地方競馬の衰退と復活、26場が15場になるも地道な努力で回復

地方競馬の衰退と復活、26場が15場になるも地道な努力で回復

門別競馬場は1997年に開業した日本で一番新しい競馬場

 平成初期、中央競馬10場の他、地方自治体が主催する競馬が行なわれる地方競馬場が26場もあった。しかし、今残っているのは15場しかない。競馬歴40年のライター・東田和美氏が、地方競馬の衰退と復活についてつづる。

 * * *
 昭和の終わりから平成初めの頃は中央競馬と同様、地方競馬も活況を呈しており、平成3(1991)年には、全国計9862億円という売上を記録した。しかしその年をピークに下降線をたどり始め、平成8(1996)年には6949億円と、わずか5年で30%もダウン、その後も下げ止まりの気配を見せなかった。

 黒字の時は自治体の財政に寄与していたが、赤字が累積すれば逆に圧迫する。競馬文化を支えようという機運はかき消され、ギャンブルの負のイメージとともに葬られる。

 平成13(2001)年に大分県中津競馬が廃止になってからは、足利・宇都宮・高崎の北関東3場をはじめ、地方競馬場らしい趣のあった島根県益田競馬場、山形県上山競馬場なども存続を断念。北海道でもナイター競馬が行なわれていた旭川や、ばんえい専門の北見競馬場なども廃止を余儀なくされた。

 そんな中でも中央競馬との相互交流は拡大していった。かつて大井のハイセイコーや笠松のオグリキャップなどが大舞台で走るには、中央競馬に移籍しなければならなかったが、平成7(1995)年以後、いくつかのステップをクリアすれば中央のGIレースに出られるようになった。

 この年笠松のライデンリーダーが4歳牝馬特別(現在のフィリーズレビューにあたる)で鮮烈な勝利をおさめて桜花賞で4着に好走、オークス、エリザベス女王杯にも出走した。また11(1999)年には岩手のメイセイオペラがフェブラリーSを制し、中央GIを勝った初の(そして最後の)地方競馬所属馬となった。さらに北海道所属のコスモバルクがGIの常連になるが、その後は中央で活躍する地方所属馬は減っていく。

 逆に地方競馬場で行なわれる交流重賞では、中央からの遠征馬が力の違いを見せつけることが多くて堅いレースばかりになり、馬券売上にもさほど効果が出なかった。

 競馬界に大きな影響を与えたのは「国際化」同様、人の動きだった。オグリキャップの主戦としても知られた笠松所属の安藤勝己騎手は、前述のライデンリーダー以降、限定的に中央馬でも騎乗、タイキポーラのマーメイドSなど重賞を勝っていたが、平成15(2003)年に中央に移籍。その後はGI 22勝を挙げる活躍をした。

 これに触発され、その後、地方のエースが続々中央に移籍。21(2009)年には大井の内田博幸が地方出身としてはじめて、中央のリーディングジョッキーとなった。小さな競馬場で、扱いにくい馬を御してきた経験が、存分に生かされたのだろう。

 中央集権化ばかりが進んでいるように見えるが、生き残った地方競馬の主催者は馬券販売の民間委託、名物レースの創設や独自のファンサービス、さらにインターネットの活用など、地道な努力を続けた。その結果、平成23(2011)年度の3314億円以降回復に転じ、黒字化も達成。30(2018)年度には6000億円を超えるまでに回復した。競馬場の数も開催日数も縮小しての数字だけに価値がある。

 首都圏でいえば、平日も大井、川崎、浦和、船橋のうちいずれかで競馬が行なわれている。スタンドなどの設備はだいぶ垢ぬけてきたが、飲食店などはやはりローカル感が漂う。それぞれの土地の空気を感じる中、かつて中央で名をはせていた馬が走っていたり、希少な種牡馬の産駒を見つけたりするのも楽しい。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)