羽生結弦が「5回転ジャンプ」成功? 証拠動画争奪戦始まる

羽生結弦が「5回転ジャンプ」成功? 証拠動画争奪戦始まる

5回転には2回目のチャレンジで成功したとか(写真/共同通信社)

 この夏、カナダの名門会員制スポーツクラブ「クリケットクラブ」のアイススケートリンクで、世界中のフィギュアスケート関係者が腰を抜かす出来事が起きた。そのシーンを演じたのはほかでもない、羽生結弦選手(24才)だという。

「ここのリンクは羽生選手の練習拠点です。彼はここで前人未到の5回転ジャンプを跳んだというのです。コーチの1人はその衝撃の動画を持っているといわれ、今争奪戦になっています」(スポーツライター)

 フィギュアスケートが「4回転時代」に突入して久しいが、羽生選手は誰も成功していないクワッドアクセル(4回転半)に挑戦していたはず。それを飛び越えて、5回転とはどういうことか。

 遡ること9月14日。カナダで開催されたオータムクラシックインターナショナル2019で圧勝した羽生選手が、その公式練習後に5回転について言及した。

「4回転半を跳ぶためには回転数を上げる必要がある。そのために5回転を練習している、という説明でした。それからメディアがクリケットクラブのコーチ陣を取材し始めたのです。ハーネスと呼ばれる体を吊り上げる補助器具を使用しての練習で、羽生選手は8月に成功させたそうです。

 その時、ハーネスを支えるコーチの1人が“おれは力を入れていない”と叫んだようで、この情報が拡散されて“実質5回転成功”という話が飛び交った。動画は誰も見ていませんが、コーチの1人が持っているといわれています。まぁ、羽生選手自身が認めたわけではないので、なんともいえませんが…」(前出・スポーツライター)

 これまで5回転ジャンプを成功させた選手は誰もいない。仮に羽生選手が跳んだとしても、ISU(国際スケート連盟)がポイントを設定していないため、試合で成功させても加点はされない。

「だから、情報が本当でも今季はプログラムに入らない。来季以降でISUが得点を設定すれば、羽生選手が本当に5回転を跳べるのかどうかがわかるでしょう」(フィギュアスケート関係者)

 これまで圧倒的な強さを誇ってきた羽生選手だが、今年3月の世界選手権ではネイサン・チェン選手(20才)に敗れている。

「今年4月に仙台市(宮城)で行われたイベントで、すでに羽生選手は4回転半について、“夢じゃなくて、習得してマスターしたいもの。だから、4回転半を初めて公式試合できれいに決める人になりたい”と語っていました。“きれいに”と付け加えるあたりが、“ノーミス以外は敗北”という完璧主義者の羽生選手らしい」(前出・フィギュアスケート関係者)

 羽生選手は負けず嫌いで知られる。来年3月の世界選手権では、ネイサン選手への雪辱を果たすため4回転半が見られるのだろうか。

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)