ラグビー日本代表の快進撃 識者は「歴史上いちばん強い」

ラグビー日本代表の快進撃 識者は「歴史上いちばん強い」

先人の魂を受け継ぎ、日本代表は「歴史の創造者」を目指す(AFP=時事)

 10月13日19時45分、横浜国際総合競技場。台風一過の夜空のもと、ラグビー日本代表はワールドカップで初のベスト8をめざし、スコットランドとの「史上最大の決戦」に臨むはずだ。振り返れば、ここにたどり着くまでには90年に及ぶ先人の歩みがあった。

 ジャパン初のテストマッチは1930(昭和5)年9月のカナダ遠征で行われたカナダBC州代表戦。敵地で3−3と引き分け、ツアーを6勝1分けの好成績で終えたジャパンを現地の在留邦人が熱烈に歓迎し、オープンカーでパレードが行われたとの逸話が残る。

 ジャパンを真のナショナルチームにしたのは1966年に代表監督に就任した大西鐵之祐氏(故人)だ。就任3年目の1968年6月3日、ニュージーランドのウェリントンで行われたニュージーランドジュニア(23歳以下代表)とのテストマッチで、ジャパンは23―29の歴史的勝利を挙げた。センターで先発して1トライ4アシストの活躍を見せた横井章氏はこう振り返る。

「体格に劣る日本チームは素早く前に出るシャローディフェンスで敵の攻撃を封じ込め、ギリギリまで相手に近づいてから味方にパスする接近戦で敵の防御を切り裂いたんや。当時、世界最先端をいく戦術が現地のファンを大いに魅了しました」

 それから3年あまり。大西ジャパンが日本ラグビー史に残る極限の戦いを繰り広げた相手は、ラグビーの母国であるイングランドだった。ラグビーエッセイ集『序列を超えて。ラグビーワールドカップ全史1987−2015』(鉄筆)の著者でスポーツライターの藤島大氏が解説する。

「大西さんは常に『人間には使命がある』と語っていました。日本ラグビーの誕生以来、先人たちの夢は母国であるイングランドと試合をすること。それが初めて叶う機会に、大西さんはすべてを賭けて戦う覚悟を抱き、世界一厳しい練習を課して選手を鍛えました」

 1971年9月28日、日本ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場で行われたイングランド代表との最終戦。試合直前の緊迫したロッカー室。静寂の中、選手がかわるがわる水盃を飲み干す。最後に大西監督がその水盃を床に叩きつけて割り、短く言い放った。

「歴史の創造者たれ!」

 超満員で席に座り切れない観客がタッチライン際に腰を下ろす中、ジャパンは母国相手に死闘を演じた。第1戦後に緊急搬送された病院を脱け出して強行出場した小笠原博が壮絶な肉弾戦に挑み、のちに阿修羅・原としてプロレス入りする原進(故人)がスクラムで獅子奮迅の奮闘を見せた。フォワードが死に物狂いで確保したボールをバックスがギリギリの接近戦で展開し、体格に勝るイングランドの怒涛のアタックを桜のジャージが身を挺して止めた。

 惜しくも3−6で破れたが、ラグビー母国の猛攻を凌いでノートライに封じ込め、詰めかけた2万3000人の大観衆は日本ラグビーの雄姿を瞼に焼きつけた。

 この激闘で燃え尽きたのか、以後のジャパンは長い停滞期に入る。時折目覚めたかのように好試合を見せるものの、安定した力を発揮することはなかった。

 苦境の中で一筋の光明を見出したのは、1989年5月28日に秩父宮ラグビー場で行われたスコットランド戦だ。4か月前に就任した宿沢広朗監督(故人)のもと、故・平尾誠二キャプテンが率いるジャパンは吉田義人、朽木英次ら自慢のバックスが快心のトライを決めて、28―24で当時の「世界8強」から初勝利をゲットした。この試合にフランカーとして先発した大八木淳史氏はこう振り返る。

「桜のジャージのエンブレムを見たら“玉砕精神でこの試合にすべてを賭けよう”と気持ちがえらく高ぶりました。“世界に通じるラグビーをしていこう”との目標を掲げた宿沢さんは、スコットランドを徹底的に分析して弱点を見出した。接戦を制した瞬間は歓喜そのものやったな。次の日、平尾と林(敏之)さんと伊豆でゴルフしたのがいい思い出ですわ(笑)」

 1991年の第2回W杯でジンバブエ相手にW杯初の1勝を挙げ、蘇りつつあった自信が完膚なきまでに叩きのめされたのは1995年の第3回W杯。予選プールで対戦したニュージーランドに“子供以下”の扱いをされて17−145という歴史的な大惨敗を喫した。ラグビージャーリストの小林深緑郎氏は、ジャパンの暗黒時代をこう語る。

「この試合の映像がW杯のたびに繰り返し会場に流されて気が滅入りました。アマチュア時代のジャパンにはW杯で体感した強豪に追いつくための強化プランが作れず、W杯での1勝が目標となった。そして日本ラグビーに対する国内外からの関心も失われました」

 以降、2007年の第6回大会終了時までW杯は16敗2分けで1勝もできなかった。

 どん底のジャパンを誇りの持てるチームとして復活させたのが2011年に代表監督に就任したエディ・ジョーンズだ。前任者は世界に対抗するため選手の大型化を進めたが、エディは敏捷性や勤勉さ、忍耐力といった日本人の特性を活かす「JAPAN WAY」を掲げた。そこから垣間見えるのは、古き良きジャパンへの「原点回帰」だ。

「エディ・ジョーンズは日本のラグビーを追求した大西鐵之祐とも重なるところがあります。『日本の選手は徹底的に鍛えて走らせてやっと世界に届く』という現状認識です。長い拘束と緻密な計画のもと猛練習に取り組んでジャパンを強化しました」(藤島氏)

 2015年のW杯でジャパンはかつての輝きを取り戻し、優勝候補の南アフリカを34−32で下した。だが、その試合こそ「スポーツ史上最大の番狂わせ」と激賞されたが、世界の壁は高く、3勝1敗の好成績ながら悲願の予選プール突破は叶わなかった。

 そして、ジェイミー・ジョセフ体制で迎えた日本大会。選手たちはエディ時代以上のハードワークをこなし、エディ時代には少なかった自主性を培った。外国出身選手は多いものの、優勝候補を打ち破ったアイルランド戦で見せた素早い出足の防御と連続攻撃は、日本代表に連綿と受け継がれてきた伝統を窺わせた。運命のスコットランド戦を控えて、過去のジャパンが成しえなかった高みに到達することへの期待は否応なく高まる。

 これまで頼りないジャパンを見守り続けてきた人々は“その時”を前に感慨深げだ。

「これまでのテストマッチの成績をフェアに見て、いまのジャパンは歴史上いちばん強い。強くなった。ようやくここまで来た。このまま勝ち進んで少しの不思議もないし、なおスコットランドのような伝統国の力は甘くないのも事実。そこにいるのがうれしい」(藤島氏)

 1930年の初テストマッチからおよそ90年。先人の思いを受け継いで、ジェイミージャパンが「歴史の創造者」となる時が来た。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)