大阪桐蔭「新・最強世代」へ 2年前を彷彿させるスター軍団

大阪桐蔭「新・最強世代」へ 2年前を彷彿させるスター軍団

西谷浩一監督率いる大阪桐蔭の「新・最強世代」の実力は?(写真:時事通信フォト)

 高校野球が大きな転換点を迎えている。来春の選抜から「球数制限」が導入される予定で、ひとりの大エースに頼るチーム作りではなく、分厚い戦力層を築くことが求められるようになっている。各校が対応を急ぐなか、中学時代から全国の注目を集める選手を多数入学に導いて育成し、高校球界をリードするのが昨年の春夏甲子園王者の大阪桐蔭(大阪)だ。激変する高校球界の実情を綴った新著『投げない怪物 佐々木朗希と高校野球の新時代』を上梓した柳川悠二氏(ノンフィクションライター)がレポートする。

 * * * 
“王政復古”の予感だ。昨年、根尾昂(中日)や藤原恭大(千葉ロッテ)ら“最強世代”を擁し、春夏連覇を達成しながら、今年は春夏いずれの甲子園も逃していた大阪桐蔭。春夏通算6回(同校としては7回)の甲子園制覇を誇る西谷浩一監督は、この秋の新チーム発足以来、「勝ちに飢えている」と話してきた。

「残念ながら今年は春、夏と甲子園に出られませんでした。その分、(夏に)じっくり練習はできましたし、新チームは勝ちに飢えているというか、甲子園に飢えている。前チームの悔しさが原動力になっている」

 秋の大阪大会を圧倒的な戦力で制した大阪桐蔭は、現在、開催中の秋季近畿大会でも準々決勝で難敵・明石商業(兵庫)を下し、11月2日の準決勝では智弁学園(奈良)と対決した。

 常にリードを許す展開だったが、8回までを1年生3人のリレーでしのぎ、5-5の同点で迎えた最終回はエース左腕の藤江星河(2年)が登板。流れを呼び込むと9回裏にサヨナラ適時打が飛び出し、競り勝った。

 普段は走者一、二塁の場面からでもヒットエンドランのような飛び道具を多用する西谷監督であるが、この日は手堅く送りバントで走者を進めた。

「走者をスコアリングポジションに置くことによって、少しずつ相手投手にプレッシャーを与えられたんじゃないかと思います。夏とは違って秋の大会は、発展途上の中で戦っていく。勝つことが何よりの勉強ですし、勝ったことで、決勝戦という舞台を経験できる。決勝戦はどこが相手でも、しっかり戦って、また勉強の機会にしたい」

 準々決勝の勝利で、来春の選抜出場はほぼ手中にしていた。だが、出場するだけではなく、甲子園を制すること、つまりは常勝を思い描いてチームをデザインするのが大阪桐蔭だ。西谷監督は、この試合で2年生エースの藤江ではなく、1年生の松浦慶斗を先発に起用した。その理由をこう話した。

「この先のことを考えて、練習試合ではなく、公式戦で先発のチャンスを与えたかった。だからこそ、今日は勝たないといけない、松浦に勝ち星をつけてやりたい。試合前、選手にはそう話しました」

 結果的に松浦は5失点したものの、堂々としたピッチングで試合を作った。松浦にも、自身が先発に起用された理由を訊ねた。

「監督からは、この先、勝つためには藤江さんだけじゃ勝てない、と。『(大阪桐蔭の)強い代というのは、先発ピッチャーが2枚、3枚はいる。(藤江以外の)先発で投げるピッチャーを育成していく』と言われました」

 北海道の旭川出身の松浦はMAX146キロを誇る大型左腕。従兄弟にソフトバンクの豪腕・古谷優人(2016年ドラフト2位)がおり、同じ左腕として投球フォームなどを手本にしているという。進学先に大阪桐蔭を選んだ理由をこう話す。

「北海道を出ることに意味がある。寮生活を送って、自分を強くしたいと思いました。ただ、自分のだけのことを考えたわけではなくて、北海道の人の思いを繋いで、北海道代表のつもりで来ました」

 大阪桐蔭では中学時代にU-15侍ジャパン、ボーイズジャパン、NOMOジャパンといった華々しい日本代表歴を持つ選手が全国から一堂に会して寮に暮らしている。

◆主力となる2年生と勢いのある1年生が躍動

 近年、甲子園の中継でも、中学時代の代表歴が放送されることも多くなり、中学時代の経歴は選手の能力を測るひとつの指標でもある。代表経験を持つ中学生の熾烈な獲得競争の様子は拙著『投げない怪物』でも詳述したが、その争いをリードするのが大阪桐蔭である。

 エースの藤江は、諫早ボーイズに所属した中学時代はボーイズ日本代表(2017年)に選出された経験を持ち、その評判は出身地の長崎、九州を飛び越え、全国区に鳴り響いていた。前チームからベンチ入りした藤江は、美しいフォームからスライダー、チェンジアップを投げ、試合序盤の球数の多さとスタミナの不安はあるものの、簡単には四球を出さない制球力も秀でている。来春以降の活躍次第では、ドラフト上位候補にもなり得る逸材であろう。

 今秋の大阪大会決勝で大阪桐蔭は、激戦区・大阪において最大のライバルであり、今夏の日本一校である履正社と対決。この試合の5回に右翼席に特大の3ランを放ったのが仲三河優太(2年)だ。栃木出身の彼は小山ボーイズ時代に侍ジャパンに選ばれ、世代ナンバーワンの呼び声が高い「投手」だった。

 大阪桐蔭に入学して間もない昨春から、ベンチ入りを争ってマウンドに上がっていたものの、今春から野手としての練習に重点を置くようになった。右翼手として先発した履正社戦では、初めて4番に座り、3ランを含む5打数4安打5打点という活躍ぶり。遊撃手と外野手の違いこそあれ、こうしたポジション歴は根尾が歩んだ道でもある。本人は今後も二刀流も貫くつもりだ。

「野手としての経験を投手としてのピッチングに活かせれば、他の投手にはない持ち味になると思います」

 前チームから主に3番を任されてきた西野力矢(2年)は、右の大砲だ。一本足打法で昨秋は本塁打を量産していたが、荒さも目立った(徐々に一本足打法ではなくなっていった)。大阪でも頂点に届かない悔しい1年を過ごし、新チームとなってからは状況に応じて軽打もみせるようになり、近畿大会の明石商業戦では、好投手の中森俊介から逆方向となる右翼席へ技有りの一発も放った。不安のあった三塁の守備も送球も、徐々に安定感が増してきた。

 1年生にも他に目立つ選手はいる。1番・中堅手の池田陵真は、小学生時代にはオリックス・ジュニアに選ばれ、カル・リプケン世界少年野球大会にも主将として参加し、世界一に貢献。昨年はU-15侍ジャパンの主将を務めた。広角に打ち分ける技術とミート力は、憧れる同校の先輩・森友哉(埼玉西武)を彷彿とさせる。

 さらに智弁学園戦に2番手で登板した関戸康介は、明徳義塾中時代(軟式)にテレビ番組『ミライモンスター』(フジテレビ系)に出演するなど、全国区の投手。3番手で登板した竹中勇登は池田と共に昨年のU-15侍ジャパンの一員だった。

 主力となる2年生と勢いのある1年生が躍動する大阪桐蔭は、なんだか既視感を抱くチームでもある。それは2年前の大阪桐蔭だ。エースの徳山壮磨(早稲田大2年)ら上級生を、根尾や藤原、柿木蓮(北海道日本ハム)ら下級生が縁の下から支え、選抜は優勝、夏の選手権大会でもベスト8に進出し、翌年の春夏連覇の下地を作った。

 栄枯盛衰は高校野球の常だが、再び、大阪桐蔭の一強時代が訪れ、現・1年生たちが「新・最強世代」と呼ばれているかもしれない。まずは11月4日、天理(奈良)との近畿大会決勝がその第一歩となる。

関連記事(外部サイト)