清宮vs中村、大谷vs藤浪、坂本vs堂上、甲子園好敵手の明暗

清宮vs中村、大谷vs藤浪、坂本vs堂上、甲子園好敵手の明暗

中村奨成と清宮幸太郎(時事通信フォト)

 超高校級エースが主役となった今年のドラフトだが、2年前は「2人のスラッガー高校生」が人気を集めた。

 高校通算111本塁打の清宮幸太郎(早稲田実業)と、夏の甲子園で6本のホームランを放ち、大会本塁打記録を塗り替えた中村奨成(広陵)だ。

 7球団競合で日本ハムに入団した清宮はルーキーイヤーに早実の先輩・王貞治の1年目と並ぶ7本塁打をマーク。2年目には4番を任されるなどプロでも着実にスラッガーの道を歩んでいるが、一方、広島に入団した中村は一軍での出場はゼロ。現時点では、清宮に水をあけられている。

 しかも今季は春季キャンプで故障、実戦復帰の初戦で頭部死球を受けて退場するなど不運続きだ。

 広島OBの安仁屋宗八氏は、「DHでも出られる清宮と違い、捕手の中村はどうしても一軍出場のハードルが高い。木製バットへの対応力は悪くないので、まずは二軍で結果を残し、来季の昇格が期待されます」とエールを送る。

「二刀流」の活躍で、今やメジャーの最注目選手となった現エンゼルスの大谷翔平(花巻東)が日本ハムに指名されたのは2012年のドラフト。

 メジャー行きを公言する中での単独強行指名が話題を集めたが、このドラフトで高卒一番人気だったのは4球団競合の藤浪晋太郎(大阪桐蔭)だった。

 阪神に入団した藤浪もルーキーイヤーから活躍し、プロ50勝に到達しているが、近年の絶不調は周知の通り。

 右打者への“死球癖”は特に深刻で、対戦チームから「藤浪が投げるなら右打者は出場させられない」と言われているほど。トレード話もたびたび取り沙汰され、大谷を再び逆転するには時間がかかりそうだ。

 斎藤佑樹(早実)と田中将大(駒大苫小牧)の壮絶な投げ合いに沸いた2006年の夏の甲子園。だが、斎藤が早大に進学したためドラフトでは「打者対決」が注目を集めた。

 巨人、中日、阪神が指名し、中日が交渉権を獲得した堂上直倫(愛工大名電)と、外れ1位で巨人に入団した坂本勇人(光星学院)だ。

「巨人の顔に成長し、今季は40本塁打をマークしている。三冠王も狙える位置にいる坂本に対して、堂上が規定打席に到達したのは1年シーズンだけ。巨人にとっては“外れクジが大当たりだった”ことになる」(スポーツ紙デスク)

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)