巨人OBが分析する原巨人の課題 打線、守備、機動力は…

巨人OBが分析する原巨人の課題 打線、守備、機動力は…

OBからは厳しい声が相次いだ(時事通信フォト)

 5年ぶりのリーグ優勝を果たすも日本シリーズでは無残な4連敗に終わった原巨人。どう再建すべきなのか。日本シリーズ4試合で計10得点と、貧打に苦しんだ打線を課題に挙げたOBもいる。

 ヤクルト、巨人、阪神で4番を任された広澤克実氏(57)が語る。

「今季は坂本(勇人、30)や丸(佳浩、30)、それに岡本和真(23)といった主力にバントのサインを出すシーンがありましたが、とくに岡本のような主砲には出すべきではないと思います。かつての巨人は、ONはもちろん、落合博満さんや清原にバントのサインは出さなかった。主軸にバントをさせるのがいい作戦、名監督というような傾向があるが、どうかなと思いますね」

 代打の切り札として活躍した“コンコルド打法”の淡口憲治氏(67)は、「チーム打撃の意識」が必要だと説く。

「ソフトバンクは外国人も含め、追い込まれると逆方向を意識していたのに対し、巨人は強引さばかりが目立った。空中戦に頼っていてはチャンスが広がらない。繋ぐバッティングの意識が大切です。

 来季からは阿部(慎之助)ちゃんが二軍監督になりますが、日本シリーズでもホームランを打った彼の打力に頼っている部分があった。一発頼みの状況から脱却する必要がありますね」

 イチローと二人三脚で“振り子打法”を生み出した実績を買われ、巨人の打撃コーチも務めた河村健一郎氏(71)はこう語る。

「原監督の言うようにDH制を導入すれば、FAで獲得した選手や有り余っている外国人も活かすことができ、打線に切れ目がなくなるので、たしかに巨人に有利に働くでしょう。ただ、巨人はリーグ優勝をしたわけで、戦力が不足しているということではない。むしろ、相手のミスに付け込むしたたかさや、ひとつでも先の塁を盗む貪欲さに欠けているのが問題です」

 河村氏が指摘するように、日本シリーズでは勝負所の走塁ミス、手痛いエラーが試合展開を悪くした。

 V9時代を“守備の名手”として支え、長嶋政権で守備走塁コーチも務めた黒江透修氏(80)が、守備の欠陥を指摘する。

「若手の守備が伸びず、セカンドとサードを固定できないのが課題ですね。今季、セカンドでの起用が多かった山本(泰寛、26)が、第2戦ではサードでエラー、第4戦ではセカンドで併殺を焦って悪送球した。4番の岡本もサードで固定したいところだが、日本シリーズでもエラーやミスが目立った。ファーストや外野に回されることもあった。V9時代がそうだったように、常勝球団はポジションを固定できています。

 こうした守備のミスが起こるのは、基本ができていないから。守備コーチが“基本のキ”を教えないといけません。基本ができないから応用が利かないのであって、ファインプレーを意識してやるものではありません。秋季練習から来季にかけて、徹底して鍛え直すべきです」

 V9時代に内野を全て守れるスーパーサブとして活躍した上田武司氏(73)は、「若手の経験不足」を危惧する。

「山本のエラーが典型で、若い選手が日本シリーズなどの大舞台に立つと、地に足がつかない。そんなに難しい打球じゃないのに後ろへ逸らしています。若さ、経験不足が大きい。若いうちからサードやセカンドなど複数ポジションを守るユーティリティとして起用するのは限界がある。原監督が“コイツで戦う”と決めた選手は固定して起用すべき。そうすれば、自然と大舞台でも安定してプレーできるようになる」

 6度の盗塁王に輝いた俊足でリードオフマンとしてV9に貢献し、現在は巨人OB会会長を務める柴田勲氏(75)は、巨人の機動力をこう評する。

「今季は原監督が“どんどん走れ”とハッパをかけ、リーグ2位の83盗塁をマーク。機動力がないわけではない。

 ただ、日本シリーズではソフトバンクが4盗塁で、巨人は0でした。ソフトバンクの周東(佑京、23)のように“代走のスペシャリスト”と呼べる選手がいなかったことが大きいでしょう。そんな若手を育てると、ここぞという時の試合運びに余裕が出るでしょうね」

※週刊ポスト2019年11月22日号

関連記事(外部サイト)