東京五輪マラソン 札幌でなく軽井沢開催を提案すべきだった

東京五輪マラソン 札幌でなく軽井沢開催を提案すべきだった

札幌よりも良い場所が…?(イラスト/井川泰年)

 東京五輪の第二次チケット抽選販売の受付が締め切られた。マラソンについては受付初日までに開催日程が確定していなかったため、今回は発売されていない。五輪での実施内容をめぐってゴタゴタ続きのマラソンは、もっと混乱が少ない変更が可能だったのではないか。経営コンサルタントの大前研一氏が考察する。

 * * *
 札幌開催となった2020年東京五輪のマラソンで男子の日程前倒し案が浮上していた問題は、従来の計画通り大会最終日の8月9日に実施されることになりそうだ。当初、大会組織委員会は競技後に出場選手が東京での閉会式に参加できるように日程を早める方針を示したが、IOC(国際オリンピック委員会)から最終日実施を模索するよう促されて元に戻すという。まさに“迷走”である。

 そもそもマラソンが札幌開催になった経緯は、あまりにも不透明で不可解だ。それを不服とする小池百合子・東京都知事の「合意なき決定」という皮肉を込めた言葉ばかりがクローズアップされたが、IOCという国際的な組織がこうした問題を決定する場合、密室会議の結論を強権的に押し付けるのではなく、複数の代案を俎上にのせてオープンな議論をすべきである。今回の混乱はIOCの欠陥を曝け出したものであり、五輪を真の「アスリートファースト(選手第一)」にするためには、ゼロベースの改革が必要不可欠だ。

 実際、今回のマラソン・競歩のコースについても、国内で議論すれば、もっと良案が出たかもしれない。

 たとえば、長野県軽井沢町なら8月の平均気温は20.5度(最高気温25.9度、最低気温16.7度/※気象庁のデータ。1981〜2010年)だ。東京の平均気温26.4度(最高気温30.8度、最低気温23.0度)より5〜6度低く、札幌とほぼ同じである。

 軽井沢には浅間山麓の海抜約1000mに42.195km以上の距離を確保できる長い林道コースがあるので、それを整備するか、国道18号線を使えば小諸往復コースが設計できる。北陸新幹線で軽井沢〜東京間は1時間だから、マラソン選手は東京での閉会式に十分間に合う。マラソン・競歩の札幌開催は、IOCが独自に考えたのではなく、日本側から入れ知恵した人間がいるはずだが、それなら軽井沢を提案していれば問題の多くは解決しただろう。

 東京五輪は、そもそも招致の時点から大きな疑問符が付く。東京の「立候補ファイル」には7月24日から9月6日(パラリンピック閉会日)の開催日程について「この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である」と書いてある。

 だが、東京の7月下旬〜9月上旬が温暖と言うのは、最高気温が40度超で湿度も高い6月のインドのデリーが快適と言うのと同じくらい不適切だ。招致した人たち(当時の猪瀬直樹知事や竹田恆和JOC会長ら)は今回の混乱の責任を取るべきだろう。

 新国立競技場も、予算オーバーなどの理由でザハ・ハディド氏の斬新なデザイン案をキャンセルして隈研吾氏のデザインになったが、ドームでなくなったため炎天下の酷暑にさらされながらの競技と観戦が避けられなくなった。その一方では、マラソンが札幌開催になったことで、東京都が約300億円を投じた暑さ対策の道路舗装やミストシャワーなどが無駄になってしまった。会計面においても全く整合性のない泥縄式の運営であり、開いた口が塞がらない。

 私が小池知事の立場だったら「招致した2代前の知事が理想的な気候だと強弁したが、それは間違っていたのでアスリートファーストにする」と自らイニシアチブをとり、マラソンは軽井沢への変更を提案する。それを機に五輪はマネーファーストのIOC支配にピリオドを打ち、開催国主導で真のアスリートファーストに転換すべきだと思うのである。

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事(外部サイト)