プロレスラー藤原喜明が「胃がん」振り返る 「鏡を見たらおじいさんの体になってた」

記事まとめ

  • プロレスラーの藤原喜明は2007年に胃がんと診断され、リンパ節への転移もあった
  • 担当医が"絶対にリングにカムバックさせる"と考えて、全摘出はしなかったという
  • 藤原は退院から8カ月後にはエキシビションマッチに出場した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております