ラグビープロ化構想、「待った」かかった背景にW杯での成功

ラグビープロ化構想、「待った」かかった背景にW杯での成功

W杯は大いに盛り上がったが…(写真/AFP=時事)

 自国開催のワールドカップで悲願のベスト8入りを果たし、東京・丸の内で行なわれたパレードには5万人が詰めかけるなど、2019年に異例の盛り上がりを見せたラグビー日本代表。

 熱狂冷めやらぬうちに実現が期待されるのが、「プロリーグ」の設立構想だ。W杯開催前から国内リーグのプロ化が公言され、2021年秋の開幕に向けて、W杯後の11月に詳細が発表されると報じられた。

 日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは、「日本ラグビーがさらに強くなるには、国内の組織やリーグをプロ化する必要があるだろう」と述べており、代表選手でスクラムハーフの田中史朗も「世界で本当に勝つにはプロが必要」と賛同。Jリーグ発足当時に海外のスター選手が来日してプレーしたように、世界中のスター選手が、リーグ戦で“闘将”リーチ・マイケルや“笑わない男”稲垣啓太と熱戦を繰り広げたら……と想像するだけで、“にわかファン”でも期待は高まるばかり。

 ところが、いくら待っても詳細は発表されないまま。そんななか、12月18日に開かれた日本ラグビー協会の理事会後、元日本代表の岩渕健輔・専務理事はこう切り出した。

「(プロ化について)前に進めている部分と、色々と議論を深めなくてはならない部分があるということで理事会でも議論が行なわれました。『プロ化とは何か』『どうして改革が必要か』という議論。そもそもなぜプロ化が必要かという点も、もう少し議論を深める必要があるという声も委員の方々から出ています」

 プロリーグ発表どころか、設立そのものに“待った”がかかった状態であることを明らかにしたのだ。空前のラグビーブームの中、ラグビー協会に何が起きているのか。

◆W杯成功がネックに?

 プロ化構想の発端は、今年の6月、清宮克幸氏がラグビー協会の副会長に就任したことだった。

 清宮氏は早大時代の1989年に主将として大学日本一になり、サントリーでも日本選手権で優勝。現役引退後は母校早大の監督に就任し、3度の大学日本一。その後は社会人ラグビーのトップリーグでサントリーを率いて優勝し、ヤマハ発動機でも日本一をなし遂げたカリスマ的指導者。日本ハムの清宮幸太郎の父親としても知られる。

 元日本代表の森重隆・会長に次ぐ協会ナンバー2となった清宮氏の肝いりが、「プロリーグ発足」だった。就任わずか1か月後の7月28日、都内で開催されたシンポジウム。

「ラグビー界は、資源が資産になっていない。負のスパイラルを断ち切るチャンスと思っている。必要なのはスピード感。これは構想ではなく、宣言です」

 清宮氏はこう熱弁をふるい、2021年秋に開幕するラグビーのプロリーグを立ち上げると宣言した。その基本方針は以下の通りだ。

 W杯日本大会の会場となった12都市を中心に、地域密着型で育成システムを備えたプロチームを設立する。現行のトップリーグは2021年春に終了し、トップリーグからプロ化するチームと、新たに設立されるプロチームが新しいプロリーグに参加する。経営にはデジタルマーケティングを導入して、放映権ビジネスやスポンサー集めを行ない、ラグビーのみで利益を出せる体制を確立する──。

 一連の構想を明かす中で清宮氏は、「トップ選手の年俸は1億円を超えたい」とも語った。

「W杯終了後の11月に詳細を発表する」と清宮氏は公言していたが、皮肉なことに、そのW杯の爆発的成功が、プロリーグ構想にストップをかける要因になってしまった。ラグビージャーナリストの村上晃一氏が指摘する。

「日本代表のパレードで5万人の観衆が集まるなど、開幕前には誰も想像していませんでした。ラグビー人気が爆発したことで、わざわざプロ化しなくても今のトップリーグを活かせばいいんじゃないか、という考え方が、協会やトップリーグに参加する企業の中でも出てきた。そこで、どのような形でプロ化するかがまとまらなくなってしまい、詳細の発表もできなくなってしまったのです」

「プロ化へ猛進 名将・清宮氏のラグビー道」と題した日経新聞電子版の記事(10月4日配信)では、〈清宮は11月18日に都内で記者会見し、新プロリーグ構想の進捗状況を発表する〉としていたが──。

「都内のホテルで会見場を手配したとの話もありましたが、その日には何もなかった。理事会で清宮氏をトップとする新プロリーグ設立準備委員会の設立は承認されましたが、具体的な決定事項はまだ何もありません」(協会関係者)

 会見予定日の翌19日、埼玉県内で開かれたカンファレンス「日本のラグビーを変える! 新しいプロリーグとは」に参加した清宮氏は、壇上で不満を隠さなかった。

「本来なら、私の予定では今日は(プロリーグの具体的な)構想を発表した後に、ここに座るはずだった。ちょっと(プロ化の動きが)早すぎるという意見があった。個人的にはかなり不満です。こんなスピードでやっていて2021年秋に本当にプロ化できるのかと」

◆「プロ化のメリットがない」

 プロ化構想がなかなか進まない背景には、日本のラグビー界が置かれた特殊な事情が横たわる。

 ラグビー日本代表で30キャップ、2度のW杯出場経験のある大八木淳史氏は、「清宮君が先頭に立つ意気込みは分かるが、このままでは同意が得られないだろう」として、こう語る。

「日本には、ラグビーをやりつつ社会人として頑張りたい選手も多いんです。W杯に出場した日本代表クラスや外国人選手は喜ぶかもしれませんが、トップリーグで引退後はその企業で安定したサラリーマン生活を送れる選手たちにとっては、その保障を捨ててまでプロになりたいとは思えない。

 企業からも、これまでトップリーグとしてやってきたのに、プロ化に賛同しなければトップリーグがプロリーグの下部のようになってしまうのであれば、現状のままでいいという不満も出ます」

 トップリーグの参加企業も、対応に揺れている。

 唯一、明確な賛同を明らかにしているのがパナソニック(トップリーグ優勝3回)。ゼネラルマネージャーを務める飯島均氏は、『週刊ダイヤモンド』8月31日号の取材にこう答えている。

「清宮さんの改革案を聞いたとき、すぐに賛成の意見を述べました。(中略)地域密着のファンづくりなど、Jリーグや(バスケの)Bリーグも参考にします」

 清宮氏によると4〜6チームはプロ化に前向きとのことだったが、本誌の取材に明確な賛同を表明した企業はなかった。

 トップリーグで5度の優勝を誇り、清宮氏がかつて率いたサントリーは、「現状のトップリーグから変化しなければならないという点においては賛成ですが、まだ明確に回答できるような状況に来ておりませんし、新リーグがどのような形になるか決まっていない以上、回答ができません」(チームプロモーション)

 昨季優勝の神戸製鋼も、「プロ化は現状打破のための一つの考え方と受け止めているが発展のためにベストな手段が何なのかなど本当にしっかりとした議論をしていく必要があると考えている」(ラグビー部支援室)

 との回答で、いずれも慎重な様子が伺えた。

◆「日本代表の強化のため」

 清宮氏には、プロリーグ構想について相談してきた人物がいる。Jリーグ初代チェアマンとしてサッカーのプロリーグ化を成功させた川淵三郎氏だ。

 清宮氏が不満を吐露した11月19日のカンファレンスには川淵氏も登壇。「あくまで放映権で稼ぐ」という清宮氏に「一番大事なのは観客動員だ」と指摘するなど、議論が白熱した。本誌が取材すると、川淵氏は改めて清宮氏にアドバイスを送った。

「ラグビー協会が一致して彼に協力するかと言ったら、なかなか抵抗勢力が多いらしく、『時期尚早だ』という理事もいる。ただ、それは私がJリーグを発足したときにも言われたこと。いま彼に必要なのは、トップリーグの各企業を訪ね歩いて、プロ化する気はあるか、どこをホームスタジアムにしたいかなど“企業の本音”を聞くこと。『俺の意見が正しい』といった上から目線ではなく、企業が何を望んでいるかを懇切丁寧にヒアリングすることが大事です。

 彼がすごくよいアイデアを持っていることは間違いないし、W杯が盛り上がって勢いがあるうちにプロ化が成功してほしい」

 本誌取材にはノーコメントだった清宮氏だが、このカンファレンスでは「日本代表の強化のためにも、レベルの高いリーグをつくり、その環境に代表選手を置かないといけない」と熱く思いを語っていた。

 日本が強くなるために最適な“ビクトリーロード”を歩んでほしい。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連記事(外部サイト)