ラグビー具智元、元韓国代表の父に叱咤され日本代表になるまで

ラグビー具智元、元韓国代表の父に叱咤され日本代表になるまで

普段は穏やかな具智元が”会心のスクラム”に雄叫びを上げた(写真/アフロ)

 ラグビーワールドカップで快進撃を見せる日本代表チーム。桜のジャージを着た海外出身の選手たちが、日本を背負っている──。彼らはなぜ日本代表を選んだのか。日の丸の勝利のために戦うのか。ノンフィクションライターの山川徹氏が、彼らの想いと足跡を追った。

 * * *
「グーくん」とファンに愛されるのが、韓国出身の具智元(グ・ジオン 25才)だ。

 アイルランド戦では、彼に大きな見せ場があった。日本代表4番のトンプソンルーク(38才)と12番の中村亮土(28才)のダブルタックルが決まり、アイルランドボールのスクラムでゲームが再開された時だった。

 前半35分、スクラムの最前列に立つ3番の具が、相手よりも低い姿勢をとって、間合いをはかる。対するアイルランドのスクラムは世界屈指の強さを誇る。

 具は自身のスクラム観を次のように説明していた。

「海外のスクラムは、個々のパワーにまかせて押してくる。体が小さい日本代表がパワーに対抗するには、スクラムを組む8人が結束するしかない。ひとつの塊になって、スクラムを組む8人全員の意志と力を1点に集中させて、相手のスクラムを分断していく。そんなイメージのスクラムが理想です」

 その時、まさに具の理想のスクラムが実現した。

 レフリーの合図で16人の大男たちが、ぶつかり合う。アイルランドのプレッシャーに対し、日本が耐える。次の瞬間、スクラムがぐらりと揺れた。すぐに日本が押し返して、アイルランドのスクラムを文字通り分断したのである。

 普段は穏やかでおっとりした具が、雄叫びを上げ、渾身のガッツポーズをつくった。勝敗を左右する重要な局面で、自分たちが果たさなければならない役割を強く自覚していたのである。

 具は、スクラムを最前列で支えなければならない「プロップ」というポジションを務める。

 具の体のサイズは、184cm、122kg。太い下がり眉と、目を細めた笑顔に、おおらかで素朴な人柄がにじむ。プロップは、もっとも重量があり、パワーを持つ選手が担う。強いからこそ、優しさを備えた選手が多いポジションといわれる。彼もプロップらしい穏やかな青年だ。

「ぼくはボールを持って独走してトライするよりも、スクラムを押し込んで相手のボールを奪うことに快感を覚えるんですね」

 1994年7月、具は韓国のソウルで生まれた。父は元韓国代表で、アジア最強のプロップと恐れられた具東春。具は、2才年上で、三重県鈴鹿市に拠点を置く「ホンダヒート」のチームメートでもある兄・智充と共に、小学6年生からラグビーを始めた。

 意外にも父は、兄弟にラグビーを勧めたことはなかった。韓国ではラグビーが不人気なうえ、ケガに悩まされた経験があったからだ。

 だが、才能ある兄弟が楕円球を触る姿を見た父のラグビー熱が燃え上がる。

「いい環境でラグビーをやらせてあげたい」と中2の兄と小6の弟をニュージーランドに留学させたのだ。数か月後には、両親もウェリントンに移り住む。日本でのプレー経験を持つ父は、2008年に大分県佐伯市への移住を決断した。

 中学時代、具は父に叱咤され、涙を流しながら大分の山道を走っていた。

「スクラムマシーンになるな!」

 当時の具は、170cm、100kg。しかし走力に難があった。かつてプロップは“スクラムさえ強ければ、フィールドプレーが不得意でも、走力がなくてもいい”と考えられていた。

 しかし進化した現代ラグビーでは、プロップにも走力やパス技術などが求められるようになった。父は、息子を世界に通用するプロップに育てようとしていた。

「あの時期がいちばんキツかったです。正直に言えば、つらくてもう辞めたいと思ったこともあります」と具はこぼした。しかし──具少年の心の支えが、両親の愛情だった。

「お父さんとお母さんが、ぼくらのために、ニュージーランドや日本で一緒に暮らしてくれた。お父さんとお母さんのおかげで、すばらしい環境でラグビーを続けてこられた。こんなに一生懸命になってくれる両親は世界中どこにもいません。だから苦しい練習にも耐えられたんです」

 中学を卒業すると兄も通う日本文理大学附属高校に進学する。その頃、父は仕事の関係で韓国と日本を行き来していたが、大分に戻ると必ずグラウンドに顔を出して、スクラムを指導した。

「低く」「低く」──。

 父は低い姿勢で組む重要性を繰り返した。その成果だろう。高校2年になった具はU17日本代表に招集される。

 もっとがんばれば、もしかしたら…。具は、桜のエンブレムを胸にW杯を戦う姿をはじめて思い描いた。

 日本代表への憧れが募ったゲームがある。4年前の前回W杯で、拓殖大学3年生だった具は南アフリカからの勝利を知り、緊張し、体が震えた。驚きや喜びとは別の思いがよぎり、武者震いにおそわれたという。

「これから日本代表はレベルがもっと上がる。自分も早くそのレベルに達する選手にならなければ」

 日本代表は、具たち若い海外出身選手にとって、憧れの対象になったのだ。

 はじめて日本代表に選出されたのは、その2年後の2017年。11月16日、フランスのトゥールーズで行われたトンガ代表戦の前。桜のジャージにはじめて袖を通した具は、安心感に満たされていた。やっとここまできた。夢だったジャパンのジャージをようやく着ることができた、と。

取材・文●山川 徹(ノンフィクションライター)
やまかわ・とおる/1977年生まれ。山形中央高校2、3年時に全国高等学校ラグビーフットボール大会(通称“花園”)に出場。東北学院大学法学部卒業後、國學院大學二部文学部史学科に編入。主な著書に、『東北魂―ぼくの震災救援取材日記』『カルピスをつくった男 三島海雲』『国境を越えたスクラム――ラグビー日本代表になった外国人選手たち』など。

※女性セブン2019年10月24日号

関連記事(外部サイト)