ラグビー日本代表 最後までOne Teamを貫いた影の立役者は?

ラグビー日本代表 最後までOne Teamを貫いた影の立役者は?

「One Team」を掲げてベスト8まで勝ち上がったラグビー日本代表(撮影/藤岡雅樹)

 ラグビーワールドカップ日本代表。ベスト8と敗れたものの、その戦いは日本中を感動の渦に巻き込んだ。まさに「One Team」。その日本代表をOne Teamにした影の立役者について、長年、大学ラグビーを取材し続けてきたスポーツライターの木村俊太氏が、裏話を交えながらレポートする。

 * * *
 大会前はあまり盛り上がっていないのではとさえ思えたラグビーワールドカップ。ふたを開けてみれば、日本代表の快進撃もあり、大いなる盛り上がりを見せた。

 史上初のベスト8進出。その偉業はまさに日本中を巻き込む社会現象と言えた。日本代表は「One Team」となり、そして日本全土が「One Team」となった。筆者がその陰の立役者として挙げたいのが、センター(CTB)として全試合先発出場した中村亮土選手(28)である。

 筆者が考える中村のすごかったところは3つ。
(1)格上の相手に対しても、自らのフィジカルの強さを信じて、自信を持って当たっていくことで、チームを鼓舞する力
(2)日本代表が掲げる「One Team」をゲーム中に実践する力
(3)当たり前のことを当たり前にやった上で、状況に応じて、臨機応変に対応していく力

 ここまでの日本代表の試合を振り返りつつ、上記の3つについて、具体的な場面を確認しながら、見ていきたい。

 まずは(1)。これは、もはや言うまでもないかもしれない。彼の好タックルは枚挙にいとまがないが、例えばアイルランド戦の前半34分、相手を向こう側に倒す強烈なタックルを見舞い、ピンチを救った。後半2分には、ラインアウトを奪われ、ピンチになりかけたところでの好タックル。後半12分には、ハイパントを追いかけ、相手にプレッシャーをかけたことで、相手のノックオンを誘った。後半27分、ハイパントのボールが相手のキープレーヤーの一人ロブ・カーニーに渡るが、ハイパントを競っていた中村が追いかけてタックル。大きなピンチの芽を摘んだ。

 格上と思える相手でもひるまず前に出るプレーを見せたのは、もちろん中村だけではない。だが、「ここで止めてほしい」という場面で、ことごとく好タックルを決めている点は、やはり特筆すべきものだと思う。

 大きな舞台でその力を発揮できるのは、中村のこれまでの経験と実績、その過程での深い思考のおかげだと考えるが、それについて思い至る出来事が、2つ思い浮かんだので紹介したい。

◆さっさと日本代表に帰れ!

 1つは、2010年11月3日。中村が帝京大学1年生だったときの対抗戦、早稲田大学との試合だ。この日、中村はスタンドオフ(SO)として対抗戦初先発。対する早稲田大学のSO、いわゆる「トイメン」には、今大会を一緒に戦った山中亮平がいた。

 このときの山中はすでに日本代表キャップを持つ実力者。学生の中では、突出した存在だった。初先発の1年生と日本代表の4年生。格の違いは誰の目にも明らかだった。だが、中村がひるむことはなかった。ボールを持って前に出る山中に対し、中村は鍛えたフィジカルをぶつける。気がつくと山中は仰向けに倒れており、自分がその上に乗っかっていた。好タックルにスタンドも沸いた。試合後、中村はこう語っている。

「山中さんは日本代表。実力はかなり違うと思いますが、名前負けだけはしないようにと、思い切っていきました。タックルで止めた場面もあったので、よかったです」

 この日の中村のパフォーマンスはすばらしく、スポーツライターの藤島大氏も、試合後、「あの1年生(中村)は、いいね!」と、中村のプレーを絶賛していた。

 その後、同じポジションに、のちに東芝のキャプテンとして活躍する森田佳寿がいたこともあり、控えに回ることが多かった中村だが、2年生のときの日本選手権でのパフォーマンスが、当時の日本代表エディ・ジョーンズHCの目に留まり、日本代表合宿に招集されることになった。

 この年の春、中村は日本代表と帝京大とを行ったり来たりする、忙しいスケジュールとなる。しかも、それぞれ、求められるものが少しずつ異なっている。もちろん共通するものも多いのだが、一方で求められるものがもう一方では封印したほうがいいというケースも少なくなかった。

 このジレンマが表面化した瞬間があった。2012年5月20日、瑞穂ラグビー場で行われた、帝京大対トップリーグ・豊田自動織機との練習試合の前半だった。前に出る強さよりもスキル重視のプレーをしていた中村。これが帝京大・岩出雅之監督には「社会人に気持ちで負けている」と映った。そして、その気持ちの弱さがチーム全体に波及してしまっているようにも見えた。ハーフタイム、岩出監督から中村に檄が飛ぶ。

「そんな軽いプレーをして、何が『日本代表』か。そんなプレーしかできないのなら、このチームには必要ない。さっさと『日本代表』に帰りなさい」

 最後の一言は、当時はまだあまり強くなかった日本代表への皮肉にも聞こえるが、岩出監督の真意は「気持ちを前面に出せない選手は、試合に出るべきではない」というものだった。同時に、「日本代表」(当時は「候補選手」)の肩書を持つ中村に檄を飛ばすことで、チーム全体の緩い空気を引き締める効果も狙っていた。

 この檄はチームを変えた。5-17で前半を折り返していたが、後半は社会人相手でも気持ちで負けず、チーム全体がフィジカルで勝負し、どんどんと体を当てていく。中村の2トライなどもあり、この試合、33-24で逆転勝利を収めている。

 格上の相手にも気持ちで負けず、フィジカルで勝負していくこと。そして、その気持ちがチーム全体に伝播していくこと。この試合は、まさに今大会の中村自身の、そして日本代表の戦いにも似ている。

◆小さな成功をみんなで分かち合う

 最大のポイントとも言える、日本代表が掲げる「One Team」をゲーム中に実践していた場面も振り返っておきたい。

 また、アイルランド戦からプレイバックしてみよう。先ほども見た前半34分の好タックルの場面。このあと、相手ボールのスクラムになるのだが、日本が押し勝ち、ペナルティを獲得する。すると、中村はスクラムを組んでいたフォワード陣のところに駆け寄り、一人一人の頭をなでながら、抱き合って喜んでいた。後半24分には、相手ボールに姫野和樹が絡んで、ノットリリースザボールのペナルティを得る。すると、中村は遠くから駆け寄ってきて、フォワード陣一人一人に声を掛けて、ねぎらっていた。

 フォワードが頑張ったプレーに対して、バックスの中村がすばやく駆け寄ってきて、一人一人に声を掛け、褒めたたえているのだ。こうしたシーンは、大会を通じて何度も見られたのだが、こうしたシーン、実は、ただ感情的に喜んでいるのではなく、「One Team」のために中村が意識してやっていることなのだ。

 これは、今大会でもスクラムハーフ(SH)として活躍している流大が、所属先のサントリー(中村も所属)のキャプテンになったときに「小さな成功をみんなで分かち合うことで、チームを一つにしたい」と言って、サントリーでやるようになったものだという。中村はこう語る。

「サントリーで一時期、勝って当たり前、トライを取って当たり前という雰囲気が蔓延したときがありました。大(流)がキャプテンになったとき、その雰囲気を変えるために『小さな成功をみんなで分かち合おう』と話し合ったんです。

 スクラムを押したら、端っこにいるウイング(WTB)も駆け寄って、『ありがとう』と言って、フォワード陣を称える。WTBが独走トライをしても、フォワード陣に『フォワードがいいボールを出してくれたおかげだ』と言って称える。フォワードもWTBのトライに感謝する。それをやるようになってから、チームの雰囲気が、まさに『One Team』という感じで、すごくよくなったんです」

 仲間の「小さな成功」を自分のこととして喜び、同時に仲間に感謝し、認めて、褒めたたえる。褒められた方は頑張り甲斐があったとうれしくなるし、仲間に承認されることで次へのモチベーションも生まれる。こうしてサントリーが「One Team」となっていった手法を、中村は日本代表にも取り入れた。そして、それは今大会の重要な試合の最中にも行われた。最初は意識的にやっていたことも、いまでは当たり前になっている。

◆サントリーの営業マンとして学んだこと

 3つめの、当たり前のことを当たり前にやった上で、状況に応じて、臨機応変に対応していく力というのは、例えばこういうプレーだ。

 またまたアイルランド戦を例に取ると、後半18分、マイボールのスクラムでの攻撃。SH田中から中村が直接ボールをもらって、前に出て、相手のディフェンスにぶつかる。いい形で前に出て、ボールを出すと、すぐに立ち上がって、リポジションする。姫野が縦を突くが、このとき、左サイドの外側がチャンスだった。

 中村はSH田中に「こっちへボールをくれ」と合図を出してボールをもらうと、すばやく一人(隣の松島幸太郎を)飛ばして、CTBラファエレにパス。この瞬間に「2対1」の状況ができ、ラファエレがWTB福岡堅樹にパスして、逆転トライが生まれた。

 この場面、本人はおそらく、当たり前のことを当たり前にやっただけだと言うだろう。しかし、縦に突進して、当たって、すぐにポジションを整えるところまでは「当たり前」かもしれないが、そこから先は、状況を見て、臨機応変に判断をしている。

 マニュアル的な「当たり前」に加え、状況に応じた的確な判断、その場面に応じた個別対応をするというところは、以前、中村が語っていた話を思い出させてくれる。中村は所属先のサントリーでは、社員として法人営業に携わっている。その仕事についての話だ。

「営業職で酒屋の社長さんと商談することが多いのですが、ある社長さんに対して、マニュアル的に横並びで商談話を持っていったところ、それを見抜かれてしまったことがあるんです。『マニュアル営業はいらない。こっちは命懸けで経営しているんだから、他と一緒じゃなく、うちに対して最適な企画を持ってきてほしい』と言われました。当たり前のことを当たり前にやっているだけじゃダメだと、痛感させられた瞬間でした」

 日本代表のCTBとして最前線で体を張る中村は、会社の最前線で体を張る営業マンでもあった。そして、それらは彼の中で絶妙にリンクし、プレーにも営業にも相乗効果を生んでいる。

 現在28歳。次のワールドカップも十分にやれる。ここからの4年間で、さらに成長し続けてくれるに違いない。

関連記事(外部サイト)