福本豊、吉田義男、千葉繁、若松勉… プロ野球界小兵列伝

福本豊、吉田義男、千葉繁、若松勉… プロ野球界小兵列伝

引退後は軽妙な解説が人気の福本豊(時事通信フォト)

 伝説の剛腕・沢村栄治を凌ぐ躍動感で球場を沸かせた慎重156cmの浜崎真二投手(阪急)を始め、日本のプロ野球の歴史には、身長のハンデを乗り越えて活躍した“小さな大選手”たちがいる。代表的な選手を紹介しよう。(敬称略)

■吉田義男(167cm)

 1953年に阪神タイガースに入団。翌1954年には盗塁王、1964年には打率3割を記録。在籍した17年間、不動のレギュラーとしてショートで活躍。華麗で堅実な守備から「牛若丸」と呼ばれた。1969年に引退。その後、3度にわたり阪神の監督を務めた。

■荒川博(163cm)
 1953年に毎日オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団、オールスターに選出されるなど、打率.315を記録。翌1954年から外野手のレギュラーとして定着。1961年に引退し打撃コーチに就任。王貞治が入団すると、一本足打法を伝授して“世界の王”に育て上げた。

■弘田澄男(163cm)

 1971年にドラフト3位でロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団。当時、プロ野球界で最も低い身長でありながら、非凡な打撃センスを発揮。入団後11年間、2桁の盗塁を記録するほどの俊足で、阪神に移籍後も外野手としてチームに貢献した。

■若松勉(168cm)

 1971年にドラフト3位でヤクルトアトムズ(現東京ヤクルトスワローズ)に入団。1年目から打率3割をマークするなど、数々の記録を打ち立て、「小さな大打者」と呼ばれた。2度の首位打者に輝き、1978年にはチーム初の日本一に貢献した。

■千葉茂(167cm)
 1938年に東京巨人軍(現読売ジャイアンツ)に投手として入団。その後、守備範囲の広い名二塁手として活躍。ファイトあふれるプレーから愛称は「猛牛」。どんな球もライト方向に打ち返す名打者として知られ、川上哲治、青田昇らとともに巨人の黄金期を築いた。

■大石大二郎(166cm)
 1981年に近鉄バファローズに入団。2年目に二塁手の定位置を掴み、新人王とダイヤモンドグラブ賞を獲得。1984年の球宴では巨人・江川の9連続奪三振を阻む。1992年オフ、近鉄史上初の日本人の1億円プレイヤーに。通算415盗塁は球団記録。

■三原脩(168cm)
 1934年に大日本東京野球倶楽部(現読売ジャイアンツ)に契約選手第1号として入団。怪我で1938年に引退したが、戦後に監督として復帰。その後、他球団で監督を歴任し、西鉄で3連覇を達成、大洋では初制覇に導いた。名采配で知られ、「魔術師」の異名をとった。

■福本豊(169cm)
 1969年に阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)に入団。当初から俊足が注目され、1970年に初の盗塁王に輝く。以降、13年連続盗塁王を獲得。1065盗塁はいまだに破られることのない大記録で、「世界の盗塁王」と称賛された。

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事(外部サイト)