカーショットの写真を撮り、それが新聞に載って顰蹙を買ったわけさ。おまけに、どこぞのホールで8つもたたいたとか、サンザンなスコアまで書かれてのう。あれには参ったわい」

 それを踏まえ、松坂にはこんな言葉を送っていた。

「今回の松坂にしても、治療の空き時間を利用してのゴルフで、ラウンド後には、ちゃんと治療やトレーニングをしてたというじゃないか。練習をサボってパチンコや麻雀をしていたわけでもないし、写真を撮られたといって反省することなんかない。選手にとってリハビリは苦しいからのう。時には気分転換も必要じゃ。それで結果を出せなければ、球団がクビにすればいい話。外野がガタガタいうことじゃない。黙って見守ればいい」

 現役の監督や選手に対して、常に厳しくも温かいまなざしで見守る人だった。これからCS、日本シリーズに臨む原監督、そして現役続行を目指す松坂にとっても、大先輩である金田氏のエールは心強く響いているはずだ。

関連記事(外部サイト)