W杯大一番に臨むオールブラックスへの愛 NZ出身美女が語る

W杯大一番に臨むオールブラックスへの愛 NZ出身美女が語る

オールブラックスの「ハカ」。試合開始前から圧倒される(AFP=時事)

 強い、強すぎる──。ジャパンの快進撃で日本列島が沸騰したラグビーワールドカップ日本大会において、ニュージーランド(NZ)代表「オールブラックス」の躍動を目の当たりにして、思わず感嘆した人は多いはずだ。

 キャプテンでナンバーエイトのキアラン・リードが攻守にわたってチームをリードし、今大会のMVP候補でフルバックのボーデン・バレットは目が覚めるようなスピードで相手を圧倒する。試合前に全員で披露するマオリの伝統舞踊「ハカ」の迫力も見どころの一つだ。

 予選プールでは強豪の南アフリカを下し、カナダ、ナミビアを寄せ付けず(イタリア戦は台風のため中止)、準々決勝では、予選で日本を苦しめたアイルランドを一蹴した。

 オールブラックスは1903年から2019年までのテストマッチ580回で勝率77.41%を誇り、ワールドカップは過去3回優勝。今大会では前人未到の3連覇に向け突き進む。

 南太平洋に浮かぶNZは人口およそ475万人、面積が日本の約70%という小国である。羊が2750万頭いるという自然豊かな島国がなぜ、ラグビーの「王国」たりえるのか。

「NZではラグビーは生活の一部です。ほとんどのNZ人は“やる”、“見る”、“教える”などでラグビーにかかわっています」

 こう語るのは、NZ出身で愛知県春日井市在住のナターシャ・ハニパリさん(43)。日本の子供たちに英会話を教える「キーウィ英会話スクール」を経営するナターシャさんが生まれ育ったのは、NZ南島南東部にあるオタゴ地方の小さな村だ。人口わずか2000人の小さな村には、芝生のラグビーグラウンドが2面あった。

「毎週土曜にラグビーの試合があって、おじいちゃんから大人、小さな子供まで村のみんなが集まります。クラブハウスではママたちがマッシュポテトやソーセージを振る舞い、子供たちはグラウンドの周りにある森を冒険します。NZはどこでも週末になるとラグビーに人が集まるんです。ほかにあまりやることもないから(笑)」(ナターシャさん)

 NZにおいてラグビーは単なるスポーツではなく、「地域の人と人をつなぐツール」としても機能しているという。

「NZではほとんどの人がラグビーと何らかのかかわりを持ちます。いま日本の若い人は“出会いの場がないから結婚できない”というけど、NZではカンタン(笑)。週末のラグビーの試合に地域のみんなが集まるから、そこで男女が出会って、その後バーに飲みに行ったりする。多くの日本人は人との交流の場がカイシャだけだけど、NZ人はラグビーを通じて『ソーシャルライフ(社会生活)』を送るんです。もちろん、ラグビーの上手な男の子は女の子からモテる(笑)」

 そう語るナターシャさんも、ラグビーをしていた父の影響で5才からラグビーを始めた。

「当時は“レディスはラグビーしないほうがいい”とも言われたけど、男の子に混じってボールを追いかけました。NZの男の子はほとんどラグビーをやります。11才の時に引っ越したオタゴの中心都市・ダニーデンでは“アンダー6(歳)”、“アンダー7(歳)”、“アンダー8(歳)”と1歳ごとにチームがありました。NZではできる、できないは別にして小さな子供もオールブラックスのやり方で練習します。どんなレベルの子供にもオールブラックスと同じ練習を取り入れるから、18歳で代表に選ばれるとすぐに活躍できるんです。

 私はハイスクールでもプレイしたけど、その時のクラブは現日本代表監督のジェイミー・ジョセフと同じチームで、隣の高校には現日本代表コーチのトニー・ブラウンがいました」(ナターシャさん)

“グラスルーツ(草の根)”でつながるラグビー界の頂点に立つのがオールブラックスだ。

「オールブラックスは強くてカッコよくてみんなの憧れです。日本でいうアイドル歌手くらい人気がある。NZでは5歳の子供が『将来はオールブラックスになりたい』と言います。オールブラックスの試合がある日は地域や学校のラグビークラブはすべてお休みで、みんな試合を見ます。勝てばニコニコだけど、もし負けることがあったら、『あのコーチが悪い』『あのプレイがよくなかった』ってみんなで言い合ってもう大変です。

 しかも選手は、ほかの世界のプロスポーツみたいに遠い存在ではありません。NZは小さい国だから、オールブラックスの選手が普通に近所のスーパーマーケットで買い物をしているし、みんな優しくフレンドリーで気軽に写真を撮ってくれます。決してロングノーズ(天狗)な人たちではありません」(ナターシャさん)

 ナターシャさんはオタゴ大学を卒業後、のちに夫となるアファ・ハニパリさんとともに知人の紹介で2002年に来日し、花園ラグビー場のある東大阪市の中学校で英語教師のアシスタントを始めた。そこで初めて触れた日本のラグビーには驚かされることが多かった。

「最初はサンド(砂)のグラウンドを見てビックリ。“ここグラウンドですか、これじゃラグビーはムリ、カワイソー”って思った。NZではどんな小さな村でも芝のグラウンドが当たり前で、砂のグランドなんて考えられませんでした。

 練習時間が長くて同じことばかりやっていることにも驚いた。NZの練習は週2回、それぞれ1時間半くらい。それにNZのコーチはほかのクラブのコーチともコミュニケーションをとってアイデアをシェアするけど、日本のコーチは『マイチームはマイチーム』のスタンスで他のコーチにあまり教えないところも気になりました」(ナターシャさん)

 現在、夫のアファさんは中部大学ラグビー部のヘッドコーチを務め、ナターシャさんも忙しい仕事の合間を縫ってクラブチームでプレイする。日本生まれの愛娘で小学6年生のメレジェーンちゃんも昔のお母さんのように男の子に混じってラグビースクールで汗を流している。

 異国の地でも変わらず生活の一部であるラグビーについて、ナターシャさんはこう話す。

「私が大好きなのは、ラグビーが持っている雰囲気かな。激しいコンタクトの試合をした後でも、選手たちはハグと握手を交わします。日本の女性は『なんで?』って驚くけど、私は『それがラグビーだよ』と言います。NZ人にとって、ラグビーのチームやクラブは家族みたいなもの。ラグビーはスポーツだけど、スポーツより大きいんです」(ナターシャさん)

 オールブラックスは10月26日にW杯3連覇に向けての大一番となる準決勝・イングランド戦を迎える。愚問とは知りつつワールドカップ優勝トロフィーの行方を問うと、彼女は力強くこう答えた。

「もちろん、NZが優勝すると思います。オールブラックスがいちばん強いから!」

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)