崩れた神話──なぜ日本シリーズの視聴率は低迷したのか

崩れた神話──なぜ日本シリーズの視聴率は低迷したのか

日本シリーズはソフトバンクの4連勝で幕を閉じた(撮影:山崎力夫)

 日本シリーズ第4戦はソフトバンクが4対3で巨人を下し、4連勝で3年連続の日本一に輝いた。視聴率は初戦8.4%、2戦目7.3%、3戦目9.7%と1ケタが続いていたが、第4戦は11.8%と今シリーズで初めて2ケタをマークした(いずれもビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。

「通常の番組なら11.8%を取れば、今の時代ありがたいことですが、日本シリーズでこれは期待外れですね。日本テレビからしたらシーズン中、2ケタを見込めるレギュラー番組の代わりに、数試合はナイター中継をして1ケタに終わる。ゴールデン帯が1ケタに終われば、他局との視聴率争いで劣勢に立つので、できるだけ巨人戦ナイターはないほうがいいと考える。それでも、読売と関係性の強い放送局であるし、日本シリーズのこともあるから中継をする。しかし、唯一のドル箱と期待される日本シリーズの視聴率がこれでは……」(以下同)

 巨人が前回日本シリーズに出場した2013年は第3戦こそ16.3%だったが、他は全て20%以上を記録。日本テレビも第4戦の20.3%、第5戦の23.6%と高視聴率の恩恵に授かった。

「2013年は楽天が初優勝し、田中将大がシーズンで24勝0敗1セーブという前代未聞の成績を上げていたことで盛り上がった。巨人だけでなく、楽天のおかげでもある。それでも、2012年の巨人対日本ハムも1試合を除いて、全て17%以上。2000年代以降、野球中継の視聴率が下がり、地上波での中継がほとんどなくなったとはいえ、巨人が出る日本シリーズの数字は高いままでした。しかし、今シリーズはその神話が崩れました」

 過去3年の日本シリーズで視聴率1ケタの試合は、2018年広島対ソフトバンクが2回、2017年のソフトバンク対DeNAが1回、2016年の広島対日本ハムは0回だ。東京に本拠地を持つ巨人が関東地区の視聴率で1ケタ3回は厳しい。

「たしかにラグビーW杯と時間帯が重なったのは痛かったですが、3、4戦は強力な裏番組はなかった。しかも、1、2戦はラグビーだけでなく、他局のバラエティにも負けている。よく地上波だけでなく、BS、CSの視聴率も含める必要があるという意見が出ますが、BSやCSを合わせても雀の涙ほどにしかなりません。視聴者が日本シリーズへの興味を失っているのではないでしょうか」

 なぜ、今年は3回も視聴率1ケタを記録してしまったのか。

「ラグビーW杯という世界大会を見た後だと、国内大会がどうしても小さく見えてしまうという側面もあったと思います。高い視聴率を取るには、コアな野球ファンとは別の“にわかファン”も必要です。今年のシリーズは野球ファンしか見ていなかったのでは」

 巨人だけに低視聴率の責任を転嫁するのは早計だという見方もある。野球担当記者が話す。

「過去の例を見ても6、7戦目までもつれれば、視聴率はもっと上がったはず。なので、なぜソフトバンクの4連勝で終わったかを考えるべきでしょう。7年連続でパ・リーグチームが日本一になり、最近10年でセ・リーグの日本一は1回だけ。交流戦でパ・リーグが圧倒していることからもわかるように、セ・リーグと差が付きすぎている。これでは、日本シリーズ自体の価値が薄れ、視聴率が下がって当然。クライマックスシリーズがあることで優勝しなくても日本シリーズに出場できるという違和感も根強いでしょう。

 考えられる理由を挙げればキリがありませんが、プロ野球界やセ・リーグの工夫で改善できる点もたくさんあります。なぜ、セ・リーグはパ・リーグに勝てないのか。これを解消しない限り、日本シリーズの価値は下がる一方でしょうし、視聴率も上がらない。単に巨人の人気が落ちたという一言では片付けられない問題を抱えています」

 プロ野球界最大のイベントである日本シリーズの低視聴率という覆せない事実をプロ野球機構、セ・リーグはどう受け止めるか。指名打者制度の導入など、あらゆる改革が必要な時期に差し掛かっているかもしれない。

関連記事(外部サイト)