阿部慎之助 シリーズ直前に美女らと決起会、一人で帰路

阿部慎之助 シリーズ直前に美女らと決起会、一人で帰路

胸板の厚さがきわ立っていた阿部選手

 引退の花道にと、頂点を決める日本シリーズまで進出した巨人の阿部慎之助捕手(40才)が少し早い決起会を開いていた。

 10月7日、セ・リーグ3位の阪神が、2位DeNAを破って、1位巨人の待つクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ進出を決めた夜、東京・西麻布の高級居酒屋で、大盛り上がりをしていたのだ。

 集まったのは男女10人ほど。男性陣は、体の大きな人ばかりで、その中で、ひときわ大柄な全身黒ずくめの服装で現れたのが、今季限りで19年のプロ野球の現役生活に終止符を打つ阿部選手だった。集まった女性陣は、モデルのようにスタイルのいいスレンダーな美女たち。

「阿部選手たちは個室にいたのですが、かなり盛り上がっていましたよ。部屋の外にまで女性の笑い声が漏れ聞こえてきていました」(居合わせた客)

 阿部選手といえば、2006年に一般人女性と結婚。3人の子供に恵まれたが、2012年に元グラビアアイドルとの不倫が報じられ、その2年後の2014年にも同じ女性との、ホテルでの密会が撮られた苦い経験がある。

「巨人一筋で、通算2000本安打で名球会入り。捕手としては史上3人目の通算400本塁打と、実績は文句なし。巨人軍史上最高の捕手として輝かしい実績を残しました。

 20年に1人の名選手として華々しく引退する彼は、原辰徳監督(61才)の後継として次期監督の座もほぼ約束されています。クリーンなイメージの中で、あの女性問題だけが、唯一の汚点でした」(プロ野球関係者)

 そんな彼は、多くのプロ野球ファンがラストプレーに注目しているこの時期に、恥の上塗りをすることはなかった。

 宴会は、深夜0時まで続いたが、黒いキャップにマスクをつけた姿で店を出てくると、そのままひとりでタクシーに乗り帰路についた。

 充分に英気を養った成果か、阿部選手は19日の日本シリーズ初戦で先制本塁打を放った。とても引退する選手とは思えないほどのスイングだった。

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)