元日本代表・大八木氏が考える「日本ラグビーのこれから」

元日本代表・大八木氏が考える「日本ラグビーのこれから」

期待と課題を大八木淳史氏が語った(時事通信フォト)

 ラグビーW杯で日本代表が史上初のベスト8入りを果たし、列島は歓喜に沸いた。日本ラグビー協会はすでにヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏(49)に続投要請することを決めるなど着々と4年後を見据えている。そして忘れてはならないのは「どうやって国内にラグビー文化を根付かせるか」だろう。元日本代表でW杯の第1回大会に出場経験を持つ大八木淳史氏(58)が語る。

 * * *
 今回の日本代表の戦いには感動しました。実際にラグビーの試合を戦ってきた者として、試合でのしんどさ、プレッシャーを知っているだけに、感動したし、涙も流しましたね。

 ただ、熱しやすく冷めやすい日本人の気質からいえば、東京五輪が始まる頃には、この感動も忘れ去られることになりかねない。2015年のW杯で南アフリカから大金星をあげたときに脚光を浴びた五郎丸歩(33)だって、存在を忘れられかけている。

 サッカーや野球に引けを取らないスポーツとして定着させるためには、まず何より継続的に強い日本代表を作らなければなりません。今回のベスト8は協会とトップリーグのチームが足並みを合わせられたことが大きい。各チームが日本代表を優先する方針に協力したことで、今年だけで240日も代表に選手を拘束できた。他の国ではできない、日本独自の強化方法です。

 ボクたちの時代は会社(社会人チーム)優先だった。30歳で30キャップ(代表に選ばれ、テストマッチに出場した回数のこと)に達した時に、神戸製鋼の社長から“もう(日本代表は)ええやろ。うちの連覇のほうが重要や”と言われ、日本代表を辞退した。当時は日本代表より“オール神戸製鋼”のほうが強いとまで言われた時代でした。今とは日本代表の価値観が違っていたのです。

 自国開催のW杯のために成功した強化手法ですが、今回限りで終わらせないことが重要だと思います。選手のレベルアップとファン獲得を目指して、ラグビー協会の清宮(克幸)副会長がW杯の12開催都市に本拠地を置く新プロリーグを2021年秋に開幕させたいと発言しているが、採算ベースからいえば厳しいでしょう。トップリーグとは別に、定期的に日本代表クラスの選手と海外の有力選手たちがぶつかり合う試合を開催するなど、多くの日本人に激しい試合を生で観戦してもらえる機会を増やす工夫が必要だと思います。

 同時に、選手が安心してラグビーに専念できる環境作りも必要です。選手は引退後の人生のほうが圧倒的に長い。トップリーグは一部上場企業が母体の素晴らしいチームばかりなので、引退後も選手が社内で何らかのかたちでキャリアを重ねられるような道を整えることも大事だと思います。

 そして何より大切なのが、“未来の日本代表選手たち”のための環境作りです。今は公立中学にラグビー部がないことで、競技人口が限られてしまっている。高校に進学するための内申書には校内のクラブ活動しか書けず、地元のラグビースクールなどは認められていない。そのために中学生たちが、平日は別の部活に所属して、土日だけスクールでラグビーをするようなことが多くなってしまっている。結果、才能ある子供たちが別のスポーツに流れてしまうわけです。

 まずは公立中学、あるいは地域にラグビー部を作っていく。そしてトップリーグなどでのラグビー経験者が指導者になって、人材を育てていく。ラグビーを文化として根付かせるためには、地道な取り組みも必要でしょう。

関連記事(外部サイト)