五輪マラソン「札幌開催なら設楽悠太も出場させたい」の声も

五輪マラソン「札幌開催なら設楽悠太も出場させたい」の声も

札幌なら失速しなかった?(時事通信フォト)

 突然浮上した“札幌開催”に最も戸惑っているのは選手たちだろう。日本陸連は9月にマラソンの代表選考レースMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を開催し、中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)が男子3人枠のうち2人に内定した。

 MGCは気温のまだ高い9月に、五輪とほぼ同じ高低差に富むコースで開催され、本番に近い設定で力を発揮できる選手を“一発勝負”で選んだ。

 ところが札幌は8月の平均気温が東京より約6度も低く、しかも市内は平坦。環境がまるで違う。住友電工陸上競技部監督の渡辺康幸氏はこう危惧する。

「札幌の条件はスピードランナーに有利です。変更されれば、アフリカ勢が上位を独占する可能性が高い」

 折しもケニアのキプチョゲが10月12日、1時間59分40秒という人類初の“2時間切り”を非公認ながら達成した。

「食い込めるとすれば大迫傑選手(ナイキ)です。米国で世界のトップと磨いてきたスピードが持ち味です。中村、服部両選手に勝機があるとすれば、当日が東京並みの暑さになった時でしょう」(同前)

 MGCでこそ大迫は3位に終わったが、2時間5分50秒の日本記録保持者。福岡国際(12月)、東京(来年3月)、びわこ毎日(同)の3つのマラソンのいずれかで記録を更新する選手が出なければ、大迫が3人目の代表に決まる。

「ただ、涼しい札幌での開催なら設楽悠太選手(ホンダ)も出場させたいところ。MGCでは暑さで失速しましたが、札幌なら強みが際立つはず」(同前)

 設楽が記録を更新した場合は、大迫が外れることに。その時間はないとはいえ、“本番”で力を発揮できる代表を選ぶために「札幌MGC」を望む選手は少なくないのでは。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)