角居勝彦調教師、調教は時計より「評価」に注目

角居勝彦調教師、調教は時計より「評価」に注目

角居勝彦調教師

 競馬新聞はその印通りに馬券を買っても儲からない。勝ち馬を予想するための材料を提供してくれるものだと心得るべきだ。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、競馬新聞で重視すべきポイントについて解説する。

 * * *
 新聞の朝刊、だれもが読むのは「今日のお天気」だそうです。トップ記事でも社説でも一面下部の名物コラムでもない。やっぱりお天気が大事なんですね。

 では競馬新聞は? 読者の精読度合いは一般紙の比ではありませんね。その中でも注目は「調教欄」。ファン必読の情報といわれます。

 調教欄をどう読み取ればいいのか。ときおり聞かれます。

 その答えはひとまず置いておいて、昔の調教欄は分かりやすかった。各厩舎とも、同じような強い追い切りをこなしていて、調教欄を比べれば、馬の能力差がだいたい分かったものです。新馬戦などは、6割がた能力どおりの決着だったように思います。

 でも、今は分かりにくくなっている。厩舎ごとに調教パターンが違うからです。目ぼしをつけた馬が2頭いるとして、馬場条件が同じでも、タイムの良いほうが強い、とはなかなか言い切れない。調教には明確な目的があり、当然それは厩舎によって、競走馬によって異なります。

 タイムを出したい調教もあれば、そうでない場合もある。

 たとえば、馬独特の走りグセを矯正する調教もあります。引っかかるクセさえ克服すれば勝ち負けに持っていける。そんな馬の調教のタイムが芳しくないからといって、「この馬は走らない」という判断は早計かもしれません。同じモノサシで馬を比較することが難しいんですね。

 しかも、同じ馬の同じ調教なのに、調教評価は新聞によって微妙に違うこともある。冒頭に触れた朝刊のお天気情報。これはどの新聞でも同じですが、競馬新聞の調教欄は記者の見解がはさまります。

 それは、調教師が正直にコメントをしないから(笑い)。

 2頭併せで、先行させた馬を抜かせるように目論んだものの抜けなかったとします。そういう調教の意図は、こちらからは言わないものです。記者に聞かれたとしても、「先行馬はオープン馬だし、抜かせるような調教じゃなかった」なんてケムにまくかもしれない。

 なにも、私の性格が悪いというわけではなく、調教師とはそういうものなのです。たとえ信頼できる記者に対してでも、「そう簡単に分かられてたまるか」という思い(自負?)が、調教師にはあるように思います。

 前回の「3頭併せの、ゴール板を超えてからの加速」も、調教師がコメントしない限りは、調教欄には出てきません。調教は公開しているのだから、それをしっかり見て判断すればいいという思いです。

 でも時々「遅れも手応え余裕あり」とか、「終いの伸び不満」などと言い当てられていることもあります。「このひと追いで良化」というのはある意味決まり文句ですが、そういう思いの時は確かにあります。

 これは、そのトラックマンの眼力もありますが、調教直後の若手騎手や調教助手に取材した結果の場合も多い。馬から下りた直後は、そうそうシラはきり通せないものです。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、トールポピー、エピファネイア、ラキシス、サンビスタなど。

※週刊ポスト2017年2月17日号

関連記事(外部サイト)