外国人騎手が日本を訪れる理由は高額賞金だけではない

外国人騎手が日本を訪れる理由は高額賞金だけではない

外国人騎手はなぜ日本を目指すのか

 馬は来ないが「人」は来る──昨年行なわれた25の平地GIレースのうち、15勝は外国人騎手によるものだった。いまや日本の重賞レースに欠かせない存在となっている。競馬歴40年のライター・東田和美氏が、外国人騎手による日本競馬の国際化についてつづる。

 * * *
 現在8月に札幌競馬場で行なわれているワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)の前身は、昭和62(1987)年にスタート。近走で低迷していた馬が、外国人騎手の手綱によってガラリと変身することも多かった。

 平成6年、騎手短期免許制度がスタートする。いくつかの条件を満たせば、1年のうち3か月間に限って日本の競馬に騎乗できるというものだ。この制度を早い時期に利用したのが英国のムンロ騎手。同年ホッカイセレスで府中牝馬Sを勝ちGIにも騎乗した。また平成7年から毎年のように来日した南アフリカ出身のロバーツ騎手は10(1998)年に外国人騎手として初めて日本馬でGI(朝日杯3歳S=当時)を勝った。とはいえ、当初はGI、それもクラシックともなれば、外国人騎手を起用する陣営は稀だったし、来日する騎手もけっして多くはなかった。

「助っ人外国人」の力を見せつけたのはフランス人のペリエ騎手。やはり平成7(1995)年から毎年のように来日。14(2002)年からは3年連続して有馬記念を勝つなど、GIを12勝もした。とくに藤沢和雄調教師の信頼は厚く、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイなどを見事に覚醒させた。

 そして平成15(2003)年にはM・デムーロ騎手が皐月賞とダービーの2冠に輝き、17(2005)年の有馬記念ではC・ルメールが、ディープインパクトに土を付ける。この2人はその後も何度か短期免許で来日、27(2015)年以降はJRAの所属となり、その後の活躍ぶりはご存じの通り。いま日本の競馬は彼らを中心にして回っているといっていい。

 そのほかオーストラリアのウィリアムズ騎手、英国のムーア騎手などが、毎年春秋のGIレースに照準を定めて来日。今春は初来日のレーン騎手がGI2勝(他に大井の帝王賞)を含む37勝、勝率3割という驚異的な数字を残した。

 今秋も超一流騎手が何人も来日する。今週末の天皇賞(秋)の有力馬サートゥルナーリアには、かつて同じ角居厩舎のエピファネイアをジャパンカップで勝たせたスミヨン騎手が騎乗する予定。さらに11月以降は昨年の世界ランキング1位のデットーリ、2位のマーフィー、3位のムーア、4位のビュイックなどの来日も噂されている。

 彼らが日本を訪れるのは、世界一高額といわれる賞金が目的であることは間違いない。UAEや欧米、オーストラリアなどの最高峰のレースにはかなわないが、日常的に行なわれているレースの賞金は魅力だ。騎手が手にする進上金は5%、2勝クラスの特別レース1着の1500万円という額は、欧州では重賞賞金にも匹敵する。出走頭数が揃うので混戦になることも多く、「騎手の判断に任せる」傾向が強い日本の競馬は、アスリートとして純粋にやりがいがあるようだ。

 世界各地を転戦、毎日のようにレースに騎乗しているが、日本では週末だけ。空いている時間に過去のレース映像などをチェックすることができ、さまざまなタイプの馬に騎乗してきた経験が生きる。

 今年もすでにGI9勝。重賞などでは人気を集めるが、平場で人気薄の馬に騎乗したときこそ注意が必要だ。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

※週刊ポスト2019年11月1日号

関連記事(外部サイト)