メダル獲得でバーベルに頬ずり 三宅宏実が抱くグッズへの感謝

 ロンドン五輪での銀メダル獲得に続き、リオ五輪でも銅メダルを獲得した女子ウエイトリフティング48kgの三宅宏実選手(30)。今回の五輪で銅メダルを決めた試技を成功した直後、バーベルに駆け寄り、頬ずりをするシーンが印象に残っている人も多いだろう。あの姿から三宅が道具を大事にしている様子が見て取れたが、なぜあのような行動を取ったのか。彼女はアスリートを支える「道具」「モノ」「グッズ」に対しどのような思いを抱いているのか。三宅が語る。

「グッズというのは、私の練習のパートナーで、これがあるからずっとウエイトリフティングをやっていけるというほど、大切なものです。それぞれのモノには、それを作ってくれる職人さんがいたり、開発してくれる人がいたりと、大勢の人がかかわっている。そういう道具があるからこそ、私はウエイトリフティングができているんだなっていつも思っています。モノがなければ私はこの競技ができていないわけですからね。

 たとえば、ウエイトリフティングにしても、重いものを毎日下に落とす……という競技を私はしているわけです。ただ、選手によっては自分のシャフト(バーベルの棒部分)を足蹴にしたりする人もいます。そういう人を見ると私自身は、少し寂しい気持ちになってしまいますね。自分の使っている道具を大切にするというのは、自分のことを大切にするのと一緒。シャフトはもちろん、自分が着用するTシャツなどのウェアひとつだって、みんな私と一緒に頑張ってきてくれているもの。仲間なんです。だから、その子たちを大切にしてあげるというのはすごく大事なことじゃないかと思っています」(三宅、以下「」内同)

 こうした「モノ」への感謝がまずあったうえで、三宅が大切にしているグッズを紹介してもらった。まずは、「シャフト」についてだ。メーカーは埼玉県・八潮市に作業所を構えるウエサカティー・イー。三宅は過去、某テレビ番組で、シャフトを作る職人の工房を動画で見せてもらったことがあるという。これらは1本1本オーダーメイドで作るもので、その巧みな職人技を目の当たりにした。以後、自分の使っている道具を本当に大事にしないといけないと感じるようになった。

「工場で、4人くらいで毎日1本1本シャフトを作っているんです。機械で作るという方法もあるのでしょうが、機械だと細かいところまでいきわたらない部分もあるそうです。それを見た時に、日本の職人さんの技術はクオリティが高くて、すごいな……と感銘を受けました。そして、こういうものに自分が支えられているんだなということを改めて痛感しました。

 シャフトは海外のメーカー製を使うこともありますが、日本製はやっぱり最高です。全然手触りとかが違うんですよ。握り手のところにあるざらざらした感触とか、心地よさとかが。今使っているシャフトも日本メーカーのものですが(上記工場のもの)、十数年も一緒にやっているので、心地よさが全然違います。あと、毎日使っているので、その時握った感触で、その日の調子もわかります。今日は手に吸い付くから調子がいいなとか、今日はちょっとダメだなとか」

◆企業はアスリートにいかに協力するのか

 まさに道具と一心同体といった状況だが、三宅に対しては五輪選手ということもあり、多くの企業が道具を提供したり、意見を聞き、開発の参考にすることも。その中の一社、三宅が使用するシューズの製造元・アシックスの広報担当は「選手のパフォーマンスが上がるよう、サポートをしています。動作分析を行うなど選手に合った商品開発をしています。選手用の別注はさまざまなケースがありますが、三宅選手など、多くの選手の場合、市販品をベースに、選手の足型・身体特徴、競技特徴、好み等の個別の要素、要望を元に靴型、材料、一部パターンやソール構造の変更などを行っています」と語る。

 選手によって足首の硬さが異なるため、三宅は自分で硬さを調節できるタイプのシューズを使用。靴底の角度がほんの0.1㎜違うだけで、大きく違いが出るのだという。また、踵が斜めになっているものと、フラットになっているタイプなどがあるなか、その微妙な違いだけでも違和感を持ってしまう。そこで三宅も同社に自分に合う靴底の硬さや角度を調整してもらっているのだとか。元々三宅は底の部分に空洞が空いているタイプを使用していたが、最近のウエイトリフティングの世界では、はフラットなタイプを使うことが増えている。そこで、同社にフラットなタイプを開発してもらったものの、最終的には時間的問題もあり履きなれず、空洞があるタイプのものに戻し、メダルを獲得した。

 企業の協力についてアシックスは「全てはアスリートファーストで行っております。各競技において、よりパフォーマンス向上のために選手と研究開発を行っています。これらの知見をもとに、一般の方においてもパフォーマンス向上に繋がればと思っています」と説明した。

 また、三宅は練習着は着心地の良さ、肌触りの良さ、汗の吸収の良さなどを基準に選んでおり、ウエイトリフティングチームのスポンサーであるミズノ製のものを使っている。裾が長いものは好きではないため、若干サイズが短めのものでより快適な練習を実践している。

 ウエイトリフティングの場合、腰を痛めぬため、革製の太いベルトが必須。これについては「これがしっくりしないと、なかなか決まらないものです……。ほかの選手もみんなそうだと思うのですが、何個か付け替えてみて、自分に一番合うものを選んでいく感じ。私が使っているのは、ハーツというメーカーのものですが、ここ数年はこのベルトを使っています。腰に巻いた時のフィット感がいいんです」とのこと。取材をした9月末日段階では腰のリハビリ中だったが、年内はしっかりと治していきたいと語った。

◆睡眠・ゲンかつぎ――微妙な差が勝負を分ける

 そして、アスリートは練習や本番だけでなく、日々の生活でも道具の微妙な差を重要視する。一日の3分の1を占める「睡眠」の面においては、マットレスのエアウィーヴを使用。同社のマットレスは高反発で寝返りを打ちやすく、睡眠中に余計な筋力を使わないため、快眠がもたらされるという。

「もともと眠りに対してかなり敏感なので、眠るときのサポートが本当に大事なんです。寝具が合わない時は、夜中に何度も起きてしまうこととかもあります。あと、ウエイトをしているせいで、腰が反ってしまうことも多いので、寝具が体に合わないと体に負担になってしまうんです。

 また、ちょっと沈みが深かったり、手触りが悪くなると落ち着かない。そのため、ベッドっていうのは私にとって本当に大事なんです。次の日、しっかり練習するためには、睡眠がすごく大事で。睡眠不足になると、集中できないし、ケガをしやすくなります」

 微妙なところで成績を左右するようだが、同社の寝具一式を提供されてからは「かなり寝つきがよくなりました。いまは寮にも持って行っています。リオ五輪のときも選手村に一式(枕、布団、敷布団、マットなど)持っていったら、とてもよく眠れました。また、私と同室だった選手も、同じようにエアウィーヴを一式持っていったのですが、彼女もすごくリラックスして眠ることができたと言います。様々なタイプを選べる仕様になっていて、練習現場で実際に自分の体にどれだけ合うかを試し、6種類の中から『Bタイプ』を選びました。他は、Bタイプの人とEタイプの人が3人ずつくらいいましたね(*注)」

(*注:タイプの選択はあくまでもリオ五輪選手向けに同社が行った取り組み。一般は対象外)

 他にも三宅は「ゲンかつぎ」を行うことも。赤が「勝負色」とのことで、なるべく勝負の時には赤いTシャツを着ている。普段の練習時は黒いTシャツが多いものの、バンテージ等の小物を赤にするなど、赤で統一することも多い。リオでは、ブラジルは国旗の黄色と緑を意識し、黄色いバンテージを使った。試合当日は黄色か赤で悩んだ末に黄色で本番に臨んだ。さらには、「勝負タオル」まであるのだという。

「以前、JUDY AND MARYのYUKIさんのツアーコンサートグッズのタオルを持って行ったので、今回もYUKIさんのタオルを持っていきました。『FLY』というアルバムのグッズなのですが、それも、全色揃えています。赤もありましたが、練習のときから黄色を使っていたので、リオでは黄色を使いました」

 遠征先でも自分にとって心地よい環境を作ることは、非常に大切だと三宅は語る。

「遠征では、合宿先に自宅のお気に入りグッズを持っていくようにしています。『大吉』と書いてある猫の置物や、オーラソーマを置いたりとかね……。あと、お香やアロマグッズも。あと、母が『いつも持っていなさい』という水晶の置物とかもあります。これら全部のセットがないと落ち着かないので、どこへ行くときも持ち込んでいます。だから荷物が重くなってしまうのですが、居心地の良い環境づくりには欠かせないです」

 そして、最後に自身の考えるモノ選びの基準についてはこう語る。

「私は毎回、試合前には、自分のなかの『選抜組』を全部一式用意して、試合に臨むんです。でも、不思議なことに、自分の気持ちに迷いがある時は、使うグッズもうまく決まらないんですよね。逆に、気持ちがまとまっているときは、すっと持っていくものも決まる。そういう自分の気持ちのバロメーターを知る上でも、自分が使うコスチュームやタオル選びはすごく大切だな……と思っています」

 2020年の東京五輪については「ラストチャンスなので4年後を見据えてぜひトライしたいです」と宣言した。

■撮影:渡辺秀之

関連記事(外部サイト)