タブーを検証、五輪競技別に存在する「メダルの価値」の違い

タブーを検証、五輪競技別に存在する「メダルの価値」の違い

リオ五輪バドミントン女子ダブルス金メダルの高橋礼華選手(左)と松友美佐紀選手(時事通信フォト)

 ついに、五輪イヤーが幕を開けた。今夏、実施されるのは339種目。団体競技もあるので用意されるメダルの数は1000個を超える。その色は「金・銀・銅」の3色しかないが、実は競技ごとに様々な観点から“価値の違い”が存在するようだ──。ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 私の眼前には汗と涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、言葉にならない言葉で国民に謝罪する吉田沙保里(37)の姿があった。2016年リオ五輪。吉田は女子レスリング53kg級の決勝で敗れた。

「申し訳ないです……日本代表の主将として、金メダルが獲れず、ごめんなさい」

 4大会連続でメダルを獲得した吉田を批難する国民などどこにいようか。そうした思いに駆られる一方で、私は絶望に打ちひしがれる霊長類最強女子と、柔道女子48kg級の谷亮子(44)の現役時代とをだぶらせ、“五輪メダルの価値”について考えていた。谷は1992年バルセロナ、1996年アトランタこそ銀メダルに終わったものの、シドニー、アテネと金メダルを獲得。2008年の北京でも銅メダルを手にし、吉田を上回る5大会連続でメダリストとなった。

 谷と吉田は共に長く第一線で活躍し、誰も追随できない金字塔を打ち立て、称賛されてきた。その両者が保持するメダルの価値は、いったいどちらが勝るのだろうか──。

 まず、レスリングと柔道では、競技人口で大きな差がある。国内では女子柔道が約2万8000人(高体連専門部の登録数は約5000人)であり、女子レスリングは2000人未満(同276人)。実に10倍以上の開きがある。

 世界的に見れば、レスリングは米国や旧ソ連圏に加え、同競技を国技とするイランなど中東の国々でも盛んだ。しかし、戒律によって人前での肌や髪の露出が禁じられたムスリムの女性が長く競技に参加できなかったこともあり、男子ほど広く普及しているとは言い難い。

「競技人口=ライバルの多さ=金メダルの難易度」と単純に定義した場合、国内の予選を勝ち抜き代表になることも、五輪で世界の頂点を目指すことにおいても、その道がより険しいのは明らかに女子柔道である。7月24日開幕の東京五輪では、33競技、339種目で等しく「金」「銀」「銅」のメダルが授与される。各種目の競技人口はピンキリとはいえ、これまで日本では、メダルの価値に優劣をつけることはタブー視されてきた。

 確かに、メダリストに貴賤はなく、オリンピアンは誰しも尊ばれるべき存在だが、女子レスリングと女子柔道を比較するまでもなく、メダルの価値というのは競技によって異なってくる。いわばメダルの禁断査定をしようというのが、本稿のテーマである。

◆「競技人口は42人です」

 ならば全世界で約77億人の人類の中から選ばれたアスリートが出場する五輪において、「ライバルの多さ」という観点から最も価値のあるメダルとは何か。真っ先に挙がるのは陸上競技の男子100mだ。特別な道具を用意する必要はなく、単純に最速の人間を決めるという明快な競技である。世界の子どもたちが一度は“かけっこ”の経験があるはずで、それが発展した形である100mの競技人口は全人類が対象という見方もできよう。

 世界の競技人口で見た時に最大規模となる五輪種目は、バレーボールでおよそ5億人だ。次いでバスケットボールが約4.5億人。五輪におけるバレーやバスケは、プロアマを問わずトップ選手が参加する正真正銘の世界一決定戦といえる。

 一方、競技人口が2.6億人という規模を誇るものの「五輪の金メダル=世界一」とは言えないのがサッカーだ。フル代表で戦うW杯とはレギュレーションが異なり、五輪では原則23歳以下という年齢制限がある。

 同じように夏場の開催ではメジャーリーガーの参加が見込めない野球も五輪は、真の世界一を決する大会とは言い難い。国別対抗戦としては、シーズンオフに開催されるWBCやプレミア12の方が参加選手のレベルは上回る。

 反対に、「国内の競技人口が少ない=五輪に出場しやすく、世界の競争相手が少ない競技」とは何か。各競技団体に問い合わせ、国内外の競技人口を調査した。回答のあった五輪種目で、最も少ないのは近代五種だった。

「2019年12月に行なわれた日本選手権の出場者数が妥当と思われますので、欠席2名を含めた42名となります。二種、三種に比べて五種は(馬の厩舎代などに莫大な費用がかかる)馬術も入るので競技者の数も少なくなります」(日本近代五種協会)

 ただし、マイナーなアマチュア競技のほうが、メダルの“影響力”が大きいと見ることもできる。金ほどの輝きはないメダルでも、そのメダリストの人生を一変させるケースがある。

 2000年のシドニー五輪では、岡本依子(48)が日本テコンドー初の銅メダル(女子67kg級)を獲得。その後、アテネ、北京と3大会連続で出場し、2015年から全日本テコンドー協会の理事に就任。2017年以降は、2019年に強化方針を巡る問題が勃発するまで同協会の副会長を務めていた。岡本はこう話す。

「シドニーの頃はフリーターで、親族のほとんどがテコンドーを続けることを心配していた。それがメダルを獲得したことで、家族が安心してくれるようになった(笑)。メダリストになっていなければ、協会の副会長を務めることもなかったかもしれない。メダルによって、人の評価は変わるんやなと思いました。

 2019年12月から協会は新体制でスタートし、私は理事から外れましたが、指導者の育成に貢献したい。啓蒙活動に従事するのは、メダリストの責任でもあると思います。現在1万人の国内競技人口を10万人にまで増やしていきたい」

 岡本や、北京とロンドンのフェンシング・フルーレ個人・団体で銀メダルを獲得し、現在は日本フェンシング協会会長となった太田雄貴(34)のように、「金」以外のメダルでも高く評価される競技がある一方で「金メダル以外はメダルにあらず」なのが日本発祥の柔道だ。

 2000年シドニー五輪女子57kg級の銅メダリストである日下部基栄(41)は全7階級で金5個、銀1個を獲得するという、日本の女子柔道の大躍進の2004年のアテネで、ひとりだけメダルを手にできなかった。現在、福岡大学女子柔道部の監督を務める彼女は、当時をこう振り返った。

「帰国した時も、メダリストだけが会見に呼ばれて、私は一緒に福岡に帰る予定だった(谷)亮子先輩をひっそり待っているだけでした(笑)。左ヒザの前十字靱帯を断裂し、なんとかケガを乗り越えて五輪に出場できましたが、関係者以外にはそこまでの事情はわからない。周りは優しく接してくれたけど、恥ずかしくて、逃げ出したかった。当時、福岡県警に勤めていて、ネットなどでは『税金泥棒』などと叩かれました」

 アテネの翌年、日下部はひっそりと引退し、福岡県警も退官した。

◆1億円のボーナスも

 夏季五輪と冬季五輪のメダリストに対し、JOC(日本オリンピック委員会)は一律で「金500万円、銀200万円、銅100万円」の報奨金を支払っている。この額は2016年リオ五輪からで、それ以前は「金300万円、銀200万円、銅100万円」だった。

 また、JOCに加え各競技団体からも報奨金が支払われるケースも多いが、その額はまちまちだ。

 最も高額なのは陸上競技で、金メダルは2000万円。さらにマラソンで日本記録樹立となれば、1億円のボーナスが日本実業団陸上競技連合から贈られる。2018年2月の設楽悠太(28)、同年10月の大迫傑(28)に続き東京五輪でビッグマネーを手にするランナーが現われて欲しいものだ。「メダルの価値=報奨金額」と定義するならば、ここでも陸上競技が頭一つ抜けていることがわかる。

 次いで高額な報奨金を用意しているのがバドミントンや卓球で、「金1000万円、銀500万円、銅300万円」。バドミントンは女子シングルスでリオ銅の奥原希望(24)、卓球も女子団体で銅メダルを獲得した伊藤美誠(19)、石川佳純(26)ら、メダル候補を擁する競技だ。

 マイナー競技ながら高額報奨金で目立つのは、東京五輪で新規採用される空手。男女の形と、男女各3階級の組手という計8種目の代表選手に対し、全日本空手道連盟は笹川尭会長の鶴の一声によって、「金1000万円、銀500万円、銅300万円」に設定された。大風呂敷を広げはしたものの、メダルの量産によってこれが空手形とならないことを祈るばかりである。

 こうした太っ腹な団体に比べて、なんとも渋ちんなのがメダルが期待される体操で、「金50万円、銀30万円、銅20万円」だ。しかし、臨時ボーナスが出るだけましかもしれない。競泳や柔道、野球やサッカーでは、自国開催となる東京五輪でも報奨金がいっさい支払われないことが決まっている。

 また、選手の所属企業やスポンサー企業からも報奨金が支払われるケースがある。リオ五輪の時に話題になったのは、陸上競技のケンブリッジ飛鳥(26)に対する報奨金だ。当時所属していた「ドーム社」の安田秀一社長自ら、「(100mで)日本人初の9秒台を出せば1億円出す」と公言。しかし、予選も準決勝も10秒台のタイムで、決勝進出も逃した。

 4年に一度の五輪に毎回、多くの選手を派遣する企業の担当者はこう語った。

 「選手がアスリート人生を賭けた結果に対する報酬ということで会社としては重要視しています。しかし、競技によって事情は違うから、ひとくくりにいくらという設定はできません。選手との契約の中身にも関わるので、どういう基準で報奨金の額を決めているかは公にはしておりません」

◆「お金じゃない」は建前か

 4年前のリオで112年ぶりに復活したゴルフでは、ジカ熱への懸念もあって、松山英樹(27)をはじめトップ選手の辞退が相次いだ。ゴルフの世界一を決する舞台といえば、マスターズなど4大メジャーであり、その優勝賞金はおよそ1億円強。賞金のない五輪よりも、シーズンの戦いを多くのゴルファーが選択した。

 しかし、東京五輪に人一倍の意欲を見せているのがタイガー・ウッズ(44)だ。米ツアーで歴代1位タイとなる通算82勝(メジャー15勝)のウッズからすれば、唯一手にしていない五輪金メダルこそ、無償でも価値があるタイトルなのだ。

 ウッズの例からもわかるように、メダルの価値はお金には換えられない。しかし、競技を続ける上で必要な費用をどう捻出するかという問題に直面しているアスリートもいる。昨年、テコンドーの代表選手が強化合宿への参加をボイコットする事態にいたったのは、強化合宿の自腹参加を協会が強制したことが背景にある。

 JOCからの強化費は、メダルが有望な競技団体に重点的に分配されてきた。強化費が十分ではないマイナー競技では、“赤字”を出しながら競技を続けざるを得ない選手も少なくない。そうした負担は、メダルを獲得し、報奨金を得ることでようやく補填ができるというものだ。

「オリンピックは参加することに意義がある」と言ったのは、近代五輪の父と呼ばれるクーベルタン男爵だが、様々な“価値判断”から「メダルを獲ってこそ意義がある」と考えている選手もいるのではないか。(文中一部敬称略)

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

関連記事(外部サイト)