最後の松坂世代・久保康友 西武復帰の松坂大輔に抱く思い

最後の松坂世代・久保康友 西武復帰の松坂大輔に抱く思い

メキシコから松坂世代の久保康友がメッセージ

 かつて「松坂世代最後の大物」と呼ばれた元DeNA・久保康友(39)は、日本から1万キロ以上離れたメキシコの地でプレーを続けている。今季はメキシコリーグのレオン・ブラボーズに所属し、奪三振王のタイトルを獲得。地球の裏側でプレーを続ける久保が、古巣・西武に復帰して現役続行を決めた松坂大輔にエールを送る──。

「今、野球は趣味みたいな感じ。世界中を旅したいから野球を続けている」

 そう笑いながら語る久保は、来季で40歳を迎える。90人以上がプロ入りした黄金世代も不惑を迎え、NPBで現役の選手は和田毅(ソフトバンク)、藤川球児(阪神)、渡辺直人、久保裕也(共に楽天)、そして12月3日に古巣・西武への復帰が発表された松坂の5人のみ。海外で現役を続ける久保は、松坂の決断を特別な思いで見たという。

「松坂は本当に野球が好きなんやね。ソフトバンク辞めて中日に入った時が一番驚いた。もしオレが右肩痛やケガで満足に投げられないようになったら、日常生活に支障をきたすと感じて野球を辞めているよ。

 もともとオレは何も持っていないから、野球で自分の能力を信じたことが一度もない。だから『できない人間』の気持ちがわかる。壁にぶつかるなんて小学生のころから日常茶飯事。でも、多くのプロ野球選手は違う。天才は一度挫折をしたら、どうしていいかわからなくなる。それで心が折れて消えた選手を何人も見てきた。それなのに天才のなかの天才が辛い思いをしても野球を続ける。凄いな」

 久保は小1から野球を始めた。友達が野球チームに入っていたので一緒に遊びたい。それだけの理由だった。とりたてて運動神経が良いわけではなく、小学校でリレーの選手に選ばれたこともなかった。中学では補欠で3番手投手だった。なぜ野球を続けたのか。

「野球をやっていたほうが内申点でいい高校に入れるから。一流企業に入るために、いい大学、いい高校に入る。野球はそのためのツールだった」

 1980年代後半にバブルがはじけた。久保が中学生だった1990年代半ばは就職氷河期で、新卒採用では学歴が重視される時代。受験戦争は熾烈だった。“いい大学に行きたい”という久保の考え方は当時の学生として珍しくなかったが、野球でまばゆい才能が集まる「松坂世代」では異色だった。進学した関大一高(大阪)でエースになったのは2年秋。同級生がヘルニアで投げられず、一学年下の有望株も故障していた。久保の当時の球速は135キロ。「強豪校には打ちごろの球だった」といい、試合で滅多打ちを食らうことも少なくなかった。1998年のセンバツに出場できたのも「運に恵まれたから」だと振り返り、当時は「甲子園に来たから推薦でいい大学に行けるやろ」とチームメートと話していたという。

 ところが、無欲の快進撃で勝ち抜いて決勝の舞台に。相手は絶対王者・横浜だった。開会式で記念撮影してもらった松坂と対戦するなんて全く想像もしていなかったという。

 実際に対戦して力の差に虚しさを感じた。松坂の集中力を削ごうと、イニング間にマウンドですれ違うたびに「暑いな」、「ナイスピッチング」とか話しかけたが、松坂は「そうだね」と穏やかだった。打席では内角攻めにも動じない。制球ミスでぶつけてしまった時も、顔色一つ変えず一塁に向かう松坂の姿を見て、「無理や」と感じたという。

 試合は0−3で完封負け。久保は6回まで1失点と好投したが、「あの試合、ホームスチールを仕掛けたけど簡単に見破られた。レベルが違いすぎて奇襲にならない。打席でも松坂の球が見えない。悔しさなんて全くなかった」とスコア以上の実力差を痛感した。

◆「同じチームで一緒に過ごしたい」

 松坂は高卒1年目に西武で最多勝を獲得。久保は大学進学に失敗し、松下電器に入社した。次元が違いすぎて刺激にもならなかった。そして、松坂から遅れること6年。2004年、24歳でロッテに自由獲得枠で入団した。才能がないことを自覚しているからこそ、「プロも就職先の一つ。松下に残った時の生涯年収を稼ぐためにプロで10年頑張ろう」と目標は決して高くなかった。

 松坂とは公式戦で一度だけ投げ合った。2006年6月24日の西武―ロッテ戦(長野)。ところが、松坂は初回途中に股関節の違和感で降板。久保は7回途中4失点で降板した。特別な感情はなかった。野球は仕事と徹していた。ロッテ、阪神、DeNAを渡り歩いて13年間で通算97勝を挙げている。プロでは十分に「名選手」とされる成績だが、本人の感覚は違う。数字に興味はない。年齢を重ね、一度きりの人生をどう生きるかに価値を重んじるようになった。

「オレはオタクになれる人を尊敬している。世間の目を気にせず、一つのことに何時間も没頭する。自分は野球に限らず何かに没頭した感覚はないから、その部分がうらやましくて。松坂に抱く感情もそういう感覚に近い」

 才能の差を見せつけられた松坂が満身創痍の状態で、もがきながら野球を続けている。その姿に心が揺さぶられた。「もう一度、松坂と投げ合いたいか?」と訊くと、意外な答えが返ってきた。

「野球に対する感性や感覚が全然違うから、同じチームで一緒に過ごすことでそういう部分を知りたい。今は目の前のやるべきことを頑張ってほしいと純粋に思う」

 人生は十人十色。久保と松坂は全く違うレールの野球人生を歩んでいる。初めて出会った高3春のセンバツから21年の月日が経った。40歳を迎える来季も、2人はマウンドに立つ。

●取材・文/平尾類

関連記事(外部サイト)