SBホークス3連覇支えたキーマンが語る「データ野球」の秘密

SBホークス3連覇支えたキーマンが語る「データ野球」の秘密

日本シリーズ優勝の歓喜に湧いたソフトバンク(撮影/山崎力夫)

 2019シーズンのプロ野球は、ソフトバンクホークスの日本シリーズ3連覇で幕を閉じた。読売ジャイアンツを4勝0敗で退け、CSファーストステージ第2戦から破竹の10連勝。この短期決戦の圧倒的な強さを支えたのが、12球団一といわれるチーム戦略室の存在だ。どのようなデータを準備し、それがどう結果に反映されたのか。チームのデータ戦略のキーマンである関本塁・データ分析担当ディレクターに、ホークスの誇るデータ野球の真髄を聞いた。

 現代野球において、データの存在価値は年々高まっている。日本プロ野球界の中で、そのデータを最も有効に活用しているチームが、福岡ソフトバンクホークスだ。

 投球や打球の回転数などを測定できる「トラックマン」はもちろん、「ファストモーション」と呼ばれるAIトラッキングシステムを本拠地ヤフオクドームに導入。メジャーリーグと同レベルのデータを計測できる仕組みが築かれている。

 野球におけるデータには、さまざまな種類があり、使用目的も分かれている。その中で「短期決戦」において重要となるデータとは──「一言でまとめれば、相手チームや選手の傾向ですね。たとえば、相手バッテリーの配球にどんな傾向があるのか。相手打者の得意なコースはどこか。逆に苦手な球種は何か。そういうデータです」(関本氏)。

 ただ、こうした相手チームの分析は、野村ID野球の時代からすでに行なわれてきた。従来のものと、ホークスのデータ分析はどこが違うのか。

「一概には比較できませんが、 データを効率よく蓄積できることによって、以前より精度が上がっていると思います」

 たとえば、相手投手を分析する時、ホークスでは、2つの視点からその特徴や傾向を探っていくという。

「一つは、球種を軸とした分析方法ですね。特定の投手のすべての投球データを球種ごとに振り分けると、傾向が見えてくることがあるわけです。たとえばジャイアンツでいえば、『菅野投手が左バッターに対して、ある球種を投げるときは、ほとんどこのコース』とか、『山口投手がこの球種をこのコースに投げてきた場合はほとんどボール』というもの。交流戦もありますし、来年の日本シリーズで再びジャイアンツと対戦する可能性もあるので、あまり詳しくは語れませんけどね」

 ホークスでは、これらの分析のために専用の解析アプリケーションを作成している。まず、トラックマンのデータと映像データを基に、その投手の全投球を、捕手から見たストライクゾーンのチャート上に点で配置。球種別に色分けもされており、視覚的に認識しやすい工夫も成されている。

 そこからさらに分かりやすくするために、球種ごとのデータを抽出。ストレート、スライダー、カットボール、ツーシームなど球種別にそれぞれ、ストライクゾーンのチャートで表示できる。また選手は、球団がライブリッツ社 (スポーツのデータ分析を得意とするIT企業)と共同で開発した専用アプリケーションを通して、それらのデータに24時間アクセス可能だ。

 今回特別に、「写真は撮らない」という条件でデータアナリストと首脳陣だけが共有する分析チャート画面をタブレットで見せてもらった。そこには日本シリーズ前の過去数試合で、ジャイアンツのある主力投手が投じたある球種のチャートが、ストライクゾーンを9分割した中のある1か所に固まって表示されていた。

 二つ目の視点は、打者ごとの分析だ。

「こちらはオーソドックスな分析です。たとえば、直近のセ・リーグのCSで阪神の近本(光司)選手にこういう攻め方を続けていた……という傾向を読み取れたら、ウチの似たようなタイプの選手にも同じ攻め方をしてくるのではないか。そういう分析をして、情報として選手に提供したわけです」

 こちらのデータに関しても、解析アプリ上で、ある打者に対してジャイアンツ投手陣がどのような配球をしたか、一目でわかるチャートが表示されるようになっている。

 12球団一といわれるホークスのデータ戦略は、最新技術によって支えられている。その優れた分析能力でジャイアンツの選手の特徴を掴み、日本シリーズで圧倒したのも納得だ。

 しかし、最近は日本球界でもデータ野球の重要性が浸透してきており、実際に各球団にデータ解析の部署が誕生している。多少の精度の違いは生まれるかもしれないが、どのチームにも、ホークス並の分析は可能なのではないだろうか。

「おっしゃる通りですね。ではウチのどこが優れているか……少なくともホークスでは情報を共有するシステムがしっかりと構築されています。そこが一番の強みでしょうね」

 現在、ホークスのデータ分析チームは5名構成。データ分析担当ディレクターである関本氏の下には、野手担当の加藤暁彦、バッテリー担当の吾郷伸之の2人のアナリストがいて、各ミーティングを担当している。

「ウチは個別に選手と担当コーチ、アナリストの3人でミーティングを行ないます。その個別ミーティングも全面的に信頼して、加藤と吾郷の2人に任せています。各選手、首脳陣、データ分析チーム、そこでデータをうまく共有できている点が強みだと思います」

 たとえば、アナリストが探り出した相手打者の傾向を捕手だけが理解して、リードに生かすのではない。コーチはもちろん、監督や投手もそのデータを把握している。文字通りチーム全体で情報を共有しているわけだ。

「たとえば、日本シリーズの時でも、『このバッターの初球は、何から入る?』『このバッターを2ストライクまで追い込んだけど、決め球は?』となった時、ピッチャー、キャッチャー、監督、コーチ、データ班で『せーの!』で答えを出し合ったら、ぴったり一致したと思いますよ」

 工藤公康監督が「データを重視するタイプ」で、データに明るい点も、ホークスが短期決戦に強い要因の一つだろう。

「毎試合前に首脳陣とデータに関するミーティングを行なったのですが、こちら側から『こういう傾向が……』と示したとき、監督は『うん、そうだろうね』と、既に頭に入っているような反応でしたね。いつ寝ているのか(笑い)」

 ただ、こうして分析した対戦相手のデータを生かす上で最も大切なことは、「まずは自分を知ること」だという。

「極端な例を出すと、相手バッターがフォークボールに弱い傾向があったとしても、こちらのピッチャーの持ち球にフォークボールがなかったら意味がありません。では、どうするのか? 代用できる球種はあるのか? また、たとえフォークボールを持っていたとしても、最近調子が良くなく、抜けることが多いので、あえて使わない方がいいのではないか……そういうところまで、データ・情報を共有してこそ、有効に活用できるのだと思います。孫子の兵法ではありませんが、『敵を知り己を知れば百戦殆うからず』ですね。その精神が徹底されているのが、ウチのデータ戦略の一番の強みだし、日本シリーズでの強さにもつながったんだと思います」

 単純にデータがあればチームが強くなるわけではない。選手たちが、データを生かしたプレーを実現してこそ試合に勝つことができるのだ。では、その手助けのために必要な環境とは──データ分析チームは、そこまで理解した上で情報共有の概念を導入している。ホークスの黄金期は、これからも続くだろう。

◆取材・文/田中周治

関連記事(外部サイト)