福原愛の「モンスター義姉」 1000文字反省文の効果は

福原愛さんが「モンスター義姉」に悩み? 報道巡り義姉はSNSに1000文字超の反省文

記事まとめ

  • 元卓球日本代表の福原愛さんが、実は"小姑"との関係に悩んでいると知人が語った
  • 愛さんの小姑である義姉の江恆亘さんは9月に入ってから芸能界デビューが報じられた
  • 弟を溺愛しており、愛さん夫婦のプライベートを勝手に明かしてしまうという

福原愛の「モンスター義姉」 1000文字反省文の効果は

福原愛の「モンスター義姉」 1000文字反省文の効果は

台湾で暮らしている福原愛(撮影/平野哲郎)

 卓球の江宏傑選手(30才)との電撃結婚後、台湾で暮らしている元卓球日本代表の福原愛(30才)。

 10月12日には2才の誕生日を翌日に控えた長女・あいらちゃんのことを自身のツイッターにアップした。

「母として、あいらちゃんの願いを全部叶えてあげたいという愛情あふれる内容で、台湾でも大反響を呼びました。でも、その陰で愛ちゃんは悩みを抱えているようなんです…」(愛さんの知人)

 その悩みとは、子育てに関するものではなく、実は“小姑”との関係なのだという。

 愛さんの小姑である義姉の江恆亘さん(ジェン・リガ 39才)の芸能界デビューが、台湾の大手メディア『自由時報』の一面で報じられたのは、9月に入ってからのことだ。

「見出しには『福原愛』の名前が大きく載っていましたが、愛さん自身は記事が出ることを知らされていなかったようです。

 恆亘さんは美人でスタイルもよく、とても39才とは思えない“美魔女”ですが、性格は一筋縄ではいかないとの評判。弟を溺愛していることはよく知られていますが、テレビのインタビューで愛さん夫婦のプライベートを勝手に明かすので、愛さんが困っているとも伝えられました」(台湾のメディア関係者)

 愛さんの恆亘さんに対する困惑ぶりは海を越え、日本のメディアでも報じられたが、それに反応したのが、恆亘さんの友人たちだった。

「日本で『モンスター義姉』報道が出た後、友人たちがそれに便乗し、“日本の報道の通り、彼女はお姫様のようにわがまま”“性格がキツイいじめっ子”“彼女のことで愛さんが困っている”といった証言が相次いだんです」(前出・台湾のメディア関係者)

 これらの“証言”を受けて台湾では愛さんと義姉に関する報道がさらに過熱。それに耐えかねたのか、9月末、恆亘さんは自身のインスタグラムに1000文字以上にもわたる「反省文」を投稿した。

《もし誰かが大きな傷を負って挫折することがあれば、私はそうなる前に自分を犠牲にしてでもその人を助けたい。(中略)素直に何でも話すことが正しいことではないと思うし、もしかしたら相手を傷付けるかもしれない。でも、それは愛情なの》

 この反省文から約2週間後、愛さんは夫とともに友人の結婚式に参加。一緒に出席していた義姉とのツーショット写真をインスタグラムに掲載し、不仲説を打ち消した。

「恆亘さんが反省文を書いたのは愛ちゃんのため。表向きは仲がいいアピール成功ということでしょう。ただ愛ちゃんの本心はどうなのか…。どちらにせよ、なかなか濃い“小姑”からしばらく目が離せません」(前出・知人)

 雨降って地固まった!?

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)