ラグビー代表トンプソンルーク 尊敬の日本文化めっちゃいい

ラグビー代表トンプソンルーク 尊敬の日本文化めっちゃいい

トンプソンルーク(196cm)と田中史朗(166cm)の身長差は30cm(写真/アフロ)

 ラグビーワールドカップで快進撃を見せる日本代表チーム。桜のジャージを着た海外出身の選手たちが、日本を背負っている――。彼らはなぜ日本代表を選んだのか。日の丸の勝利のために戦うのか。ノンフィクションライターの山川徹氏が、彼らの想いと足跡を追った。

 * * *
「日本代表は私のライフのハイライトです。日本はめっちゃいい国。特に大阪が大好き。好きな町に暮らし、その国を代表して戦う。そこがラグビーのいいところですね」

 激しいタックルで、日本のピンチを再三救った日本代表4番のトンプソンルーク(38才)は流暢な関西弁でそう話してくれた。

 大きく曲がった鼻骨が、どんな相手にも、ひるまずにぶつかっていった証である。1981年生まれの38才。自らを「おじいちゃん」と呼ぶ。

 ニュージーランドのクライストチャーチ北部にあるカイアポイ出身。牧場を営む父も、ラグビーの地域代表としてならした名選手だった。子供の頃から楕円球に親しんだトンプソンも、真っ黒なジャージをまとうニュージーランド代表――通称オールブラックスに憧れた。

 しかし196cmの長身も、世界一のラグビー大国であるニュージーランドでは強みにはなりえない。

 三洋電機(現パナソニックワイルドナイツ)に誘われて日本の土を踏んだのは、2004年のことである。

「ニュージーランドでは道路工事のアルバイトをしながらプレーしていました。でも日本では、プロのプレーヤーとして、フルタイムで大好きなラグビーができる。それが、ぼくにとって“ライフ イズ グッド”でした」

 はじめは1、2年で帰国し、夢だったオールブラックスを目指そうと考えていた。だが、三洋電機で2年間の契約が切れたあと、大阪の花園ラグビー場をホームグラウンドにする近鉄ライナーズに声をかけられ、移籍を決意する。

 日本に残ったのは「オンフィールドだけでなく、オフフィールドが面白かったから」と言う。オフフィールドとはラグビー以外の生活のことだ。

「若い時はラグビーだけに集中していたけど、日本に来てから生活や文化が面白いと感じました。たとえば、日本でいちばん好きになったのは『尊敬』。若い人は年上の先輩を尊敬する。でも、日本人が尊敬や感謝するのは人だけじゃない。日本人は食事に感謝し、自然を尊敬する。そういう日本文化が、めっちゃいいなと」

 2007年、3年間の継続居住の条件をクリアしたトンプソンは日本代表の合宿に招集される。しかし迷いがあった。自分が日本代表としてプレーするとは想像もしていなかったからだ。しかも一度、他国の代表になると、母国のジャージは諦めなければならない。悩んだ末、父に相談すると「面白いチャレンジじゃないか」と背中を押してくれた。

 初出場となった2007年W杯。結果は予選プールで3敗1分け。勝利は遠かった。

 そして自身2度目のW杯前の2010年に帰化し、日本国籍を取得した。帰化の理由をトンプソンはこう説明する。

「ぼくは、ふるさとのニュージーランドも大好きです。でも、日本の生活が長くなった。だから日本代表としてプレーするからには、日本人として戦いたいと思ったんですね」

 集大成と位置付けていた自身3回目となる2015年の前回W杯。日本代表は強豪南アフリカを破った「スポーツ史上最大の番狂わせ」を演じる。トンプソンは、全試合にフル出場し、3勝を挙げたチームをけん引した。

 もうやり残したことはない。そう思って日本代表からの引退を決めていたのだが──「めっちゃ好き」と語るラグビーの魅力は、彼の心を捉えて放さなかった。

 昨年6月16日、神戸市で行われた日本代表対イタリア代表。トンプソンは自宅でテレビ観戦した。切磋琢磨してきた日本代表選手たちのプレーに、アツい思いがよみがえってきた。テレビを一緒に見ていたニュージーランド出身の妻には、夫の気持ちが手に取るようにわかった。

「まだやりたいんでしょ。やるのなら応援するわ」

 妻の言葉を胸に、トンプソンは桜のジャージに再び袖を通す決意を固める。

 来日から15年の歳月が流れている。その間に、3人の子供にも恵まれた。

「ぼくの子供たちはみんな日本文化で育ちました。日本は、ぼく1人だけの問題じゃなくて、ぼくの家族のライフにもなったんですね」

 日本のファンから「トモ」の愛称で親しまれるトンプソンは、今回W杯で日本代表歴代最多タイの4回出場を果たした。また、日本代表最年長出場記録も更新中だ。12年にわたり、日本代表を支えてきた“鉄人”は、今大会を最後に、現役引退を表明している。だからこそ、ファンの応援にも熱がこもる。

 トンプソンがピッチに登場するとスタジアムのあちこちから声援が飛ぶ。

「トモ、頑張って!」
「トモさん!」

 彼が日本のファンにいかに愛されているか。ファンたちは鬼気迫るタックルを繰り返す38才のおじいちゃんを心から尊敬しているのである。

取材・文●山川 徹(ノンフィクションライター)
やまかわ・とおる/1977年生まれ。山形中央高校2、3年時に全国高等学校ラグビーフットボール大会(通称“花園”)に出場。東北学院大学法学部卒業後、國學院大學二部文学部史学科に編入。主な著書に、『東北魂―ぼくの震災救援取材日記』『カルピスをつくった男 三島海雲』『国境を越えたスクラム――ラグビー日本代表になった外国人選手たち』など。

※女性セブン2019年10月24日号

関連記事(外部サイト)