体操・鶴見虹子、引退後は身長3cm伸び「芝居に挑戦したい」

体操・鶴見虹子、引退後は身長3cm伸び「芝居に挑戦したい」

小柄な選手が多い体操界でも際立って小柄だった(時事通信フォト)

 小柄な選手が多い女子体操選手のなかでも、さらに小柄だった鶴見虹子さん(27)。2009年、ロンドンで開催された世界選手権の女子個人総合で銅メダルを獲得したときも表彰台でひときわ小さい姿が目立った。「小柄だからこだわった美しく見せる技術」など、小さな体格での悩みだけでなく、武器になったことについて鶴見さんに語ってもらった。

 引退してから身長が3cm伸びて143cmになりましたが、150cmくらいになりたいですね。体操選手は小柄な人が多いのですが、その中でも私は小さい方でした。そもそも家族全員が小柄で、父は160cm以下で、母も150cm以下。姉は私と同じくらい。靴のサイズは21.5cmなので、オシャレしたくても服や靴の選択肢が限られてしまうのが悩みです。

 体操では、小柄な体格が武器になることもあります。たとえば段違い平行棒では、高いバーから低いバーに飛ぶ際に、背の高い選手は脚がバーに当たらないよう開脚します。それでもバーに当たって減点されることがありますが、私は開脚する必要がない。何も気にせず飛んでいました。逆に跳馬は不利。身体が大きい選手のほうが、よりダイナミックに飛ぶことができるからです。概して欧米の選手は体格も良くパワーがありますが、華奢な日本や中国の選手は技術で勝負します。私自身も基本技術をしっかり磨き、いかに美しく見せるかを考えていました。

 体操を始めたのは5歳の時です。姉が習っていた体操教室に通い始めたのがきっかけで、本格的に習い始めたのは小学校4年生になってから。北京五輪への出場に導いてくれた中国人コーチの陶暁敏先生に「頑張ったらオリンピックに行ける」と言われて、「よし、頑張ろう」と。そこから毎日学校が終わった後、6時間の練習に通いました。

 小学校5年生の頃はやめたくて仕方がなくて、毎日泣いてばかりいました。1メートル以上もの高さの平均台で、難易度の高い技を練習したりするわけですから、本当に怖くって。やらないと帰れないし、失敗すると痛い。毎日が恐怖心との戦いです。ここまで頑張ったんだから今更やめられないという気力だけで、体操を続けていました。

 頑張ったかいがあって、2006年に全日本選手権で優勝できたときは嬉しかったです。一番印象に残っているのは17歳の時、2009年の世界選手権です。個人総合で銅メダル、段違い平行棒で銀メダルを獲得。体操女子の世界大会では43年ぶりのメダルとなり、私の競技人生で最高の成績を残せました。メダルは予想外でしたが、満足のいく演技ができたし、それを評価してもらえた。努力が報われた瞬間でした。

◆体操から「お芝居」へ

 4年前に引退して、いまは普通に食事ができる幸せを感じています(笑い)。選手時代は、少しでも体重が増えると体の動きが鈍くなるので、厳しい食事制限を課して、体重を一定にキープする必要がありました。でも昔から料理するのが大好き。自分で作った料理を家族にふるまうことで、食べられないストレスを発散していました。意外かもしれませんが、作るだけで心は満たされるんです。

 今振り返っても、体操をしていた頃は過酷な日々を送っていたなぁと思います。恐怖や空腹、身体の痛みと戦いながら必死で体操と向き合っていましたから。体操でやり残したこと? まったくありません。実はこれからお芝居の道にチャレンジしたいと思っています。体操同様、精一杯頑張りたいです。

●つるみ・こうこ/1992年生まれ、埼玉県出身。元体操女子日本代表。5歳の時、姉の影響で体操を始める。2006年、14歳の若さで全日本選手権の個人総合で初優勝、以降、6連覇を果たす。2008年北京五輪、12年ロンドン五輪では体操女子のエースとして活躍、2009年世界選手権では個人総合銅メダル、段違い平行棒で銀メダルを獲得。2015年11月の全日本団体を最後に引退。

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事(外部サイト)