清原和博氏をYouTubeで見てその雑談力の高さを再確認した話

清原和博氏をYouTubeで見てその雑談力の高さを再確認した話

記事画像

 元プロ野球選手によるYouTubeチャンネル開設が相次いでいる。豪華ゲストがたびたび登場する高木豊、選手の人事情報を公式より先に知らせる仰天の情報力をみせる里崎智也など、野球やトレーニングから日常のライブ配信に重心が動きつつある新庄剛志など、多士済々だ。そんななか、片岡篤史チャンネルにゲストとして清原和博が3回にわたって登場した。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、元プロ野球選手によるエピソードトークがなぜネットでブームになっているのか、彼らの「雑談」はなぜ面白いのかについて考えた。

 * * *
 先日、「元楽天イーグルスの一場靖弘が自己破産」といった記事を読んだ。そこで一場がYouTuberに転身したことを知る。プロ野球選手の中でもエリートにあたるドラフト1位投手だったのに……、一場の人生は波乱万丈である。そして、開設したという「一場靖弘のBASEBALLチャンネル」の動画を観て、驚いた。死にたい気分なって仕方ない現状にも関わらず、意外なほどに明るい。まるで何もなかったように自らの球史を紐解いていく。そして一場自身、我が野球人生において注力して語るべきことがピッチングにあらず、と理解している。視聴者が求めているのはドラフト制度を変えた「一場事件」だと。

 動画内で一場は「当たり前の感覚で栄養費という名の金銭を受け取ってしまった」と反省していた。これまた、意外なほどすんなりと球界の闇を暴露している。

 現在、YouTube業界に元プロ野球選手が続々と参加している。高木豊が先頭を切り、里崎智也が続いた。この2人のチャンネルの傾向は似ている。順位予想、技術論の解説、ゲストとのトーク、業界の裏話など、あくまでもテレビでも扱える野球ネタを主題としている。しかし、YouTubeといったメディアに視聴者が求めるものはテレビでは流せない話だったりするわけで……。

 高木豊が動画を初投稿したのが2018年4月、それから2年経たずして元プロ野球選手YouTuberは多様化し、一場のような暴露も辞さないキャラクターも登場した。誰もが送り手となれる時代の変化を感じる事象である。

 記事を読む限り、一場は将来的に指導者となり甲子園を目指したいとのこと。ならば、無闇にYouTubeに手を染めない方が良い気もした(難しいメディアだし)。しかし、それでも一場がYouTuberになったのは自己表現の場を探し求めた結果だろう。選手はプレーすることで称賛を浴びる。しかし、引退すればただの人、自身を表現する方法を失う。現在、多くいる元プロ野球選手YouTuberは活躍するフィールドを球場から動画に移したとも読める。 少し前まで地上波でプロ野球を扱う番組は多く、オフシーズンにはプロ野球選手による歌番組まで存在した。全盛期に比べるとプロ野球の存在感が薄れゆくなか、自身の存在を忘れられないためにも自力で動画を配信する。今後、このような自己PRはプロスポーツ業界で当たり前となっていくはずだ。

 コンテンツとして世間に知られていなかった秘密を意図して洩らす一場がいれば、意図せず話すこと全てが暴露となってしまう元プロもいる。その代表格はなんといっても、12月10日から連続して3回『片岡篤史チャンネル』にゲスト出演した清原和博だろう。動画では、テレビでは絶対に流せないエピソードが聞けた。

 第一、執行猶予中の清原の雑談を今、テレビで観ることが難しい。薬物中毒を脱するためのリハビリ生活を追ったドキュメンタリーはある。しかし、そういった番組で取り上げられる清原は「失落した元スター選手」という一側面だけだ。本来の性格である無邪気さが一瞬たりも漏れてこない。

『片岡篤史チャンネル』での清原は素の状態で出演していた。片岡のチャンネルにはナレーション、言葉を強調して伝えるYouTubeでもおなじみのテロップによる演出がほぼないため、どこよりも生っぽい清原が動画に映っていた。

 1本目の動画で清原は「逮捕された時の心情」から「現在の生活」までを語る。田代まさしもかつて話していた“薬物依存者あるある”なのだが、清原は「寂しさ」から覚せい剤に手を出してしまったという。また、薬物を毎日は常用していない自身を薬物依存者だと考えていなかった、と反省する。この禊といえる動画の約30分間、2人は一切笑うことはなかった。

 2本目からは元プロ野球選手らしい動画となり、清原と片岡は母校であるPL学園に想いを巡らせる。詳しい内容は動画を観ていただきたいのだが、2人が笑いながら語る学生生活は、体育会系とは隔離された世界で生きてきた僕からすれば、衝撃の内容であった。

 野球と寮生活、それしかないPL学園での生活。集団生活における若者のパッションが“甲子園”という目標に一点集中すれば、そりゃおかしくもなる。金銭的に余裕も生まれ、夜遊びにも精を出すプロ野球選手とは全く異なる野球がそこにはある。絶対に体験したくないが、むせ返るほどの青春話は興味深い。 3本目の動画では清原の西武時代が語られていた。こうして全ての動画を視聴したのだが、やっぱり清原の雑談力は高い。何があっても希有なスターであることを再確認した。そして3本ともに、高校の後輩でもある片岡が良くも悪くも規格外な清原を受け止め続ける。時折、清原が「コレ話してもいいんかなぁ……」と悩んでも片岡は「もう時効、時効ですよ!」と話を引き出す。ゆえに、清原から漏れるエピソードが過激となる。おかげで、まるで劇画の中の出来事のような話を聞くことができた。

 清原に限らず、こんなに面白いエピソードトークが湯水のように湧き出る人たちを、しゃべりのプロが放っておくはずがない。ナイツが司会を務める『プロ野球 そこそこ昔ばなし』(Amazonプライム・ビデオ)は、元プロ野球選手による、100%バラエティに振り切った内容となっている。なかでも、準レギュラー金村義明による近鉄の貧乏球団エピソードは鉄板ネタ。繰り返し聞いても笑える話に仕上がっている。

 このように現在、元プロ野球選手によるエピソードトークブームが訪れている。そして、特徴的なのは試合そのものより周辺事情が数多く語られている点だ。

 野球はワンプレーごとに止まるため、そこで何かが起こる。常に動いているスポーツにはない野球の特質がエピソードトークを生みやすい環境であることも理由だろう。また、アメリカから輸入されたスポーツ・ベースボールが日本にフィットしたことも関係していると思う。日本人が野球を愛した結果、武道、柔道、相撲道、華道のように「野球道」といった言葉まで誕生した。“道”とは「分野を通じて、人としての成長を目指す」意味が込められている。技術とともに人間性を問われる野球には、理不尽さが付きまとう。

 結局、一場問題、清原と片岡のPL学園話、金村の近鉄漫談にしても全てが理不尽さから派生したものである。そして時を経て、当人たちは当時の理不尽さを笑い飛ばしている。体育会系のカラッとした空気感が心地よい。絶対に体験したくないが、濃厚な日々がちょっと羨ましい体育会系の自虐ネタは面白い。そんなエピソードを知名度が高い元プロ野球選手が話せば、コンテンツとして流行ること必須。今のブームは当然ともいえる結果だと思う。

関連記事(外部サイト)