ラグビー代表、海外にルーツを持つ選手達と一体になるまで

ラグビー代表、海外にルーツを持つ選手達と一体になるまで

トンプソンルーク(196cm)と田中史朗(166cm)の身長差は30cm(写真/アフロ)

 試合前の整列。スタジアムに「君が代」が流れると、桜のジャージの外国人選手たちが斉唱を始めた。目に涙を溜める選手もいる。日本を背負って戦う責任感と武者震い──。彼らはなぜラグビー日本代表を選んだのか。日の丸の勝利のために戦うのか。ノンフィクションライターの山川徹氏が、彼らの想いと足跡を追った。

 * * *
 ラグビー日本代表のチームワークを象徴するシーンだった。日本代表12番の中村亮土(28才)が、アイルランド10番の突進を突き刺さるような低いタックルで食い止める。次の瞬間、日本代表4番のトンプソンルーク(38才)が、ボールを奪おうと高めのタックルを浴びせ、相手を仰向けに倒す──。

 9月28日、ラグビーワールドカップ(以下、W杯)の日本対アイルランドの一戦。日本中を沸かせたジャイアントキリング(大番狂わせ)の一因が、繰り返されたダブルタックルだった。アイルランド代表に比べ、小柄な日本代表は1対1では当たり負けしてしまう。そこで必ず2人でタックルに行く戦術をとっていたのである。

 それが見事に決まったのが冒頭のプレーだ。6対12のアイルランドのリードで迎えた前半34分。中村とトンプソンのダブルタックルにより、日本はゲームの流れを引き寄せる。その後のスクラムで奪い取ったペナルティーと、直後のペナルティーゴールを糸口に、日本は反撃に転じた。

 前半を9対12で折り返した日本は、後半18分に逆転のトライ。さらに4本目となるペナルティーゴールで19対12と突き放し、勝利を奪った。世界ランキング2位の優勝候補から奪った大金星は、日本だけではなく、世界中のファンを驚かせた。さらに10月5日のサモア戦も38対19で勝利。日本としてはW杯ではじめて3連勝を挙げて、史上初のベスト8進出に弾みをつけた。

 中村とトンプソンのダブルタックル。そして、韓国、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、そして日本にルーツを持つ8人の選手が一塊になって、アイルランドを押し込んだスクラム。何よりも、そうした多様な背景を持つ選手たちが、ひとつになって果敢に戦う日本代表のプレーが、国境を超えてファンの心を掴んだのである。

◆合宿中に「君が代」の練習を続けてきた

 キャプテンとして代表を率いるのが、リーチマイケル(31才)である。ニュージーランド出身の彼は、日本代表になった動機をこう振り返る。

「高校時代に日本に留学してから、ぼくは日本人選手と練習したり、試合したりして、選手としても、人間としても成長できました。でも、海外では日本のラグビーを下に見る人が多いでしょう。それが悔しかった。日本代表の強さを世界に知ってもらいたいと考えるようになりました」

 15才で北海道の札幌山の手高校に留学したリーチは、東海大学を経て、ラグビートップリーグのチーム「東芝ブレイブルーパス」でプレーを続ける。2012年には大学の同級生だった日本人女性と結婚。愛娘との3人家族だ。

 リーチは結婚の翌年、日本国籍を取得したが、ラグビーに馴染みがない人たちは疑問に思っているのではないか。なんで日本代表なのに、外国人選手がたくさんいるの、と。

 ラグビーの国家代表になるためには、必ずしも帰化し、国籍を取得する必要はない。現在は、次の3つのうちいずれかをクリアすれば、その国の代表としてプレーできる。

〈出生地がその国〉
〈両親、祖父母のうち1人がその国出身〉
〈その国で3年以上、継続して居住。または通算10年にわたり居住〉

 3年居住のルールは、来年末から5年居住に変更される。

 リーチは、生まれ育ったニュージーランドと母親の故郷であるフィジーの代表になる資格があったが、日本を選んだ。常々彼は「日本で受けた恩をラグビーで返したい」と話している。

「高校2年生の時に、ニュージーランドの実家が火事になってしまったんです。心配していると、実家からメールが届きました。ぼくには何も言わず、高校の監督が北海道のラグビー関係者のかたたちに声をかけて集めた義援金を実家に送ってくれていたんです。

 本当にありがたかった。ぼくは日本で、たくさんの人のお世話になった。その恩はラグビーで返すしかない。何があっても、日本以外の国の代表になるわけにはいかないと思いました」

 日本代表の31人のメンバーのうち、日本以外にルーツを持つ選手は6か国16人。それは日本代表だけではない。トンガ代表は19人、サモアは18人、スコットランドは15人…。他国でも異なるルーツを持つ代表選手が活躍する。ラグビーの代表チームは、国籍や人種、文化、宗教、言語にとらわれないダイバーシティ(多様性)を持つ。

 それなら、強くて上手な外国人選手をたくさん呼べば、チームはもっと強くなるのではないかと考える人もいるかもしれない。しかし話はそう単純ではない。

 ラグビーは「心技体」のうち、「心」が重要なスポーツだといわれる。全力でぶつかってくる身長2m、体重120kgもある巨漢に対し、勇気を出してタックルに行かなければならない。怖がって腰が引けては、弾き飛ばされてしまう。

 共に戦う仲間のために、チームのために。ピッチに立つチーム全員が勇気を持ち、与えられた役割を果たさなければ、どんなに強い選手を揃えても勝利できない。

 2014年からキャプテンとなったリーチらが、ひとつのチームになるために取り組んでいるのが、「君が代」の練習である。当時、海外出身の選手のなかには君が代を知らない選手もいた。国の代表なのに、国歌を知らない。それではひとつのチームとしてまとまれない。そんな危機感を抱いたリーチや前キャプテンの廣瀬俊朗(37才)は「日本の繁栄を祈る歌だ」と君が代の意味を教えて、合宿中に国歌の練習を続けた。

 リーチ自身も君が代をより深く理解するために、宮崎県日向市の大御神社で、歌詞に出てくる「さざれ石」を見学した。日本とはどんな国か。どんな歴史や文化を持つのか。リーチたち海外にルーツを持つ選手は、プレーだけではなく、グラウンドの外の活動を通して、日本を代表する気持ちを培ってきたのだ。

取材・文●山川 徹(ノンフィクションライター)
やまかわ・とおる/1977年生まれ。山形中央高校2、3年時に全国高等学校ラグビーフットボール大会(通称“花園”)に出場。東北学院大学法学部卒業後、國學院大學二部文学部史学科に編入。主な著書に、『東北魂―ぼくの震災救援取材日記』『カルピスをつくった男 三島海雲』『国境を越えたスクラム――ラグビー日本代表になった外国人選手たち』など。

※女性セブン2019年10月24日号

関連記事(外部サイト)