ラグビーに劣らず活躍の日本男子バレー 目立たなかった理由

ラグビーに劣らず活躍の日本男子バレー 目立たなかった理由

「龍神NIPPON」はW杯4位という快挙を成し遂げた(時事通信フォト)

「今回のワールドカップは、日本代表がマジですごかったな!」──こんな話題ともなれば、多くの人が思い浮かべるのはラグビーワールドカップ日本大会の日本チームの快進撃のはずだ。

 9月20日に開幕したラグビーW杯。同月28日に日本が強豪のアイルランドを撃破すると注目度が一気に高まり、ベスト8をかけた10月13日の日本×スコットランド戦は視聴率39.2%(関東地区の平均)をマークした。フィーバーは過熱の一途をたどって新聞やテレビはラグビー一色になり、10月20日の準々決勝・日本×南アフリカ戦は視聴率41.6%(同)を記録し、今年放送の全番組で堂々の1位となった。

 準々決勝敗退後もジャパンの面々はテレビなどに引っ張りだこで、年内の話題を独占しそうな勢いだ。来年開かれる東京五輪の七人制ラグビーに、W杯で大活躍した福岡堅樹(27)、松島幸太朗(26)の“Wフェラーリ”の出場を求める声まで高まっている。

 だが、この“にわかラグビーフィーバー”に「ちょっと待ってください」と苦渋に満ちた声を挙げるのは、長年バレーボールを取材してきたスポーツライターだ。

「10月1日に開幕した男子バレーボールのワールドカップで、日本チームは通算8勝3敗で1991年のW杯以来28年ぶりの4位に輝きました。主力の出場を控えた国があるとはいえ、2年前のワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)を5戦全敗で終えた日本チームにとっては事前の予想を大きく覆す破竹の勢いだったのに、哀しいことにこの大健闘がほとんどニュースにならなかったんです……」

 確かに一足先に開幕した女子バレーの日本チームは通算6勝5敗と苦戦したものの、男子チームは初戦で強豪イタリアにストレート勝ちし波に乗ると、これまでW杯で勝ったことのなかったロシアにも勝利。W杯史上初となる5連勝で迎えたブラジル戦では、今大会を無敗で完全制覇した相手から1セットをもぎ取り本気にさせ、最終戦の相手カナダにもフルセットの末に競り勝った。

 長身揃いの“進撃の巨人”たちの中でもひときわ目を引いたのが、23歳のスーパーエース・石川祐希の大爆発だ。

 石川は愛知・星城高校在学中に2年連続高校三冠を果たし、世界最高峰プロバレーのイタリア・セリエAでもプレーする日本最高の逸材。素質は誰もが認めながら度重なるケガに悩まされるガラスのエースだったが、肉体改造を施して臨んだ今大会は絶好調だった。

 石川の必殺技は、相手コートのネット近くに鋭い角度でボールを叩きつける“超インナースパイク”だ。初戦のイタリア戦では、バックアタックすると見せかけ相手ブロックを引きつけ、空中で体勢を変えて味方にトスする“エアー・スイッチ”を披露。観戦した男子高生が帰り道で「とんでもないものを見た!」と興奮するスーパープレーだった。

 W杯デビューとなった19歳の西田有志も獅子奮迅の活躍を見せた。西田は高校3年生でVリーグ男子最年少デビューを果たした期待のホープで、サウスポーから繰り出す弾丸サーブを決めた後の“咆哮”がウリ。

 カナダ戦では最終第5セット9対9というヒリヒリする状況で、観客全員が“ここでスーパーサーブを決めてくれ”と念じる中、6連続得点のうち5本のサービスエースを決めて、チームに劇的な勝利をもたらした。あまりに出来過ぎの展開に、ツイッター上では「漫画だとしてもやりすぎ」と騒がれたほどだ。

「石川の超インナースパイク」を牽引力に勝ち進んだ男子バレーだったが、残念ながら話題となるのはラグビーW杯の「姫野のジャッカル」ばかりだった。「吼える男・西田」は「笑わない男・稲垣」の存在感に圧倒され、「龍神NIPPON(*注1)」の注目度は「ジェイミー・ジャパン」に遠く及ばなかった。フタを開けてみればテレビやスポーツ紙、一般紙のバレー報道はほんのわずかで、大会日程が丸かぶりのラグビーに“全部持っていかれた”のだ。

 もともとバレーは4年間にグラチャン、世界選手権、W杯、オリンピックと世界大会が多く、世界大会は4年に1度のW杯のみというラグビーより飽きられやすい面があるかもしれない。関係者の中には、「米津玄師にテーマ曲を作ってもらいたかった……」と嘆く者(*注2)もいて、「バレー協会の広報体制がひどい」と報じた週刊誌もある。

「来年はいよいよ東京五輪の本番なのに7人制ラグビーに注目が集まり、日本伝統のバレーボールがなかなか盛り上がらないことに危機感を抱く関係者は少なくありません」(前出・スポーツライター)

 それでも今大会に開いた花は大きな希望となる。振り返れば、ラグビー日本代表もW杯開幕までの期待度は決して高くなかったが、本大会まで積み上げたハードワークを励みに、自分と仲間たちを「信じる心」を持ち続け、世の中の評価を一変させた。

 石川・西田という2枚看板と全員バレーを武器にして、上昇気流に乗ったまま2020東京五輪まで突っ走る──それができれば、男子バレーにとって1972年ミュンヘン五輪の金メダル以来48年ぶりのメダル獲得という、「ビクトリーロード」が見えてくるはずだ。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

【*注1:龍神NIPPON/2009年に一般公募から選ばれた全日本男子バレーチームの愛称。ちなみに全日本女子バレーチームは「火の鳥NIPPON」】

【*注2/歌手の米津玄師はラグビーをテーマにした池井戸潤原作のドラマ『ノーサイドゲーム』のテーマ曲『馬と鹿』を作詞作曲。今大会中もラグビー特集のBGMとして多用された】

関連記事(外部サイト)