データで検証 日本S「2戦目に勝利すると有利」は本当か

【日本シリーズ開幕】「2戦目に勝利すると有利」説を検証 巨人とソフトバンクが激突

記事まとめ

  • 巨人と福岡ソフトバンクホークスが戦う日本シリーズが10月19日に開幕
  • 巨人の原辰徳監督は「2戦目を取りたい」と独特の言い回しで『第2戦重視』を説いた
  • 川上哲治監督が『第2戦重視』を言い始め、森祇晶氏が同じ説を唱えたため球界の定説に

データで検証 日本S「2戦目に勝利すると有利」は本当か

データで検証 日本S「2戦目に勝利すると有利」は本当か

14年間で11度の日本一を経験した川上ジャイアンツ。日本シリーズ2戦目を落としたのは3度だけという(1973年。写真:時事通信フォト)

 10月19日、巨人とソフトバンクが戦う日本シリーズが始まる。過去3年の交流戦での対戦成績は巨人の5勝4敗だが、ソフトバンクは最近5年で4度の日本一を達成しており、短期決戦での強さも光る。今年、通算1000勝を挙げた巨人・原辰徳監督が前年の王者をどう切り崩していくか。原監督は15日の練習で報道陣に、「1勝1敗という数字が決まっているのならば、2戦目を取りたい」と独特の言い回しで『第2戦重視』を説いた。野球担当記者が話す。

「V9時代の巨人・川上哲治監督が『第2戦重視』を言い始め、V9の正捕手だった森祇晶が西武の監督で黄金時代を築いた時も同じ説を唱えたことで、球界の定説となりました。2戦目に勝つと、移動日も気分良く過ごせて3戦目に臨めるため、同じ1勝1敗なら、1戦目に勝つより2戦目のほうが良いという理論です」(以下同)

 1961年に就任した巨人・川上監督は14年間で11度のリーグ優勝を果たし、そのいずれも日本一に輝いている。そのうち、2戦目を落としたのは3度だけ。1986年に就任した西武・森監督は9年間で8度のリーグ優勝、6度の日本一に導いているが、日本シリーズで敗れた1993年、1994年はともに2戦目に負けている。

 やはり、2戦目を取ったほうが有利なのか。

 平成の日本シリーズで2戦目に勝ったチームの日本一回数を挙げてみよう。1989年から1999年までの11年では7回。1990年代までは、たしかに定説が当てはまっていたようにも思える。

 しかし、2000年から2009年までの10年では5回、2010年から2018年までの9年でも5回。必ずしも『第2戦を取ると有利』の法則が働いているわけではなさそうだ。

「ただし、2戦、3戦と連勝したチームは平成の30年で13例あります。そのうち、3連勝から4連敗した1989年の近鉄を除いた12例は全て日本一になっています」

 全て挙げてみると、巨人を4タテした1990年の西武、ヤクルトと激闘を演じた1992年の西武、長嶋茂雄監督が初の日本一に輝いた1994年の巨人、ID野球でイチローを封じた1995年のヤクルト、神戸に初の栄冠をもたらした1996年のオリックス、原監督初の日本一を4タテで飾った2002年の巨人、4試合で33得点を奪った2005年のロッテ、新庄剛志フィーバーに沸いた2006年の日本ハム、山井大介・岩瀬仁紀が「継投による完全試合」を達成した2007年の中日、星野仙一監督が宙に舞った2013年の楽天、秋山幸二監督が有終の美を飾った2014年のソフトバンク、DeNAを退けた2017年のソフトバンクという12例が残っている。このデータを見る限り、2戦目と3戦目に連勝すれば、日本一を手繰り寄せる確率がグッと上がるようだ。

関連記事(外部サイト)