ACL決勝に臨む浦和レッズ 川崎サポーターの檄に応えられるか

ACL決勝に臨む浦和レッズ 川崎サポーターの檄に応えられるか

熱き浦和のサポーター(EPA=時事)

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)はアジアのクラブチームにとって最も権威のある大会である。優勝チームは400万ドルの賞金とクラブワールドカップへの出場権を手にする。今年は浦和レッズがアル・ヒラル(サウジアラビア)とアジアの頂点をかけて戦うことになった。サッカーライター・麻野篤氏がレポートする。

 * * *
 選手たち、そして多くのレッズサポーターにとっても、まったく予期せぬ光景だった。11月5日に埼玉スタジアムで行われたJリーグ第32節。ホームの浦和は、リーグ3連覇の望みを残す川崎相手に0-2の敗戦。完敗ともいえる内容だった。

 無理もない。チームは週末にACL決勝1stレグとなるアウェイの大一番を控えている。この日は主力を温存し、前節の鹿島戦から8人の先発交代を行っていたからだ。

 普段なら敗戦を受け入れられないはずの多くのレッズサポーターも、この日は違った。当日の深夜便で決戦の地サウジアラビアに向かう選手たちを拍手で送りだしたのだ。ブーイングなどで選手をネガティブに追い込んではいけない、少しでも選手にいいパフォーマンスを発揮して欲しい、という温かくも最大限の配慮だった。

 さらに想定外の出来事は、その後に起きた。

 先発を外れた興梠慎三、槙野智章らがピッチ脇で試合後のクールダウンのランニングをしながらアウェイスタンドの前を通ると、川崎サポーターから自然発生的に拍手と声援が湧きあがったのだ。

「がんばってこいよ!」
「Jの力を見せろ!」

 驚いたことに川崎サポーターは、「Jリーグを代表してレッズにアジアチャンピオンになってほしい」という気持ちをストレートに選手たちにぶつけてきたのだ。

 当初は困惑気味だった選手たちも状況を理解して反応しはじめる。ベテランの阿部勇樹はペコリと頭を下げ、興梠も軽く手を挙げて応じる。そして、リーグきってのエンターテイナーである槙野が、煽るように両手を振り上げると、川崎サポーターからはさらに大きな歓声があがった。

 昨年までJリーグ2連覇を果たしている川崎は、過去ACLに7度出場もベスト8の壁すら破れていない。黄金期ともいえる充実ぶりで臨んだ今季もグループリーグで敗退と、アジアの分厚い壁には跳ね返され続けている。

 浦和は、むしろその逆だ。リーグ優勝は1回にとどまっているのだが(ステージ優勝は除く)、ACLでは抜群の勝負強さを発揮してすでに2度の優勝を果たし、今季は3度目のアジア王者に王手をかけている。

 Jリーグチャンピオンチームのサポーターからしても、ACLタイトルは憧れであり、日程や移動の過酷さなどを十分リスペクトしたうえでの、週末のビッグマッチへの彼らなりのエールだったのだろう。そしてそれは、多くのJリーグサポーターが内包しているものなのかもしれない。SNS上では、浦和を後押しするような他サポの声も少なくないのだ。

 ただ、当の浦和にしてみれば、ポジティブな要素ばかりではない。何といっても現在の浦和は、J1の残留争いに巻き込まれている。特にACLの決勝トーナメントが始まった8月27日以降は過密日程にも悩まされ、8試合で上積みした勝ち点はたったの6にとどまっている。

 しかも前節のアウェイ鹿島戦では、あろうことか大槻毅監督が鹿島MF永木亮太を片手で突き倒して退場処分となっている。確かに、自らの眼前でMFエヴェルトンと激しく競り合った永木のプレーに熱くなり、選手を守ろうとする側面はあったのかもしれない。サポーターの中には、「組長がやってくれた!」と胸のすくような思いを抱いた者もいただろう。

 だが、スポーツの場での暴力は絶対に許されるものではない。どんな事情があるにせよ、これを肯定してはサッカー自体が成り立たない。事の重大さは監督本人が一番自覚したのだろう。試合の翌日にはクラブからの処分(制裁金100万円)の発表と共に、行為を詫びて両チームの関係者に謝罪を表明している。

 当然だろう。クラブの理念として青少年の健全育成への寄与を掲げ、「異なった意見や価値観であっても、まず相手の意見を受け入れ、互いを理解しようとするオープンマインドを持てるよう努めます」(浦和レッズの行動規範より)と表明しているクラブで、指揮官が相手選手に手を出すというのは、暴挙以外の何物でもない。このことは胸に刻んでおきたい。

 結局、サポーターに強い印象を残した鹿島戦も川崎戦も勝ち点は1つも獲得できなかった。J2降格も絵空事ではなくなった。しかし、この2試合で得たものも確実にあるはずだ。お互いをリスペクトした選手、サポーターの振る舞い。そして、Jリーグ代表としての自覚と矜持だ。それらを背中に感じながら、彼らはアウェイの地に向かった。

 もちろん、チームにとっては帰国してからの残り2戦がJ1残留の運命を握る状況に変わりはない。

 しかし、ここはひとまず目の前のACLにフォーカスして、とにかく勝ち点なりアウェイゴールなりを持ち帰ってきてほしい。エースの興梠慎三はサポーターに向けてこんな言葉を発した。

「簡単に勝てる相手ではないのは全員がわかっていますが、チーム一丸となって歯を食いしばって戦ってきます」

 数々の試練を乗り越えて、3度目のアジア王者を目指す。

関連記事(外部サイト)