渋野日向子プロ 米ツアー参戦を左右する「2つの試合」

渋野日向子プロ 米ツアー参戦を左右する「2つの試合」

「進路決定」まであと1か月(写真/Getty Images)

 賞金女王獲得の成否が決まるよりも前に、プロゴルファー・渋野日向子(20)が重大な決断を迫られることになりそうだ。

 台風の影響で10月12日の第2日が中止となり、翌日の最終日は無観客のコースで9ホール開催となった女子ゴルフ「スタンレーレディス」で6位タイに入った渋野。賞金250万円を加算し、トップの申ジエ(31)とは約600万円差となった(10月17日時点)。

「本来、残り試合には1試合でも多く出場して賞金女王を狙うはずのところですが、渋野は11月1〜3日の『三菱電機レディス』を休んで台湾の米女子ツアーにスポット参戦することを発表した。その結果次第で、今後の“進路”を判断するのではないかとみられています」(ツアー関係者)

 8月の全英女子オープンで優勝し、来季の米女子ツアーに参戦できる権利を得た渋野だが、これまでは「国内ツアーに専念する」と明言してきた。

「それが、10月頭の日本女子オープンで初日と2日目、同組で米女子ツアーに参戦する畑岡奈紗(20)、ユ・ソヨン(29)とラウンドしたことで刺激を受け、考えが変わりつつあるようです。米国の難しいセッティングで常にプレーし、日本のコースを苦にしない2人の技術を目の当たりにしたことで、“もっと海外を経験しないといけない”と痛感したのではないでしょうか」(ゴルフ誌記者)

 そうしたなかで、発表されたのが台湾で行なわれる米女子ツアー「スウィンギングスカート台湾選手権」(10月31日〜11月3日)への出場だったのだ。

「渋野が持つ全英女子オープン優勝者としての来季の米女子ツアーの参戦権を行使するには、11月18日までに登録をしないといけない。日本ツアーの今季最終戦(ツアーチャンピオンシップリコーカップ、11月28日〜12月1日)よりも前に、判断の期日があるわけです。台湾の試合、そして日本開催の米女子ツアー『TOTOジャパン』(11月8〜10日)で結果を出せれば、“進路変更”を決断する可能性が十分にある」(同前)

 決断の秋は迫っている。

※週刊ポスト2019年11月1日号

関連記事(外部サイト)