日本人として初優勝狙う白鵬に待ったをかける4人の力士

日本人として初優勝狙う白鵬に待ったをかける4人の力士

日本人として初優勝を狙う(時事通信フォト)

 初日を迎えた大相撲九州場所に並々ならぬ気合いで臨んでいるのが、横綱・白鵬だ。狙うのは「日本人として初の優勝」だという。

「白鵬の日本国籍取得が官報で告示されたのは9月3日だったが、直後の秋場所は初日に北勝富士(小結)に寄り切りで敗れ、2日目から右手小指の骨折で休場。あっさり休場したのは、“日本人として初めての場所で全勝優勝したかったのに、土をつけられて一気にやる気をなくしたから”とも囁かれた」(担当記者)

 ただ、秋場所後に国技館で開催された全日本力士選手権では12年ぶりに優勝。「日本人での初優勝、いいもんだね」と上機嫌でコメントしてみせた。

「こういったトーナメントは、横綱はさっさと負けて帰りたがるので、大関や関脇の力士が優勝することが多い。ところが、“日本人になって初”にこだわる白鵬はやる気満々だった。もちろん、九州場所はそれ以上の気合いでしょう」(同前)

 白鵬は新元号・令和になってから優勝がない。5月場所は全休、7月場所は12勝3敗にとどまり、9月場所も途中休場した。

「令和になって初、日本人として初の優勝を一気に実現する気です。内弟子の炎鵬(前頭6)と石浦(前頭11)が先場所勝ち越して幕内にとどまり、2人を露払いと太刀持ちに従えての土俵入りもできる。本人は、舞台は整ったと考えているはずだ」(協会関係者)

 もちろん、上位陣にはそんな白鵬に一泡吹かせてやろうとするガチンコ勢が揃っている。

「人一倍、気合いが入っているのは場所前に結婚会見した大関・高安です。本来ならご祝儀場所だが、ガチンコ相撲の高安に義理立てする力士はいない上にカド番。絶対に負けられない。大関に復帰した貴景勝は秋場所の優勝決定戦で左大胸筋を部分断裂して万全ではないが、師匠だった貴乃花親方と犬猿の仲の白鵬の野望を簡単に許すつもりはないでしょう」(若手親方)

 さらに関脇には先場所優勝した御嶽海、大関を陥落して10勝で復帰を狙う栃ノ心が控える。

「白鵬は来年の東京五輪開会式での土俵入りを実現した後に引退というシナリオを思い描いている。日本国籍を取得したことで引退後に親方として協会に残る環境も整った。すでにドラマチックな引き際の演出まで考えているようだ」(同前)とされるが、先ばかり見ていると、思わぬところで足をすくわれることになるかもしれない。

※週刊ポスト2019年11月22日号

関連記事(外部サイト)