伊藤みどり、比嘉一貴、アルトゥーベ… 小兵アスリート列伝

伊藤みどり、比嘉一貴、アルトゥーベ… 小兵アスリート列伝

表彰台に上がるとこの通り(時事通信フォト)

 プロ野球界には若松勉や福本豊がいた。相撲界では舞の海や炎鵬が。そうした競技に限らず、小さな体でもスポーツの世界で大活躍する選手たちがいる。様々な競技から、代表的な最強小兵選手たちを紹介しよう。(敬称略)

●藤本佑子(154cm、女子バレー)

 1964年、21歳の時に日紡貝塚から東京五輪日本代表に選出され、金メダルを獲得。「東洋の魔女」と称えられた代表チームのなかでもひときわ背が低かったが、回転レシーブの名手として世界を驚かせた。東京五輪で採用された女子バレーボールは、五輪競技での最初の女子団体競技だった。

●伊藤みどり(145cm、フィギュアスケート)
 1989年世界選手権で女子初の3回転アクセルを成功させ優勝。1992年アルベールビル五輪で銀メダルを獲得。国内では中学生だった1985年から全日本選手権8連覇を達成。日本人初の世界フィギュアスケート殿堂入りを果たした。

●三宅義信(158cm、重量挙げ)
 法政大学在学中の1960年ローマ五輪で銀メダルを獲得後、東京五輪、メキシコ五輪を連覇。メキシコでは双子の弟・義行(153cm)も銅メダルを獲得、日本で唯一、同一大会同一種目で兄弟が表彰台に立った。続くミュンヘン五輪を含め、4大会連続出場。義行の長女・宏実(147cm)もメダリスト。

●宿澤広朗(162cm、ラグビー)
 早大時代に大学選手権と日本選手権を連覇、2年生で日本代表に選出される。ポジションはスクラムハーフ。1989年、38歳で日本代表監督に就任、同年5月にスコットランドを破る快挙を果たす。2006年、三井住友銀行取締役在職中に心筋梗塞で死去。享年55。

●比嘉一貴(158cm、ゴルフ)
 10歳からゴルフを始め、沖縄県民ジュニア3連覇などアマチュア時代から注目を集める。2018年、アジアン下部ツアーBTIオープンで初優勝、国内ツアーでも2019年RIZAP KBCオーガスタで初優勝を果たす。平均ドライバー飛距離270ヤード。24歳。

●杉原輝雄(162cm、ゴルフ)
 1957年プロ入り後、通算63勝は尾崎将司、青木功に次ぐ歴代3位。1997年がんの告知を受けるも、生涯現役を貫くために手術を拒否、投薬治療でツアー出場を続けた。2010年中日クラウンズに出場、同一大会連続出場の世界新記録を樹立。翌2011年死去。享年74。

●ホセ・アルトゥーベ(167cm、野球)
 ベネズエラ出身。MLBで最も身長が低いヒューストン・アストロズの現役メジャーリーガー。ポジションはセカンド。20 11年のメジャーデビュー以降、9年間の通算打率は.315。14年、イチロー以来13年ぶりに首位打者と盗塁王を同時に獲得。2017年はリーグMVP。2017年ホームラン王のジャッジは201cm。

●スパッド・ウェブ(170cm、バスケットボール)

 1985年のNBAドラフトで、4巡目87位でデトロイト・ピストンズに指名を受け、1991年から1995年までサクラメント・キングスで活躍。身長170cmながら、垂直跳び117cmの驚異的なジャンプ力でNBA通算8072得点4342アシストを記録。1986年にはNBAオールスター・スラムダンクコンテストで優勝。出演したミズノのCMキャッチコピーは、「小さかったら高く跳べ」。

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事(外部サイト)